旦那から嫁に母の日って渡すもの?妻の本音を調査してみました!

5月の第2日曜日は母の日です。
子供からお母さんへ「いつもありがとう」の感謝をこめて、カーネーションを贈るひとも多いのではないでしょうか。

子供からお母さんへ母の日を贈るのは一般的ですが、夫から妻へ母の日は贈るものなのかネットで話題になっています。

そこで、旦那さんから母の日をもらったらどう思うか、全国の奥さんの本音を調査してみました。

旦那から母の日ってもらうもの?

義母へ贈る母の日のプレゼントを探していたら、こんなトピックをみつけました。

今日は母の日でした。

夫は私には花の一本もくれませんでした。

夫は気がきかないし、
今まで自分の母親に花を贈った事もなく、
女のひとを喜ばす事も知らないような人です。

〜中略〜

知り合いのママ友なんかは殆どの人が、
今日は母の日で子供と旦那さんが一輪の花やカーネーションを貰ったりして、嬉しかったって言ってました。

〜中略〜

花を旦那さんから貰えたママさんが羨ましいです。 【愚痴】夫から母の日の花を貰えなかった。

逆に奥さんに母の日のプレゼントを渡そうとしたら、友人に止められたという人もいました。

先日もうすぐ母の日ということで、近くの花屋にプレゼント用の花を注文に行きました。
その花屋には私の高校の時に友人(既婚女性子供二人)が務めております。

友人ということで色々お花について聞きながらプレゼント用の花を選んでいたのですが、その友人から「プレゼントはお母さんにだけよね??」と聞かれたので「いや、妻にもプレゼントするよ。」と伝えると「それはおかしい!あなたの奥さんはあなたのお母さんじゃないでしょ!?」と少し声を荒げて言いました。

一瞬「え??」とも思ったのですが、その友人は「私は旦那から母の日にプレゼントなんてもらったことがない!プレゼントをしようものなら私はあんたの母親じゃない!!って言ってやるわ!」と言っておりました。
母の日、妻にプレゼントはNGですか??

夫からなぜ妻に母の日を渡すのか

多くの旦那さんがなぜ自分の奥さんに母の日をプレゼントするのか調べてみると、

  • 子供のスポンサーとして
  • いつも子育てお疲れ様。ありがとう!の意味をこめて

の2パターンが多いようです。

子供が小さい場合、カーネーションも1本とはいえ高価なものだし1人で買いに行かせるわけにも行かないし…とあくまで子供のスポンサーとして贈る人や、カーネーションなど母の日の定番のプレゼントではなく奥さんの好きな甘いものを買ったり外食に行ったり、お疲れ様と感謝をこめて子供と一緒にご飯を作ったり後片付けをする旦那さんも。

旦那から奥さんへと主体となって贈り物をするのではなく、子供のスポンサーとして子供の補佐として一緒に贈るという意見が多く、その場合は嬉しかったと答える奥さんの声が多かったです。

スポンサーリンク

旦那から妻へこれならいらない母の日プレゼント

「母の日にプレゼントを旦那からもらえたら嬉しい!」との答えが多かったですが、中にはもちろん、「私は旦那の母親じゃない」と答える人も。

私もどちらかというと、旦那さんにお母さん、ママとは呼ばれたくない(子供と話しているときは別ですが)のでこの気持ちはわかります。

少し古い情報ですが、2013年の4月に都内で行われた「母の日に関する意識調査」では、40.5%の既婚女性が、「夫からは母の日のプレゼントをもらいたくない」と答えています。

もらいたくないと答えた理由には

  • 夫にはママやお母さんと呼ばれたくない
  • 妻としてみてほしい夫の母ではない。
  • 一気に老けたような、わびしい気持ちになる

といった思いがあるようです。

上記の気持ちを踏まえると、夫から妻へカーネーションやエプロン、キッチングッツといった、まさに母の日の定番のプレゼントを贈るのは避けたほうがいいと思います。(私なら嫌です。エプロンやキッチングッツは汚れてて買い換えたいとかなら別ですが…)

とはいえ、残り59.5%の女性は「もらいたい」と答えているため、一概に渡すべきではないと言い切れません。

「いつも子育てお疲れさま、ありがとう、という意味が込められていれば嬉しい」といった意見も多く、ネットで話題を呼んだ女性の愚痴の例もあるため、妻の性格を見極めることが重要です。

普段のコミュニケーションから、奥さんの性格や考えを分析してみてくださいね。

嫁に母の日は必要か否か まとめ

友達や先輩ママに聞いてみても、

  • あくまで子供が主体、旦那がスポンサーならOK
  • 「母の日」として贈るられるのではなく、子育てお疲れ様の意味なら嬉しい
  • 家事や育児に休みはないので、それを代わってくれるなら嬉しい

という意見が多かったです。

私自身、旦那に「母の日」としてプレゼントを渡されたら嫌だけど、「子供のお母さんとしていつも頑張ってくれてありがとう」と、「これからも一緒に子育て頑張ろうね」の意味を込めてケーキとか食後の甘いものや洗い物をやってくれたり、率先して育児を手伝ってくれたら嬉しいな、と思います。

ちなみに妻の日というのも実はあって、日本記念日協会によると12月3日が妻の日だそうです。
奥さんになにかプレゼントを贈るなら、すこし時間は空きますが母の日ではなく妻の日やいい夫婦の日(11月22日)にするのも1つの手だと思いますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする