祖父母の家に行く場合、帰省帰郷里帰りになる?

子供が父母の家に帰ることを「帰省」といいますが、孫が祖父母の家にいくことはなんというのでしょうか。

おじいちゃんおばあちゃんの家に行くことを適切に表す言葉はないのか調べてみました。

スポンサーリンク

祖父母の家にいくことはなんという?

実は、端的に表す言葉はありません。

例えば生まれ故郷が福岡だとします。

もし仮にお祖父さん達が福岡に住んでいたとしたら福岡に帰ることは「帰郷」になりますが、お祖父さん達は秋田に住んでいて秋田に行くことに対しての熟語として「里帰り」「帰省」は、適切ではないそうです。
あえて考えるならば「祖父母宅を訪問/滞在/宿泊」などの表現となります。

実家とは、元々は結婚や養子縁組などで違う家に入った人物にとっての「元いた家」、すなわち生まれ育った家のことを指します。

昔は就職や進学でこどもが独立して別に家を持つのではなく数世代が同居していました。

結婚に関しても親世代と別居するのではなくて、一般的には「夫の家に嫁が入る」または逆もしかり。

本来所属していた家のことを「実家」と呼び、伴侶の家のことを「義実家」と呼びますよね。

「義」という漢字には、ある関係を本質として持たないものが、その関係を結ぶこと。かり。実物の代用。という意味があるんですよ。

 祖父母の家に行く場合、帰省帰郷里帰りにはならない

両親が都内に出て来て結婚し、家庭をもってそのまま居住している場合、祖父母の家はなにになるのかずっと疑問でした。

日本語本来の意味から考えると、その土地で育っていない場合「郷」にはならないので里帰りとも言わないそうです。

ただ、多くの人がそういう場合は「田舎に帰る」と「祖父母の家に行く」意味で使うことが多いようです。

日本語って難しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする