胎児発育不全で入院しました。お腹周りが小さいと言われた赤ちゃんを大きく育てるためにやったこと

34週で里帰りをし、出産する産院で健診を受けるたびに「成長がにぶいね」「お腹周りが小さいね」と言われてしまい、結局38週で入院しました。

お腹周りが小さく、胎児育児不全とはどういう状態なのか、また、臨月なのに1週間で11gしか育たなかったのに5日で150g増えたときに気をつけていたことなどまとめました。

スポンサーリンク

胎児育児不全(FGR)ってなに?

胎児育児不全とは、文字通り子宮内で赤ちゃんの発育が遅れたり停止したりしてしまうことです。

妊娠30週頃までの超音波検査でわかる推定体重によって判断される病気で、全妊娠の約8~10%にみられます。

胎児育児不全の原因と特徴は?

胎児発育不全には、主に赤ちゃん自身の異常を原因とする場合と胎盤や母体の状態や行動を原因とする場合と2パターンあり、発育状態によって2種類にわけることができます。

均衡型:胎児発育不全

 原因  染色体異常、先天性の奇形、胎内感染、アルコール中毒など。
約半数は先天的なもの
 時期  妊娠初期に発症することが多い。
 割合  約2~3割
 特徴  細胞増殖に障害がみられ、頭部と身体の両方に成長の遅れがある。

身体が全体的に小さい

不均衡型:胎児栄養失調

 原因
胎盤の異常や母体の妊娠高血圧症候群、多胎妊娠、喫煙などにより、
血液の流れが悪くなり、胎児に届く栄養が不足することによって起こる。
 時期  妊娠中期~後期に発症することが多い。
 割合  約7~8割
 特徴  頭部は成長しているが体幹の成長が遅く、やせている。

血流が少なく尿の排泄量が少ない。羊水過少の傾向がある。

私の場合お腹周りだけが小さいと言われていたので下の不均等型が当てはまります。

原因は持病の橋本病(甲状腺機能低下症の一種)ではないかと言われていました。

スポンサーリンク

胎児育児不全で入院しました

臨月に入ると赤ちゃんの成長も大きくなるため、1週間で200g前後大きくなります。

私の場合1週間で100gと育ちが悪く、このまま出産になるとNICU確実と言われてしまいました。

また、赤ちゃん自身が小さいとやっぱり体力がないため出産に耐えられなかったり突然具合が悪くなることもあるため、このまま改善が見られなければ入院とのこと。

週3日NSTを受けるために受診し赤ちゃんの様子を見つつ、結局38週のときに先週より11gしか育ってないからと管理入院が決定しました。

 NSTってなに?検査の様子と一緒に写真付きで解説するよ!

NST(ノンストレステスト)ってなにするの?検査内容や費用、受診時のポイントは?
妊娠後期にさしかかると、多くの妊婦さんが受けることになるこのNST検査。 ノン・ストレス・テストの頭文字をとって、NSTと呼ばれま...

管理入院中の過ごし方

管理入院になったら出来るだけ安静にするように言われます。

私の場合入院病棟は自由に歩き回ってもOKでしたが、売店などにはなかなか行けず、基本的には横になりゆっくり過ごすように言われました。

入院中は赤ちゃんが元気か確認するためのNSTを午前中と夕方の2回実施する以外やることはありません。

ひたすら安静に過ごして胎盤の血流をあげるように言われました。

1週間で11gしか育たなかったのに5日で150g増えた!

1週間で11gしか育たなかったため管理入院になったのですが、5日後の診察で一気に150g近く大きくなってくれました!

調べてみて毎日やったのは

  • 胎盤の血流を増やすために基本的にシムスの体位を保ちながら安静にする
  • お米(炭水化物)はしっかり食べる
  • 葉酸を取るために差し入れにトマトとイチゴを持ってきてもらい、おやつはひたすらそれ

の3つです。

妊娠後期に入りお産を軽くするためにも毎日2〜3km歩いたり里帰りしてからは雑巾掛けや階段登り降りなど積極的に体を動かしていたのがどうも逆効果だったようで、入院したらひたすらシムスの体位を取りながらゴロゴロしていました。

 妊婦におすすめの寝方、シムスの体勢って?

シムスの体位って赤ちゃんは苦しくないの?お腹が圧迫される妊娠後期でも苦しくない寝方とは
お腹が大きくなってくる妊娠中期〜後期になると、胃が圧迫されて胸焼けしたり、寝苦しくて不眠症に悩まされる妊婦さんも増えてきます。 ...

また、体重がドーンと増えてしまったため炭水化物を控えタンパク質を摂るようにしていたのですが赤ちゃんが大きくなるために必要な栄養素は炭水化物と聞いて、毎食出された白米は必ず完食するようにしていました。

妊娠高血圧の心配はなかったので、ふりかけやごはんですよ、お漬物など差し入れに持ってきてもらい、おかずは残してもご飯は完食するようにしていました。

なんとなく小腹が空いたり口さみしいときに、と母が持ってきてくれたトマト。

葉酸が沢山含まれる果物には、イチゴ、みかん、キウイなどがあり、イチゴとみかんを持ってきてもらうようにお願いしていました。

手軽さからトマトもよく食べてました。

他にもストレスを溜めないでリラックスする、ストレッチなど軽い運動はして血栓が出来ないようにしたりと注意していましたが、毎日気をつけていたのはこの3つです。

どれが効果あったのかはわからないけど、安静に過ごしていたおかげでなんとか2500gは超えてくれそうと診断されるまで大きくなってくれました。

お腹周りは相変わらず小さいけれど、大きさクリア

お腹周りは相変わらず週数より小さく要注意ですが、2500gのラインは超えてくれたので結局誘発分娩することになりました。

今まで動いていた分お腹が張る感覚はあったのに、入院してから全く張らず子宮口も全然開いてないと言われ、大きさをクリアしてからひたすら歩き回る日々に変更になりました。

妊娠から出産まで予想外のことしか起きなかった妊娠生活ですが、最後まで頑張りたいと思います。

 経管拡張(ラミナリア)で誘発分娩しました。

頸管拡張(ラミナリア)から誘発分娩で出産したときのこと
胎児不育症(FGR)と診断されて入院し、計画分娩で出産しました。 頸管拡張(ラミナリア)から促進剤を使って誘発分娩した体験記で...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする