なぜお花見をするのか。桜を愛でる理由や起源・由来、昔から親しまれている風習について詳しく解説してきます。

冬の寒さも緩み、暖かくなってくるとお花見をしたくなりませんか?
桜の開花予想などニュースで見ると、今年はいつ咲くのかなとうきうきしてきます。

そんな春の行事の1つ、お花見はなぜするのでしょうか。

お花見の起源や由来、なぜ桜を愛でるのかなど、昔から親しまれている風習について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも、なぜお花見をするの?

お花見をする理由は、桜を見ることつまり花を見ることですが現代では人が集まることや酒を飲むことを主にしています。

「そこに桜があるから」

ではなく、お花見にも色々とルーツがあるんですよ。

ちなみに、いまのような桜の花を愛でるお花見は、平安時代からはじまったと言われています。美しい桜の花を見ながら詩を作るのを楽しんだことが、いまのようなお花見の起源とも言われているんですよ。

当時はまだ、貴族の間だけで楽しまれていたお花見が、鎌倉時代に入ると武士の間にも広がっていき、江戸時代の頃にはいまのお花見スタイルと同じように身分に関係なく、みんなが美しい桜の木の下に集まって、お弁当を食べたり、歌をうたったりしながら春のおとずれを楽しむようになったと言われています。

「お花見といえばなぜ桜なのか」を軸に、お花見の起源や由来についてくわしく解説していきます。

スポンサーリンク

お花見といえばなぜ桜なの?

お花見と聞いて、思い浮かべるのはですよね。
俳句の正解でも、「花」は桜を意味します。

ですが、春の時期の花って実は色々あると思いませんか?
梅をはじめ、桃にボケの花、モクレン、菜の花、チューリップ etc

なぜお花見というと「桜」なのでしょうか。

諸説ありますが、有力なのは3つです。

その1:平安時代に花の代名詞になったため

奈良時代は、花といえば梅や萩をさし、特に梅の花見は花の美しさを愛でるというよりも神事としての意味合いが強く、厄払いのために行っていたのであまり楽しいものではなかったようです。

809年に即位した嵯峨天皇は大の桜好きで、地主神社に毎年桜を献上させるほどお気に入りだったとか。

安時代の歴史書「日本後紀」によれば、嵯峨天皇が812年に催した「花宴の節」というものが桜によるお花見の起源とされており、これが文献による桜のお花見の記述として最古のものと言われています。

そして831年からはこの桜の花見が天皇の恒例行事となり、紫式部が書いた有名な源氏物語のなかにも貴族たちが桜を愛でお花見をしたシーンが記載されています。

こうして、平安の貴族たちは桜の花に心を躍らせ、桜を愛でては歌を詠み、宴を開いて楽しんだことから、花=桜の認識が広まっていき、そのまま定着したと言われています。

その2:農民たちの願掛け

農民にとってお花見とは、豊作祈願の行事でした。
古来より、田の神様は冬になると山へ行き、春になると里へおりると考えられていました。

桜をなぜ「さくら」というのかには諸説ありますが、「さ」は早苗、早乙女、皐月などと同じように稲や田の神様をさし、「くら」は神様の座る場所という意味があるというのが有力です。

桜は春になっておりてきた田の神様が宿る木とされていたため、桜のもとで田の神様を迎えてもてなし、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていたのがお花見の由来とも言われています。

その3:江戸時代将軍が愛した花

三代将軍家光が上野に桜を植え、八代将軍吉宗が隅田河畔や飛鳥山を桜の名所にした歴史があります。
こうして歴代の将軍に愛された桜は各所で増えていき、その分花見の場も増えていきました。

園芸が盛んな時代に品種改良が進んだことで、身近な場所でも花見が楽しめるようになったことから、春の行楽として花見が庶民の間にも広がり、酒を酌み交わす花見になっていったと言われています。

日本人は昔から桜が好き!

平安時代から愛されてきた桜。
こうやって歴史を追ってみていくと、日本人ほど桜を愛している民族もいないんじゃないかなと思います。

アトレでは、さくらジェニックといって人気インスタグラマーが紹介するインスタ映えする桜の撮り方やお花見レシピ、グッツなどが紹介されています。

実際の桜を観に行かなくても、春の訪れを感じることができるのでデートなどにもおすすめです。

今年のアトレさくらプロジェクトは「さくらジェニック」がテーマ。店内に桜のフォトスポットが出現するほか、人気インスタグラマーによるフォトジェニックなお花見テクニックやレシピをご紹介!

 お花見のお弁当のレシピまとめはこちらから

お花見や運動会、遠足に使えるおにぎりやサンドイッチ、お弁当のおかずの作り方クックパットで人気レシピまとめ
お花見や運動会、遠足、ピクニックなど、暖かくなってくるとお弁当を作る機会が増えますよね。 いつも通りの弁当も素敵ですが、ちょい...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする