鯉のぼりや兜・鎧、五月人形は誰が買うもの?地域別や本来の意味を調べてみた。

端午の節句といえば、鯉のぼりや兜、五月人形など男の子がいる家庭ではどうするか悩みますよね。

初節句ともなると、両親や祖父母など誰がなにを準備をするものなのか、そもそも全部揃えるべきなのかなど、安いものでも、小さいものでもないため困ってしまいます。

そこで、鯉のぼりや兜、五月人形は誰が買うものなのか、また地域差はあるのか、色々と調べてみました。

スポンサーリンク

鯉のぼりや兜、五月人形は誰が買うもの?

「基本は母方の祖父母が揃えるのよ」と義母に言われたのをきっかけに色々と調べてみましたが、

  • 男の子(特に長男)の節句は父方、女の子の節句は母方で分担する
  • 母方の実家から初節句のお祝いに女の子には雛人形、男の子には鯉のぼりや兜や武者人形などを贈るのが習わし

と2つの意見がありました。

どういうこと?と思い、色々調べてみましたが地域の風習で異なるというのが正解で、全国統一してコレ!という決まりはないようです。

両家の祖父母が孫の誕生を祝う気持ちを大切にし、両方の実家で費用を折半にしたり、母方で鯉のぼり、父方で兜や武者人形をというように話し合ってそれぞれから贈り物をするように分担を決めたりする家庭が多いようです。

時代が時代のため、どちらが何を買うか両家で話し合って決めるというのが一般的というのが1番多い意見でした。

誰が買うか地域差はあるの?

気になる地域別の習慣をご紹介します。

東北

男の子の節句の準備は父方、女の子の節句の準備は母方が一般的

関東

基本的には母方が揃えると言われているものの、男の子の節句の準備は父方、女の子の節句の準備は母方と分担制にしている家庭が多い。

ただし、地域によっては五月人形は父方の両親が用意し、鯉のぼり、武者幟、武者人形等は分担して用意するなど物によって異なることがある。

中部

母方の実家が揃えるのが一般的

愛知(特に名古屋)の場合は男の子の節句の準備は父方、女の子の節句の準備は母方が用意することも。

関西

母方の実家が揃えるのが一般的

四国

お雛様は母方、五月人形は父方と子供の性別によって分担

九州

基本的には母方が用意する。

ただし、熊本や鹿児島はお雛様は妻側、五月人形は夫側の祖父母が贈るという地域が多い。

スポンサーリンク

実は口コミや地方に嫁いだ友達や親戚に聞いてみても、同じ地域なのに異なる回答をもらうことが多く、1番多かった意見をまとめたため「聞いたのと違う!」と思うこともあるかもしれません。

ですが、こうやって調べてみて感じたのは、「自分たちで調整するしかない」ということでした。

ひと昔前では結婚をすれば妻が夫の家に入り、夫の両親と同居するのが当たり前と考えられていたため、離れて暮らす母方の両親が孫と娘の顔見たさに五月人形や鯉のぼりを用意し、夫側の家へ持参したなどという話があるので、全国的にみても母方が用意するのが一般的と言われているのかもしれません。

昔は交通機関も発達していないことから遠くへ嫁ぐなんてことも少なかったため風習が混ざることもなかったでしょうが、これだけ技術が発達し国際結婚も進むなか地域ごとの風習だけを守るのは難しいからこそ、こうやって同じ地域でも異なる意見が多い結果となったのだと思います。

大事なのは初節句を迎える子供が健やかに育つよう願いを込めて準備してお祝いすることなので、どちらの両親が用意するのか、または自分たちで用意するのかなどは事前に話し合って打ち合わせをしておいたほうがいいのではないでしょうか。

五月人形や鯉のぼり、兜・鎧の本来の意味って?

  • 五月人形の場合

五月人形は、「男の子を病気や災厄から守る」お守りのような存在として、受け継がれています。

  • 鎧や兜の場合

兜や鎧を飾るのは武家社会から生まれた習慣で身を守るものから転じて、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ると言われています。

  • 鯉のぼりの場合

鯉のぼりは天の神様に男の子が生まれたことを知らせ、その子が健やかに成長し、出世することを願うものです。

武士たちが、家紋を染めた「幟(のぼり)」を立てていたのを庶民が真似し、この滝登りを絵に描いた幟を立てたのが始まりとされていて、幟に鯉が描かれたのは、鯉が滝を登り龍になったという「登龍門伝説」にちなみ、江戸時代の中期頃から子供に立身出世して欲しいという願いを込められています。

どれも子供の立身出世や、交通事故や災害から守ってもらえますようにといった意味が込められている縁起物です。

全て用意しなければならないといった決まりもなく、用意したいものだけを用意する家庭も多いので、飾る場所や予算などから決めたらいいのではないでしょうか。

マンションに住む家庭も多いので、コンパクトに飾れる皐月人形や兜や鎧、ベランダに飾れるこいのぼりが人気のようですよ。

大きいものを買って1年しか飾らなかったというよりは、毎年きちんと飾れて自分の手がとどく範囲のものを用意したほうが結果的によかったという先輩夫婦の意見もあるので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする