喉の奥に引っかってしんどい後鼻漏ネバネバした鼻水の原因や出し方、対処法について

鼻水が喉に引っかかるような気がする、鼻から喉に鼻水が流れ続けているような感覚がある。
風邪でもないのに咳や痰がよく出る・・・。

このような症状がある場合、後鼻漏 かもしれません。

そこで今回は、後鼻漏の原因や症状辛い鼻水の出し方など詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

喉の奥に感じるネバネバ これってなんで?

アレルギーや風邪にかかると、鼻炎を起こし鼻汁が出ます。

ふつう鼻汁は鼻の穴のほうに出ていくので鼻をかむことで解決が、鼻の穴のほうへ流れずに喉に垂れることがあります。

この症状を後鼻漏(こうびろう)といいます。

後鼻漏とは、鼻から喉にかけて鼻水が落ち続ける症状のことです。

風邪をひいて耳鼻科に行くと鼻と一緒にのどの治療もおこなうのは、後鼻漏を防ぐためでもあるのです。

後鼻漏が進行するといくら鼻をかんでも鼻水が前方(鼻の穴)からでることはなく、絶えずノドに流れ込んでくる鼻水を口から吐き出し続けるか、飲み込み続けるしかない状態になってしまうことがあります。

口臭などで対人関係に影響を与えるだけでなく、不眠症や味覚障害なども引き起こす可能性もあり、不快感や日常生活への弊害は大きい反面、一般の認知・理解は低い状況です。

後鼻漏になるとどのような症状が現れるのでしょうか。
特徴をまとめて、チェックリストを作成しました。

もしかして後鼻漏かも?チェックリスト

  • 鼻水が喉の奥に落ちる感覚がある
  • ずっと鼻づまりがしていて、鼻をかむとネバついた鼻水が出る
  • 朝起きると、喉の奥に不快感がある
  • 朝起きると、口の中が渇いている
  • 鼻声であり、声が出にくくなることもある(ハスキー声
  • 口の中がネバネバして分泌物が溢れている
  • のどがゴロゴロして痰がからむ
  • 特に仰向けだと安眠できない
  • 食事が美味しくない、変な味を感じる
  • 胃の膨満感や不快感がある
2つ以上当てはまる場合、後鼻漏の可能性があります。
一度はやめに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

後鼻漏ってどんな症状?原因は??

後鼻漏はノドの異常や「痰」と混同されがちですが鼻水の病気です。

普通の鼻水の症状は鼻の前から出てくるので「前鼻漏(ぜんびろう)」と言い症状が解かり易いのですが、鼻の後ろから喉に廻ってしまうものを「後鼻漏(こうびろう)」といいます。

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)などで大量に発生した鼻水が、鼻腔の構造や鼻水の発生位置などの理由によってノドの方へ流れ込んでいくことで起こります。

後鼻漏の症状を改善するためには、大量の鼻水を発生させている原因を治療することが第一です。

後鼻漏の場合、前鼻漏と違い、粘り気が強いのが特徴です。
鼻の奥の、喉の上あたりに絡みつき中々取れにくいこともあげられます。

「大したことないから…」と放っておくと、鼻粘膜が炎症などにより刺激を受け続けたことで変性を起こしてしまうこともあり、このような場合は治療が一層難しくなります。

鼻粘膜の一部で鼻水を作る鼻腺が増殖した状態で、当初の原因が花粉症・ アレルギー性鼻炎だったとしても、抗アレルギー剤等の効果は十分に得られません。

また、喉の上のあたりに絡みついた鼻水が違和感となり、体が勝手に咳で出そうとしますが、取れずに咳ばかりが続くようになります。

そうすると気管支がやられ、気管支炎や肺炎に移行したりします。

ちなみに、後鼻漏は鼻水の症状のため風邪やアレルギー性鼻炎の時にひどくなるようです。
まずは、根本の原因である鼻水を治さないと後鼻漏の症状は治まりません。

スポンサーリンク

なかなか取れない鼻水を出すおすすめの方法は?

後鼻漏の鼻水はなかなか取りきれないため、しんどい思いをする人が多いです。
色々調べてみた結果、口コミでも効果が高かった方法を紹介します。

ほお骨プッシュ

まずは、左右どちらの鼻がつまっているかを正確に知ることが肝心です。

指で片鼻ずつ抑えて息を鼻から吸い込み、つまっているほうを確認します。

上の写真の●がついた部分の小鼻(鼻の膨らんだところ)の上端のへこんだところで、そのやや外側に右鼻なら右手、左鼻なら左手の人さし指の腹を当てて刺激します。

痛気持ちいくらいの強さ押しながら、外側に2秒ほど引っ張ります。

ちなみに、このツボは鼻通と呼ばれ正式名称は上迎香といいます。

新しく見つかったツボで、その名の通り鼻の通りをよくすることから、花粉症や鼻づまり、蓄のう症やいびきにも効果があるといわれています。

ほお骨引き上げを含めたほお骨プッシュは、朝と夜の入浴後1日3回に行うとより効果的です。

そのほか、日中に鼻づまりで困ったときにも行うといいでしょう。
とても簡単な体操ですが慣れるまでは動きを確かめながら行ってください。

副鼻腔炎の人は、ほお骨引き上げをすると痛みを強く感じる人もいます。
しかし、すぐに膿(うみ)が流れ出すという人も大勢いるのでぜひ試してみてください

重曹鼻腔洗い

通常の鼻腔洗いでは生理食塩水を使いますが、実はそこに重曹を加えるだけでさらに効力がアップします。

また、重曹には刺激を抑える緩衝作用があるため、生理食塩水で行うより鼻粘膜への刺激が減り、痛みを感じにくいというメリットも。

重曹鼻腔洗い液の作り方は、500mlのぬるま湯に塩5g、重曹2.5gを混ぜ合わせるだけです。

初心者でもできるコップで行う鼻うがいの方法はこちらから

子供でもできるコップで簡単な鼻うがいのやり方。痛くないコツや花粉症や蓄膿症、鼻炎への効果や注意するポイントについて
風邪や花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)におすすめされる鼻うがい。 痛そう、難しそうとなんとなくハードルが高そうに見...

重曹鼻腔洗いの鼻症状に対する効果は、米国の大規模研究でも科学的に明らかになっています。

研究では、抗菌剤を使わず2週間の重曹鼻腔洗いを行ったところ、鼻づまりによる症状が70%解消し、鼻水や後鼻漏も55~70%で解消したといいます。

なお、重曹鼻腔洗いは症状を治すという治療効果があるものではありません。

鼻水や膿を取り去ることで、鼻粘膜の自然治癒力などの働きを阻害しているものを排除できるため、鼻本来がもっている洗浄機能や免疫作用、加湿作用が高める効果が期待できます。

後鼻漏で悩んでいる方の多くは鼻水の不快感がいくら鼻をかんでも取れなかったり、すっきりしないことが挙げられるため、一時的にでもすっきりさせたいならおすすめです。

後鼻漏の場合は耳鼻科での診療が必要です

後鼻漏は、市販薬で治したり民間療法での完治は難しい病気です。

鼻風邪が悪化してしまっている状態のため、早めの受診が先決です。

その上でほお骨プッシュや重曹鼻うがいなどうまく組み合わせてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする