妊婦健診補助券が足りない・使えない!里帰り時のトラブルなど知っておくと便利なあれこれ

妊娠申請書を提出すると貰える妊婦健診補助券

国で推奨されている妊婦健診の回数14回分を自治体から補助を受けることが出来ます。

ですが、臨月付近になってくると妊婦健診補助券が足りなかったり、里帰り出産をする場合「使えません」と補助が受けられなかったりとトラブルになることも

知っておくと安心な妊婦健診補助券についてまとめました。

スポンサーリンク

妊婦健診補助券が足りない?!そんなときはどうする??

基本的に妊婦健診補助券は14回分貰えます。

  • 妊娠初期~23週:4回
  • 24週~35週:6回
  • 36週~出産:4回

合計14回妊婦健診を受けることを想定しているからです。

ただし、あくまでも標準的な回数のため妊娠中の体調や産院の方針によって妊婦健診の回数が多くなる場合や貰った補助券以上の健診分は実費での支払いになります。

例えば希望者が受診できる3D/4Dエコー、胎児の状態や妊婦である自身の状態によって増えた検査は、実費負担になっています。

妊婦検診補助券の形態は自治体によって異なり、金券チケットのように補助券を発行している自治体もあれば診察内容で補助券を発行する自治体もあったりと本当に様々。

ちなみに昔は補助も少なく10年前まで2回くらいしか受けられなかったのだとか。経済的な理由で検診を十分に受けられないせいで野良妊婦となってしまう人も多かったそうです。

どんどん手当があつくなり、いまでは最低限の受診回数分は補助が受けられるようになっています。

年上のかたの時とは補助内容も方法も変わって来ているので鵜呑みにせず気になることは保健所に相談してみるといいですよ。

里帰り出産で妊婦健診補助券が使えない?!

妊婦健診補助券は発行された自治体でしか使えません。

そのため、里帰り出産などで妊娠届けを提出した自治体以外の産科での受診は妊婦健診補助券が使えないことがあります。

その場合一時的に自己負担して後日自分で申請することで返金対応となります。

ただし、この場合注意が必要です。

私は里帰り出産をしたのですが、妊婦健診補助券の使い方について詳しくない病院がたまにあります。

受付で「この補助券は使えません」のひとことで片付けられてしまい「聞いていた内容と違うぞ?!」と慌てて自宅の保健所へ問い合わせして確認しました。

病院での「使えない」はその場で補助が受けられないという意味で、後日領収書と一緒に請求をすればいいと保健所のかたに教えてもらいました。

実費負担の場合、健診では毎回1万〜2万程度かかるので里帰り出産をされるかたは多めにお金を用意しておくこと、請求の仕方や返金の期間をしっかり聞いておくといいですよ。

妊婦健診補助券は自治体によって本当にタイプが異なります。

都内の補助券は妊婦健診14回分とエコー4回+その他の補助券として分かれているのに、引っ越し先の補助券は妊婦健診分とエコーやほかの検査の補助券が全て一緒になっていました。

また、金額でチケットが分かれている県もあるそうです。

気をつけないとやっていない検査の補助券を使用してしまったために実費負担額が増えてしまうことがあり得ます

「妊婦健診補助券なんて全国統一すればいいのに」と感じてしまうほど県や市町村によって違ってくるので自分の持っている補助券がどんなタイプなのか、またどうやって使ったら1番負担が少なくすむのか確認しながら使ってください。

どちらにしろ検査を受けたら医者のサインが必要なので、記入してもらうときに相談しながら使うのが1番間違いもなく早いと思います。

スポンサーリンク

知っておくと困らない妊婦健診補助券の使い方

  • 妊婦健診補助券は基本的に14回
  • 補助内容以外の検査は実費負担
  • 里帰り出産などで使えなくても後日申請すれば返金されるので必ず記入してもらう
  • 返金申請時に医者のサインが入った補助券や領収書が必要なので無くさない
  • 余った場合申請すれば返金される地域もあるので貰ったときに確認しておく

妊娠中の補助内容や申請方法などは年々変わってきているため、妊婦健診補助券を貰う時は気になることはなんでも詳しく聞いておくのがおすすめです。

特に自分の母親世代とは全く補助内容や形式が変わっています。

里帰りなどで直接聞けない場合でも、電話で確認することは出来るので、わからないことや困ったことがあれば面倒でも確認することが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする