おっぱいのつまりの予防・解消するために出来る10の方法

母乳育児が軌道にのるまでは飲み残しでシコリが出来たり、乳栓によって白斑になってしまったり乳腺炎になったりと、色々なトラブルがあります。

私自身詰まりやすい体質だったため、ひどいときは母乳外来に毎日通っていました。

そこで、おっぱいが詰まってしまったりシコリが出来てなかなか解消しない時に自分で出来る10の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

溜まった分はとにかく赤ちゃんに飲ませる

先ずは赤ちゃんに溜まってしまったおっぱいを飲んでもらいましょう!

最初のひとくち目が吸う力も強いのでゴリゴリになっている方から飲ませます。

下顎の方が吸う力も強いので、下唇にシコリ部分を持ってくると効果的です。

溜まったおっぱいは搾乳する

シコリから詰まりかけの場合や赤ちゃんの月齢が小さい場合、吸う力も弱く飲みづらいためなかなか解消しません。

そんなときは自分で搾乳しましょう。

溜まってシコリになっている乳腺がどこから出るのか確認しながら搾乳してください。

搾乳機の場合他の乳腺からも搾乳してしまうため、なかなか問題の乳腺を対応出来ているかわかりにくいため手で搾乳するのがおすすめですよ。

詰まり解消のために乳首をしごく

搾乳してもなかなか出ない…!

そんなときは乳栓が蓋をしている可能性があります。

乳首を下から軽く引っ張るようにしごいてみてください。

チーズのような塊がとれたら、それが乳栓です。

おっぱいの質をよくするたんぽぽコーヒーを飲む

母乳の出を良くすることで有名なたんぽぽコーヒーは、実は質も改善してくれます。

溜まりすぎていてどうしようもない場合悪化する可能性もありますが、シコリ程度でしたらたんぽぽコーヒーでも十分効果があるんだとか。


色々なメーカーのたんぽぽコーヒーを飲んでみましたが、森下薬農園のたんぽぽコーヒーが1番美味しかったです。

乳腺を太くし詰まりを排出させるゴボウシを飲む

おっぱいの詰まりに効果があると密かに人気を集めるゴボウシ。

ネットではドロ汁と呼ばれるくらい苦くて飲みにくいのですが、効果は抜群!

乳腺を太くする効果もあるので詰まりにくくしてくれます。

乳口炎(白斑)対策にゴボウシが効果あると聞いたので試してみた
おっぱいが詰まって出来る白斑は母乳育児中によく起こりやすいトラブルの1つです。 飲み残しが溜まってしまったり脂...

乳腺炎予防のためにも葛根湯を飲む

詰まりやシコリの原因となる乳栓の原因は食生活だけでなく、冷えやコリも考えられます。

赤ちゃんのお世話で肩や腰がバリバリだったり冷え性の人は葛根湯を飲んでみてください。

created by Rinker
クラシエ薬品
¥469 (2018/07/17 15:56:07時点 Amazon調べ-詳細)

乳腺炎の予防にもなるので、詰まりやすい人はお守りがわりに持っているといいですよ。

授乳中でも安心して飲めます。

乳腺を詰まらせている原因の食材を取り除く

おっぱいが詰まるのには原因があります。

もともと腺が細い場合や乳栓ができやすい場合、食生活の見直しも効果的です。

脂っこいもの、乳製品、洋食をさけ薄味の和食をメインにしてみましょう。

特に葉物はおっぱいをさらさらにする効果があるので積極的に取りたい食材です。

また、なにで自分がつまるのか知っておくのも大切です。

詰まった時の食事を考えて見ると、トウモロコシやタケノコや魚卵、豚肉、梨など、アレルギーのように反応する食材がみつかります。

ちなみに私の場合はタラコやとびっこなどの魚卵を食べると一発でした。

スポンサーリンク

バリバリになった肩甲骨を動かす

抱っこや日々の授乳で肩甲骨周りの筋肉がバリバリになっていることで血液の流れが悪くなってしまっていることもあります。

肩を回したり、ストレッチをすることで日々の予防にもつながります。

ゆっくりとお風呂に入る

体のコリはもちろんですが、もともと冷え性の人は特に授乳によって腰回りが冷えてしまっていることがあります。

お腹やおっぱいを触って見てひやっとしたら冷えています。

時には赤ちゃんを旦那さんに預けてたまにはゆっくりお風呂につかってリラックスするのも大切です。

白斑ができても湯船に浸かりがなら搾乳すると乳栓がゆるんで抜けることもありますよ。

ただし、乳量過多で詰まっている、または乳腺炎になりかけている場合、入浴して血液の流れがよくなることでもっとおっぱいが作られてしまい張ってしまうことがあるので注意が必要です。

母乳外来に行く

自分で搾乳しても赤ちゃんに積極的に飲んでもらってもなかなか改善しない場合は母乳外来に行きましょう。

チクチクしだしたり赤く発熱している場合は要注意です。

桶谷式であれば全国様々なところにマッサージを受けられる助産院が点在していますし、軽症であればあるほど、すぐに改善しますよ。

こちらのサイトで近くどこにあるのか検索することができます。

おっぱい育児だって楽じゃない。大変だけど今だけの時間を楽しもう

母乳は経済的で楽だといいますが、私は今現在楽だと思ったことがありません。

たしかに夜中の調乳がないのは楽かもしれないけれど、週に1、2回母乳外来に通ったり、食事に気をつけたりとなにかと大変だしお金もかかります。

でも、赤ちゃんにとっては母乳だと免疫効果があったり、親子のスキンシップになったりとメリットもあるため母乳育児を頑張っています。

生後100日を超えると母乳育児も軌道にのるといいますが、それもひとそれぞれです。

「母乳じゃないと…!」とか「ミルクよりも母乳がいいわよ」なんて、なにも考えずに言ってくる人もいてしんどいこともありますが、自分がしんどい時はミルクを足しつつ、人の手も借りつつ、自分がやりたいように育児をしたらいいと思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする