嫁から義母へ母の日ってどうすればいい?送り主の名前や遠方の場合は??

結婚すると意外と頭を悩ませることが多い義実家との距離感。

特に、母の日に義母へプレゼントを贈るべきなのか悩む人も多いようです。

そこで、義母へ母の日は送った方がいいのか、またその場合旦那はどうするか、遠方の場合など気になる点をまとめました。

スポンサーリンク

義母への母の日。旦那の本音は?

調べた結果をまずまとめると、多くの既婚男性が自分の母への母の日と誕生日は「嫁がするもの」と思っているということです。

「するもの」と書くと語弊がありますが「してほしい」と考えている既婚男性が多く、なぜなら、自分で率先して用意するのは面倒くさいけれど、実家に自分の妻は気の利く良い嫁だと思われたいからだとか。

なんだかすごい自分勝手で利己的な考え方だなと感じなくもないですが、自分の母親に率先してなにか贈るのは照れ臭いし、嫁の株も上げたいという下心から「してほしい」と思う人が多いというのが本音のようです。

旦那の母親に贈るなら「送り主」はどうする?

上記を踏まえて義母にも母の日を贈るとした場合、気になるのが送り主の名前ですよね。

なにを贈るか探して準備して送るのは嫁の立場である自分で旦那はなにもしない(してもお金を出すだけ)なら、送り主に旦那の名前を書くのにイラっとしそうですが、基本的には連名または旦那の名前で贈るのがおすすめです。

特に昔の女性タイプのお姑さんであれば嫁である自分の名前を書いて出しゃばるのを良しとしない人もいますし、結婚するまでなにもしてこなかった息子なのに結婚したら母の日のプレゼントが贈られてくるなんてお嫁さんが気を利かせてくれたんだな、と普通なら気づきます。

数年贈ってみて、そんなことにも気付かず毎回お礼もないのであれば母の日は取りやめにするのでもいいと思いますが、基本的には結婚したら旦那のお母さんにも母の日は旦那と一緒に贈るスタンスでいた方がよさそうです。

スポンサーリンク

義母へ贈る母の日のプレゼントはどうする?遠方の場合は?

気になるのはなにをプレゼントに贈るかですが、実母へのプレゼントと基本的なスタンスは一緒で大丈夫です。

カーネーションのお花や食事会を開く、ストールなどの小物やお菓子など、義母の好みに合わせて贈るのが一般的です。

そんなとき困るのが遠方に住んでいる場合ですよね。

いくら5月の第2日曜日が母の日とはいえ、連休ではないので義実家が遠い場合なかなか会いに行って直接プレゼントを渡したり、食事をするのも難しいですよね。

ネットで注文する場合、特に生花だと通販ショップの良し悪しや天候が変わりやすい5月は運送中に暑さで元気がない状況で届いたり、ひどいと腐って枯れたものが届いたなんてことも。

そんなときはカーネーションだけど生花でないものを贈るなんて方法もありますよ。

母の日ギフトにカーネーションなのに花束以外の変わったプレゼントのすすめ
母の日はゴールデンウィークが終わってすぐ。 第2日曜日は母の日です。 母の日のプレゼントといえばカーネーションですが、毎年花束やカーネーションの鉢というものありきたり。 そこで、今回はちょっと変わったカーネーションを、日頃の感謝を込めて送りませんか?? 実際に母の日のプレゼントとして送ってみて、喜んでもらえたプレゼントをご紹介します。

ただ、少し年上のお義母さんの場合、ネットでの買い物=お手軽でやっつけ仕事と考える世代もあるので、そこは義母の性格を考慮しつつ、旦那に探ってみつつ…で選んでくださいね。

伊勢丹や高島屋では配送サービスもしてくれるので、世代が上の方へ贈る場合はデパートで選んで配送してもらうのも1つの手です。

義母への母の日は旦那を立てつつ、嫁の株を上げるのが吉

結婚してからの悩みに、意外と義実家との距離感や特に義母との付き合い方があります。

関係の濃さや物理的な距離はそれぞれですが、コミュニケーションの1つとして母の日に贈り物をするのもいいのではないかなと思います。

私の場合、義母は花が好きでよく育てているので旦那と一緒にカーネーションの鉢植えを買いにいこうかなと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする