子供の浴衣の着付け方!はだけないコツや綺麗に着せる方法は?上げやおはしょりのやり方についてまとめ

夏といえば祭り!!花火!海水浴!バーベキュー!
楽しいイベントがたくさんあります。

夏といえば浴衣ですが子供の浴衣も可愛いのが沢山あるので購入する時に迷います><

少し大きめサイズを購入したのは良いけど、丈が長くて上げは必要かな!?と悩んだり。

走り回る子供に浴衣を着せるだけでははだけやすいので、はだけにくく着付ける方法など知っておくと便利な浴衣の着せ方をまとめました。

スポンサーリンク

子供の浴衣がはだけないように着付けるコツは?

着物の着付けすらしたことないというママさん!

はだけないように色々工夫して着付けをすると思いますが子供のことだから走り回ってすぐにはグチャグチャになり、はだけてしまいませんか?

子供の浴衣の帯は定番の柔らかな兵児帯ですが結び方も簡単なリボン結びが基本です。

しかし、リボン結びだけではすぐに崩れほどけてしまうので、お腹に2周巻をして左右の帯をクロスし片方だけ背中通してキュッと結ぶことでしっかり固定されます!

そして上から兵児帯をリボン結びをしてあげることで崩れにくくなりますよ。

最近は、少しオシャレな浴衣ドレスがありますが丈は短めでスカートタイプなので小さなお子さまで上手に着ることができます。

帯ひもは普通の浴衣と一緒で兵児帯が使われます。

大人だと帯ひもの中に固い帯板を入れて帯を締めることがありますが子供は苦しくなるので固い帯板の代わりに新聞紙でも代用できるんですよ!

スポンサーリンク

子供の浴衣にも上げは必要?おはしょりってなに?

子供の浴衣上げと調べたら「おはしょり」とたくさん出てきました!

おはしょりとは!?

着物を着る人の身長に合わせ裾を合わせて、余る部分を腰のところで折り返すとできる部分のこと

これがおはしょりです!
女の子に限らず女性であれば皆おはしょりをするそうです。

因みに男の子は「対丈(ついたけ)」にします。
対丈とは身の丈と同じに布を裁ってきものを仕立てることをいい、丈が着丈と同寸のもの、またそのように仕立てたもののことです。

大きい場合は腰上げや肩上げをして調整します。

聞きなれないですが私も知らなかったです!娘がいるから勉強になった!

浴衣を少し大きめサイズを購入した場合丈の長さが気になるかと思います。
子供の浴衣にも上げは必要になるのか気になったので調べてみました。

子供の浴衣にも上げは必要?

おはしょりの《腰上げ》は浴衣を着せた際に身丈の余った長い部分を持って裾がクルブシの位置に来るように直すのが基本!

クルブシがちょうど見えるぐらいが浴衣の着せ方としては見栄えが良く可愛いそうです.

《肩上げ》は袖の長さ調節のために肩の部分で縫い合わせる方法ですが成長と共に少しずつ袖調節のためにほどくのが《子供の成長の証》とされています。

そういえば、祖母がよく浴衣を着せてくれてましたが肩の部分を何かしてた!肩上げをしてたんだ!!と今思いました!

子供の浴衣の着付け方!はだけないコツや上げは必要?おはしょりってなに?まとめ

小学校5年生ぐらいになると《腰上げ》《肩上げ》をやめて身丈調節をしてあげる必要があります。

日本人は着物の文化がありましたが今では着物は堅苦しいとイメージですが、浴衣を可愛く着こなせるようにしっかり教えてあげることで着物への興味もわいてくると思います!

浴衣の着付けは少しコツがいりますが、慣れると簡単にできますよ^^

着させ方の動画があったので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする