NST(ノンストレステスト)ってなにするの?検査内容や費用、受診時のポイントは?

妊娠後期にさしかかると、多くの妊婦さんが受けることになるこのNST検査。
ノン・ストレス・テストの頭文字をとって、NSTと呼ばれます。

検査方法やかかる費用、どんなことがわかるのかなど写真付きで解説していきます。

スポンサーリンク

ノンストレステストの目的って?

出産はお母さんだけに限らず、赤ちゃんにとっても体力のいる大変な道のり。

長い時間をかけて、狭い産道を通って外に出てこなければならないため、生まれるために通る1番はじめの大仕事です。

ノンストレステストは、赤ちゃんが生まれるためにがこの大きな試練に耐えられる健康状態にあるかどうかを事前に検査するために行われます。

ノンストレステストで赤ちゃんにその力が十分でないと判断されると、帝王切開となるケースもあります。

NSTでは、ベットに仰向けに寝る or リクライニングチェアに座ってから、おなかにベルトを2本巻き丸いパットを2つ付けて行います。

このパットはひとつは赤ちゃんの心拍を、もうひとつは子宮の収縮状態を記録する器具です。

自動的に計測され描かれた波形で、赤ちゃんの健康状態を診断します。

このふたつを約40分の間モニタリングして、赤ちゃんの状態やママのおなかの張り具合をチェックしていきます。

なんで40分も行うの?

胎児は約20~30分間隔で、寝たり起きたりを繰り返しているといわれているため、起きている状態・寝ている状態のどちらも、モニタリングすることができる40分程度時間をかけて行います。

産院によってNST室など専用のモニタールームがありますが、陣痛室や病室のベッドを使ってモニタリングを行うケースもあります。

NSTは機械をおなかにペタッと貼りつけるだけの検査です。

赤ちゃんの胎動の様子やお腹の張りのグラフが見れたり、胎動カウントを行う場合もあります。

痛みはなく、検査中お母さんはリラックスして待つのが仕事なので、本など動かないで行える時間つぶしのものを持っていくのがおすすめです。

生産期(37週以降)の場合はお腹の張りの実感をカウントしながら行うこともあります。

NSTモニターの見方・わかること

NST検査の多くはモニターを見ながら行います。

陣痛が来て、いざ出産!というときにも行う検査なので、モニターの見方を覚えておくと楽しいですよ。

機械にも種類があるので陣痛が来る前の検査で聞いておくのがおすすめですが、私の通っていた産院のモニターはこんな感じでした。

上のグラフで赤ちゃんの心拍、下のグラフでお腹のハリ具合がわかり、真ん中のグラフの下につく点々は赤ちゃんが動いたときに記録されます。

ノンストレステストはいくらかかる?

NST検査を実費で支払う場合、病院によって多少前後しますが2,000円~3,000円が相場です。

胎児育児不全や切迫早産などで保険が適用される場合は、3割負担で600円~900円程度が多いそうです。実際私も保険適応時は200〜820円でした。

特別な場合を除きほとんどが自費負担となるため、いつもの妊婦検診料にプラスで2,000~3,000円かかると思っておくと大きく外れないようです。

スポンサーリンク

ノンストレステストを受けるときのポイント

NST検査を受けている間器具がずれると正しい結果が出ないため、できるだけ同じ姿勢を保つように指示されます。

基本的には30〜40分のテストですが、赤ちゃんが寝てるか起きてるかのタイミングによっては1時間機械をつけたまま動けないので、雑誌や本などを用意しておくのがおすすめです。

またお腹が大きくなってくると、お腹を締め付けないワンピースのような服装が多くなりがちですがノンストレステストを受ける日は、上下に分かれている服装で行きましょう。

お腹に直接機械をまきつけるため、ワンピースだと足元が丸出しになります(毛布やタオルなど掛けてくれますが…)。

ノンストレステストについて まとめ

  • NSTとは赤ちゃんの心拍やお腹のハリ具合を見る検査
  • 40分から1時間かかるので時間つぶしグッツを持っていく
  • 出産のときにもつけるため、モニターの見方を知っておくと楽しい♡
  • 検査するときは上下わかれたゆったりした服装で!

ノンストレステストの注意点をまとめるとこんな感じです。

34週で里帰り出産をするための産科に受信してからFGR(胎児育児不全)を診断されてから週3ペースでやっていました。
痛いわけでもなく、どちらかというと退屈な検査になるので本や雑誌が必需品の検査です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする