ダイエット中に食べても大丈夫なおやつとは?食べ方や痩せるおやつの取り方について

いくらダイエット中でも甘いものの誘惑に勝つのって大変だと思いませんか?

私自身甘いものは大好きなのですが、ダイエット中、なにが大変だったかって、特に仕事中に欲しくなる甘いものを我慢することでした。

薬膳では、甘いものには体の緊張を和らげる効果があると言われています。確かに、甘いものを食べるとリラックスできたり、気分転換ができるので甘いものを断つのが難しいかたもいますよね。

でも、ダイエットをしようと思うと真っ先に切るのが、間食の甘いもの…

実は、ダイエット中でも食べれるだけでなく、むしろ積極的に食べたほうがいいおやつがあるってご存じですか?

そこで、今回は1年で15kg痩せた私も食べていた、ダイエット中でもオススメなおやつをご紹介します。

スポンサーリンク

ダイエット中でもオススメのおやつとは?

いくらおやつを取るのがいい!とはいっても、何を食べてもいいわけではありません。

生クリームたっぷりのケーキやお砂糖たっぷりのお菓子を食べれば、やっぱり太りやすくなります。

おやつに食べる上でオススメなのは、ドライフルーツナッツ、そして意外かもしれませんがチョコレートです。

それぞれについて、ご紹介します。

ドライフルーツは腹持ちもよく、便秘予防にも効果あり!

最近ではドライフルーツ専門店が流行ったり、コンビニでも簡単に手に入れられるようになったドライフルーツ。
濃厚でしっかりとした甘味があるほか、噛み応えもあり、腹持ちもいいのでダイエットにはぴったり!

あんずプルーンいちじくはドライフルーツのなかでもカロリーが低い上にさまざまな効果があるのでオススメです。

あんず

あんずはβ-カロテンが多く、乾燥肌を防いだり皮膚の健康を保つ働きがあります。
また、鉄分も多いので貧血気味のかたは積極的にとってほしいドライフルーツです。

プルーン

プルーンは水溶性食物繊維であるペクチンが豊富に含まれており、胃の中に入った食べ物や腸内にある水分を吸収してゲル状にする性質があるので、便秘を予防に効果的です。

また、善玉菌を増やして腸内環境を正常化し、腸内に存在する毒素や老廃物を吸収する作用もあります。

いちじく

いちじくは食物繊維が豊富でカリウムが多いので、むくみやすい人にはオススメです。

その上、植物性エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンと同じ効果がある物質が、ぷちぷちとした食感の種の中に含まれているため、月経トラブルや肌荒れにも効果的

また、エストロゲンは自律神経を安定させるので、ダイエットのストレス緩和にも役立ちます。

ちなみに、市販品のなかには砂糖がまぶしてあるものや植物油などでオイルコーティングがほどこされているものもあるのでご購入の際には注意してくださいね!
表示をよく確認して、ダイエットの味方にしましょう♪

スポンサーリンク

ミネラルが豊富で良質な脂肪がとれるナッツBEST3

ナッツにはカリウムや亜鉛、カルシウムにリン、鉄などミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルは脂質の代謝を助けたり、血液中の糖分を熱に変える働きをするので、ダイエットにとっても非常に有効な効果をもたらしてくれちゃいます。

オレイン酸やリノール酸など不飽和脂肪酸も豊富なので、健康だけでなく美容にも◎!

お菓子に比べて腹持ちもいいので、おやつにはぴったしの食材です。

ナッツの中でも、アーモンドくるみピスタチオはダイエット中にとてもぴったしのナッツなんですよ。

アーモンド

アーモンドといえばナッツの代表選手ですね。ダイエットでもオススメの1つです。
ビタミンEの含有量がピカ1で、アーモンド20gで1日に必要なビタミンEの70%摂取できます。

良質な不飽和脂肪酸がたくさん含まれているので、アーモンドを食べると食後の血糖値が安定して、体が脂肪を蓄えにくくなるのだとか。
アーモンドを使った実験では、被験者が毎日25粒のアーモンドを摂ったところ、6ヶ月で体重が平均5%減少したというデータもあるんですよ。

くるみ

くるみには美容効果が高いと言われるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。
オメガ3脂肪酸にはコレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあるので、ダイエット中に「ちょっと何かつまみたいな」というときにオススメです。

おやつだけではなく、食事にもクルミを取り入れると、良質な不飽和脂肪酸によって満腹感が得られ、体重増加も防げますよ。

くるみはナッツの中でもクセがないのが特徴なので、ローストして刻んでサラダにかけたり、お肉と一緒に炒めたりとアレンジは自由自在!

ピスタチオ

ピスタチオはナッツの女王様とも呼ばれます。お酒のおつまみによく出てくるイメージですよね。
カリウムが豊富に含まれているので、余分な塩分を排出する働きがあり、むくみ解消効果が期待できます。

疲労回復効果のほか、糖質の代謝に必要なビタミンB1も豊富なので、炭水化物を食べ過ぎちゃう人や甘いものを食べてしまったあとのリセットおやつとしてもオススメです。

ダイエット&美容効果のあるナッツ類ですが、やっぱり適量を摂ることが大切。
アーモンドは1日25粒、クルミは5粒、ピスタチオは40粒程度が目安です。

良質とはいえ、脂肪分も豊富に含んでいるので、摂りすぎには注意です!

実はダイエットの味方♡チョコレート

意外かもしれませんが、ダイエット中のおやつとしてオススメなのがチョコレート

抗酸化作用のあるポリフェノールは、実は脂肪燃焼にも一役かってくれます。
そんなポリフェノールで有名なのが赤ワインですが、なんとチョコレートには赤ワインを超える量のポリフェノールが含まれているのです!

ポリフェノールによって血流が良くなるので、むくみ改善や冷え性改善も期待されています。

ただ、チョコレートをおやつにするには押さえておくべきポイントがあります。

それは、

  1. カカオ75%のものを選ぶこと
  2. 1日50gまで
  3. 食事の20分前に食べる

ということ。

カカオ70%以上でないと、砂糖などの糖分が多く含まれているためダイエットには効果がありません。
カカオ成分が多ければ多いほどダイエットには好ましいのですが、かといってカカオ成分が多いほど苦くなります。
無理せず自分が美味しく食べられる範囲のものを選んでくださいね。

そして、いくら体にいいポリフェノールや食物繊維が多いといってもチョコレートは脂質の高い食品です。
さらに高カカオチョコレートは普通のチョコレートの1.2倍~ 1.5倍の脂質を含むものが大半!!
チョコレート50gとは板チョコ半分が目安です。

食べすぎは注意ですよ!

チョコレートを食事の20分前にとっておくことで血糖値が上昇し、満腹中枢を刺激できるので少ない量でも満腹感が得られます。
また、チョコレートは実はごぼうよりも食物繊維を含んでいたり、フラボノイドという成分が、血行をよくするので代謝が上がる効果も期待できちゃうんです♡

食事の20分前をめやすにチョコレートをひとかけ食べる習慣をつけるのがオススメです。

ダイエット中こそむしろ、おやつを食べた方がいいワケ

ダイエット中って、痩せるために食事制限をするかたも多いと思います。
ですが、ダイエット中こそ、おやつを食べたほうがいいんです!

空腹時間が長すぎると脳は、必要以上にエネルギーを蓄えてしまったり、お腹が空きすぎた反動でドカッと食べてしまいがち。

お腹が空いたな〜と思ったら、ちょこちょことおやつを挟むとストレスなく痩せられますよ。

ダイエット成功の秘訣はおやつにあり?その根拠と最適な食べ方について

ダイエット中でも食べられるおやつの食べ方 ストレスをためないためのコツ
ダイエットといえば、食事制限で取り組む人が多いですよね。 プロテインやスムージーなど置き換えダイエットはたくさんのサイトで紹介されていますし、種類も豊富です。 運動しながらダイエットをするよりも、簡単ですぐできるのが食事制限なので「ちょっと太ったな…」と思ったり、「ダイエットするぞ!」と決めると食事内容にも気を使います。 ですが、食事制限ってキツイですよね。 お仕事をして頭を使っているとどうしても甘いものが欲しくなりますし、甘い物って日々の疲れを癒してくれます。 食事を制限のためにお腹がすいてグ〜っと音がなっちゃって、ちょっと恥ずかしい思いをした…なんて失敗した経験がある人もいると思います。 実は、ダイエットを成功させる秘訣は、おやつにあります。 「ダイエットなのに、おやつ?!」とびっくりするかもしれませんが、おやつを効率的に取ることで、空腹時間が少なく調節できて、また、甘い物も我慢しなくていいので、ストレスなく痩せられます。 今回はダイエットを成功させるためのおやつの取り方やにオススメのおやつについて、ご紹介します。

ダイエットだからって甘いものを我慢せずにうまく活用しよう

ダイエットって食べたいものが食べれなかったり、いつもより気をつけないといけないぶん、ストレスがたまります。
せっかく頑張っているのに、ストレスによってリバウンドなんて悲しいですよね。

そんなときこそ上手におやつを活用して、リフレッシュしたり、今回オススメした甘いものでご褒美をもらいながら一緒に綺麗になっていきましょう♪

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする