こどもの日女の子の場合お祝いはどうする?端午の節句の歴史と一緒に紹介します。

5月5日は子どもの日だけれど、鯉のぼりや兜、鎧や五月人形などをみても男の子のお祝いのイメージが強いため、子供が女の子の場合ってどうすればいいの?と悩んでしまいますよね。

そこで、子どもの日のお祝いを女の子の場合はどうしたらいいか、もともとの端午の節句の意味と一緒にまとめました。

スポンサーリンク

子どもの日のお祝い。女の子の場合はどうしたらいい?

いろんな家庭に聞いてみたところ「子どもの日」なのでお祝いはするという意見が多かったです。

調べてみた結果、女の子の場合、鎧や兜や鯉のぼりを飾ったりすると意味合いが変わってきてしまうため、柏餅やちまきを食べたり菖蒲湯に浸かるといったことでお祝いをすると良いそうです。

ちらし寿司や手巻き寿司にして少し豪華な夕食にしたり、子どもの好きなものを用意するといった家庭も多く、GW中だから家族で外食するといったお家もありました。

女の子の場合は純粋に子どもの日として子どもの成長と幸せを願い、お祝いするのが一般的です。

実は端午の節句とは本来は女の子の節句だった?!

端午の節句でもある5月5日のこどもの日は、どちらかというと男の子の健やかな成長を祝う行事というイメージがありますよね。対して女の子の成長を願う行事は3月3日のひな祭りというのが一般的なイメージです。

ですが歴史を紐解いてみると、もともと端午の節句とは、男女を問わず災厄から身を守るために行われていた宮廷行事が起源と言われています。

しかも、端午の節句の行われる5月1日から5月5日は女児節といわれ、女の子を着飾って祝うための日として親しまれていました。

また5月は田植えを行う月であり、田植えをするのは若い女性の神聖な仕事とされていたことから、前日からよもぎや菖蒲を使って屋根とした小屋に女性をこもらせて、菖蒲酒を飲むことで穢れを祓い、田植えに備えることを目的として行われていたため、女の子の行事としてのイメージが当時は強かったようです。

武家社会に移るにつれて男の子の節句へと変化

端午の節句は奈良時代から続いている古い行事ですが、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。

午(ご)と五(ご)の音が同じなので毎月5日を指すようになり、そのまま5月5日のことになったとも伝えられます。

当時は邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた菖蒲をよもぎと共に軒にさし、あるいは湯に入れて「菖蒲湯」として浴したのが起源と言われています。

平安時代の宮廷を中心とした貴族社会から武家社会へと変化する過程において、端午の節句は男の子の成長を願うお祝い事への意味合いを強めていきます。

なぜなら、端午の節句で使われていた菖蒲が、武芸を尊ぶ意味の尚武と同じ「しょうぶ」との語呂合わせから、世継ぎとなる男の子が誕生したことを祝う行事となっていったためと言われています。

江戸時代になり、徳川幕府によって端午の節句の行われる5月5日を五節句のひとつとすることで、式日(祝日)と定められました。
当時は、大名や旗本が式服で江戸城に参り、将軍にお祝いを奉じることでお祝いをしていたようですよ。

また、将軍に男の子が生まれると、玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて祝った経緯から、男の子の誕生と成長を祝うお祭りへとなっていきました。

江戸時代は戦国の世に終止符を打つことで、長く続いた平和な時代という側面もあったことから、武士のみならず庶民の間にも端午の節句が浸透していき、現代のこどもの日へとつながっていったと言われています。

スポンサーリンク

端午の節句は子どもの成長を祝うもの

本来は女の子の節句だった端午の節句が武家社会へと変わるにつれて形を変えていき、いまのような形におちついたのは江戸時代中期と言われています。

「女の子の場合、こどもの日のお祝いはどうしたらいい?」と女の子のママは悩んでしまうかもしれませんが、子どもの成長を祝い、柏餅やちまき、菖蒲湯を用意して普通にお祝いすればOKというのが一般的なようですよ。

何をしなければいけないといった決まりもないので、素直にお子さんの成長をお祝いしてあげてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする