子供の浴衣が大きい場合簡単にできる腰上げやおはしょり調節法を伝授します!

子供ってすぐに大きくなりますよね!
親としては少し大きめの服を買いたいもの(´д`)

衣は時期的なものだから、少し大きめサイズを購入して来年も!と考えるママさんたくさんいませんか?

買ってしまった浴衣を着せてみたら大きく、「あら…サイズ失敗したかな!?」と思った時でも大丈夫!

誰でも簡単にできる子供の浴衣が大きくおはしょりが長いときに行う腰上げのやり方を伝授します!

スポンサーリンク

初めてでも大丈夫!浴衣の腰上げを簡単にやるやり方

子供の浴衣姿可愛いですよね!

浴衣を買って着せたのは良いけど「あら!やっぱり大きかったわね…」と思うママさんいませんか?

来年も着せたいから!と大きめサイズ購入しましたね( ・`ω・´)

大きいまま着せてしまうと余りにも見栄えが悪いので腰上げをしましょう!

裁縫が苦手なママさんでも簡単に腰上げをやるならメジャーと裁縫セット準備です!

  • 首の付け根から足のクルブシの高さまで測ります(着丈)
  • 肩から裾までの長さを測ります(身丈)
  • 《着丈》―《身丈》=《腰上げの長さ》になります
  1. 浴衣を着せたまま丁度いい位置で腰上げを決め折り目をつける
  2. 決めた位置がずれないように待ち針で押させをして
  3. 縫いましょう!

少し説明が簡単すぎましたが、失敗しないために着丈と身丈はしっかり測り、縫い目が分からないようにすると浴衣を着せた時腰上げが気になりません!

スポンサーリンク

子供の浴衣がおはしょり長い!簡単な腰上げのやり方や浴衣が大きすぎる場合の対処法

子供に浴衣を着せたのは良いけどおはしょりが少し長くない?こんな感じ?と少し気になる時は手直しした方がおおすすめです。

おはしょりが長くなってしまったら

  • 腰ひもを少し上で調節しながら締めてみる
  • 腰ひもを2本利用して1本は普通に締め1本で調節しながら締める

と腰紐をうまく使って調整してみてください。

祖母が浴衣を着せてくれた時、私が小柄なので帯ひも2本利用でおはしょりを調節しながら手を入れて胸の近くまでグイグイ引っ張られた記憶があります。

腰上げする場合は、縫い目が見えないほうが可愛く見栄えも良いのでしっかり着丈や身丈を測りおはしょり作り腰上げをするのがおススメです。

浴衣が大きすぎる場合は、裾上げを行いおはしょり→腰上げの順番で行うのがベストです!

大きい浴衣は腰上げや裾上げで調整して

もらった浴衣や買った浴衣が大きいとどうしようと悩みますよね。

ですが、腰上げや肩上げをしたり腰紐を上手に使うことで調整することができますよ!

なるべくピッタリサイズを選ぶと手間がかからず簡単におはしょり腰上げができますが、万が一大きかった場合ぜひ試してみてくださいね^^

お祭りとなるとついついはしゃぎすぎてしまうのが子供です。

はだけやすい浴衣もたった1つのコツではだけにくくできますよ!

子供の浴衣の着付け方!はだけないコツや綺麗に着せる方法は?上げやおはしょりのやり方についてまとめ
夏といえば祭り!!花火!海水浴!バーベキュー! 楽しいイベントがたくさんあります。 夏といえば浴衣ですが子供の浴衣も...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする