雨の日の花粉は少ないってウソ?酷くなる原因と一緒に調べてみた。

うちの旦那は花粉症です。

雨の日でも「鼻がムズムズする‥‥」とぐすぐすした鼻が辛そうでした。

花粉症対策として加湿器が推奨されているくらいなので雨の日の花粉は少なそうなのになぜでしょうか??

また、実は雨の日になると花粉症が酷くなる人もいるんだとか!!

実際に雨の日の花粉の関係や、なぜ花粉症が酷くなるのか調べてみました。

スポンサーリンク

雨の日って実際、花粉は少ないの?

雨の日になると実際問題、花粉は飛びにくくなるため飛散量は少なくなります。

とはいえ、雨の日でも花粉でも飛んでいますし、降雨量が少なかったりすると花粉の飛散量はあまり変わらないそうです。

それよりも問題なのは、雨の日の特に降り始めだと空気中の花粉が雨とともに落下して飛散数が増えることもあるということ。

あるお医者さんの意見では、「雨の翌日は花粉飛散数が翌日回しになり、倍量飛ぶと考えた方がいい」という意見も。

特に 花粉は濡れると殻が破れて内容物が漏れ出すため、 降り始めの雨には空中に飛散していた花粉と漏れ出た花粉とで、多くの花粉エキス入りの雨になっているんだとか。

スギやヒノキの木からの花粉の飛散量は少なくても、空中の飛散数が多くなるため、雨の日(特に降り始め)は花粉症が酷くなると感じる人も多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

雨の日に花粉症が酷くなる3つの原因は?

雨の日になると和らぎそうなイメージがある花粉症ですが、実際に雨の日のほうが花粉症が酷くなると感じる人も多いようです。

その原因について詳しく解説していきます。

気圧の変化

この雨の日の花粉症の悪化には 気圧 が関係しています。

晴れた日は気圧が高いのに対し、雨の日というのは気圧が低くなるのは、皆さんもご存知ですよね。

実は人間の身体というのは気圧が下がると体内でヒスタミンという物質がたくさん分泌されます。

そしてこのヒスタミンこそがアレルギー反応や花粉症を引き起こす物質です。(花粉症の薬は抗ヒスタミン剤が使われているのはこのためです。)

雨の影響で気圧が下がり、ヒスタミンが多く出るからいつもよりアレルギー反応が強く出てしまうわけです。

副交感神経が有利になる

雨の日は気圧が下がることによって、副交感神経が優位に立ちやすくなります。
副交感神経が優位に立つと、アレルギー症状が活発になるといわれています。

そのため、雨の日はアレルギー症状が活発になるため、花粉症が悪化しひどいくしゃみなどに悩まされることになります。

副交感神経が優位=リラックスした状態だと花粉症は悪化しやすいのはなんとなくイメージがわく人もいるのではないでしょうか。

確かに仕事中はあまり感じなくても、家に帰ったり1人になると酷くなることありますもんね。

花粉以外のアレルギーが出ている

花粉症だけでなく何かしらのアレルギーがある場合、体がアレルギー体質となっているため、なんらかの異物に対して過敏な反応をしている場合があります。

花粉症に似たアレルギーとして、カビハウスダストがあります。

雨の日になると、自然と屋内にいる時間が増えるため、部屋の中のカビやハウスダストを多く吸い込んでしまってアレルギー反応が出ていることがあります。

しかも、花粉症がピークのときは寝不足やイライラでしっかり疲れもとれず、体内環境も最悪のかたも多いはず!

普段はなんともなくても、調子が悪かったり疲れか溜まってるとアレルギー反応が強く出ることがあります。

それだけでなく、雨の日は湿気が高いため、数日雨が続けばカビにとっては理想的。

そのぶんアレルギーが発症しやすくなっています。

 雨の日にアレルギー症状がひどくなる5つの原因についてはこちらから

雨が降るとくしゃみが止まらない!アレルギーが酷くなる5つの原因とは?
雨が降るとくしゃみが止まらない!! 春や秋など花粉症の季節ならもしかして花粉症以外の可能性もあるかな?と不安になりますよね。 ...

雨の日の花粉は少ないは本当だけどウソ。しっかりした対策が必要。

晴れて気圧の高い時よりも、雨で気圧の低い時のほうが花粉症の症状がひどくなるのはこういった理由があったんですね。

空気中にただよっている花粉の量は多い上に、体も反応しやすい状態なっちゃうなんて、そりゃしんどいはずです。

メディカルプラザ平和台病院(千葉県我孫子市)耳鼻咽喉科の今井透医師によると、「うまく花粉を回避するには、環境省のウェブサイト『はなこさん』などでリアルタイムの花粉飛散情報を確認するといい」そうです。

花粉症を和らげる1番の方法は花粉には触れない、体内には入れないことです。

花粉を水に変えるマスクや花粉ブロックスプレーなど、便利なグッツはたくさん販売されているので、上手に利用してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする