蚊対策に扇風機が効くって本当?薬剤を使わず安全に虫刺され予防をする方法

とにかく不快な夏の虫といえばですよね。

耳障りな羽音だけでなく、刺されるとかゆいとか意味がわかりません。

我が家には赤ちゃんがいるのでこの夏は蚊の対策になにが有効か調べていたのですが、なんと1番簡単で安全なのは扇風機だとか。

どうして扇風機が蚊対策に効果的なのか、また実際どうなのか調べてみました。

スポンサーリンク

蚊は扇風機に当たると死ぬ?!

蚊の飛行速度は約0.5m/秒

意外と飛行力は低いため、エアコンや扇風機といったわずかな風でも飛行障害を起こしてしまいます。

また、蚊は人の体温や二酸化炭素の匂いを察知して寄ってくるため、扇風機の風によって空気を循環させることで匂いを分散させるだけでなく蚊の持つセンサーの働きを混乱させることができるんだそうです。

扇風機の風によって蚊が死ぬわけではないですか、扇風機やエアコンの風速で飛べなくなるだけでなく、蚊のセンサーが反応しなくなるため、BBQなどアウトドアでもうまく使うと蚊の予防になるそうです。

なんと、かの有名なニューヨークタイムズでも蚊予防には扇風機が効果ありと紹介されているんですよ。

Simulated wind, provided by an electric fan, is good at both discouraging insect flight and dissipating the mosquito-attracting emanations that humans emit.

蚊よけに扇風機を使うやりかた

とはいえ、ある程度扇風機やエアコンの風が当たっている状態じゃないと効果はありません。

扇風機の弱でも2m/秒以上の風速があるので蚊は飛べなくなるのですが、扇風機の風が当たりっぱなしだと気化熱の影響で風邪を引いてしまうこともあります。

扇風機だけで蚊の予防をするのではなく、昔ながらの蚊取り線香や蚊がいなくなるスプレーなどと併用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

薬を使わず蚊に刺されないように予防するなら?

ピレスロイド系防虫剤やディートなど虫除け効果が高いと言われているものには化学物質が多く含まれているため化学物質過敏症の場合や赤ちゃんがいる家庭では使いづらいですよね。

アロマを使った方法もありますが、上記の成分を使った防虫剤に比べるとやっぱり効果は落ちます。

どうしても薬を使いたくない場合は

  • 蚊帳を使う
  • 扇風機やシーリングファンを回す
  • アロマスプレーはこまめに散布

という方法があります。

赤ちゃんがいでも出来る蚊避け対策のコツは?蚊取り線香やピレスロイド系成分は使って平気?
ぷ〜んという耳障りな羽音や刺されると腫れてかゆくなるし…とイライラする蚊。 子供や赤ちゃんはよく刺されるため心配になるし、なに...

シーリングファンは大風量型だと1.5m/秒なので、蚊にもある程度対抗することが出来ます。

また、直接風が当たるように扇風機を回すのではなく、上に向かって回すようにすると横からくる蚊には対抗出来なくても多くの蚊は上から飛んでくるので、蚊よけ効果が期待出来るそうです。

扇風機で蚊よけ対策がなぜ出来るのか まとめ

  • 蚊は風速0.5m/秒のため、扇風機の弱でも飛べなくなってしまう
  • 人の匂いや二酸化炭素を蚊のもつセンサーが察知して飛んでくるため、物理的に飛ばしてしまうことでセンサーが機能しなくなる
  • とはいえ完璧に蚊よけ対策になるわけではないので、防虫グッツとの併用がおすすめ

扇風機はもちろんですがシーリングファンも使えます。

蚊取り線香の匂いなどが気になる場合は網戸や玄関など蚊の侵入口に虫コナーズのような忌避剤を置き、扇風機を併用するだけでもだいぶ蚊に刺されなくなるようですよ。

乳幼児やペットがいる家庭だとどうしてもピレスロイドやディートが入った防虫・殺虫剤は使いたくないですもんね。

この夏、ぜひ試してみてくださいね^ ^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする