鮭は白身魚・赤身魚、一体どっち??色の理由や分類の基準について解説していきます。

朝ごはんや定食にと何かとよく見かける鮭。

鮭の身は綺麗なオレンジ色ですが、一体赤身魚と白身魚どちらに分類されるのでしょう?

オレンジ色の理由やなぜイクラも同じように赤いのか、また赤身魚と白身魚の分類の基準について解説していきます。

スポンサーリンク

鮭は白身魚に分類!赤いのになぜ?

サケは身の色が赤く見えるため、赤身の魚と思われがちです。

ですが、実は 白身の魚 に分類されています。

鮭の身が赤く見えるのは、餌として食べているエビやカニにも含まれるカロテノイド系色素のアスタキサンチンによるものなのだそうです。

ちなみに、イクラの赤も親の鮭由来のもの。

産卵すると全ての赤い成分がイクラにいってしまうため、産卵後の鮭の身は白いんですよ!

赤身か白身かはどうやって決まるの?

魚は、身の色で赤身か白身か決まるのではなく、筋肉中の血色素のミオグロビンの含有量により「赤身」「白身」に区分されます。

そのため身が白く、一見すると白身魚に見えるブリは血合い部分にミオグロビンが多く含まれるため学術上では赤身魚に分類されます。

青魚のアジ、サンマ、イワシも同じように血合い部分にミオグロビン含有量が多いので、赤身魚に分類されています。

身の色では決まらない!赤身魚と白身魚分類の秘密

生まれたての鮭や産卵後の鮭の身は白いなんてびっくりしてしまいました。
いったいどんな味がするんだろう…

ちょっとした豆知識でした。
最後までお読みいただきありがとうございます♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする