花粉症におすすめ市販薬ランキング効果や強さ、眠くならないものなど口コミを元にまとめました。

鼻づまりや目のかゆみなど、春の季節になると憂鬱な気分にさせてくれる花粉症

市販薬の中でも効果がでやすい薬や副作用が出にくい薬があります。

ドラックストアで購入できる花粉症の薬について、強さや副作用など口コミを元にランキング形式でわかりやすく解説します!

スポンサーリンク

花粉症に効果のある市販薬を強さや副作用を踏まえてランキング形式に紹介するよ

花粉症に効果のある薬って実は色々種類がありますが、どれが1番効果があるのか気になりますよね。
また、効果だけでなく気になるのが副作用

そこで、市販薬の強さや副作用を口コミを元におすすめランキングにまとめました。

 アレグラFX

CMでも放送されているので認知度も高いアレグラFX。

眠気などの副作用だけでなく、集中力、判断力、作業能率の低下といった気づきにくい能力ダウン(インペアード・パフォーマンス)も起こしにくいお薬です。

病院でもらう薬(医療用医薬品)と同量配合されているため、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどのつらい症状に対して、十分な効果が期待できます。

効果と副作用のバランスが良く、また病院でも1番処方されています。

成分 フェキソフェナジン塩酸塩
用法 1回1錠、1日2回朝夕に服用
用量 15歳以上

 アネトン®アルメディ鼻炎錠

created by Rinker
アネトン アルメディ
¥1,223 (2018/10/20 07:18:39時点 Amazon調べ-詳細)

咳止めの赤いアネトンが有名ですが、実は鼻炎verも発売されています。

第一世代の抗ヒスタミン薬に血管収縮作用を持つ薬や生薬のエキスが配合された市販薬で、クロルフェニラミンマレイン酸塩の配合量が市販薬の中で最も多い市販薬です。

第一世代の抗ヒスタミン薬が高用量配合されているため、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに優れた効果を発揮します。

ただし、花粉症薬の難点である副作用も他の市販薬に比べて強くでる可能性もあります。

特に口の渇きと眠気の副作用が出やすいので、このような症状が続いた場合には医師または薬剤師に相談してください。

普段は他の市販薬を使って、どうしても花粉症の症状を抑えたい時もしくは寝る前だけアネトン®アルメディ鼻炎錠を使うという感じがおすすめです。

成分 プソイドエフェドリン塩酸塩
クロルフェニラミンマレイン酸塩
サイシン(細辛)エキス
カンゾウ(甘草)末
シンイ(辛夷)エキス
ショウキョウ(生姜)末
用法 1回1錠、1日3回食後に服用
用量 成人(15才以上):1回3錠
11才以上15才未満:1回2錠

 アルガード®クイックチュアブル

水なしでいつでも飲めて口の中でもすばやく溶けるチュアブルタイプ。

非鎮静性の抗ヒスタミン薬であるメキタジンに効き目も早い血管収縮作用を持つフェニレフリン塩酸塩などを加えた市販薬です。

水なしでいつでもどこでも飲める手軽さが魅力です。
この速攻性と使いやすさで第三位にランクインしました。

なお、眠気の副作用は比較的少ないと言われています。

成分 メキタジン
フェニレフリン塩酸塩
ベラドンナ総アルカロイド
用法 1回量1錠、1日服用回数3回
服用間隔は4時間以上空けること
用量 15歳以上

第4位 アレジオン20

花粉症の薬といえば、アレグラかアレジオンを思い浮かべるくらい有名ですよね。
効果に比べ眠気を感じる人が多いためこの順位にしました。

コスパもあまり良くないですが、1日1回でいいという手軽さがとにかく人気です。

主成分であるエピナスチン塩酸塩が10mgのものもあるため、強すぎる場合は使い分けしてみてください。

成分 エピナスチン塩酸塩
用法 1日1錠
用量 15歳以上

第5位 ストナリニ®Z

処方箋薬ジルテックと同じ有効成分を含んでいるストナリニ®Z。
有効成分が早く溶けるジェルタイプも販売されています。

ジルテックは処方箋薬のなかでも効果が強いと定評があります。
ですが、忘れちゃいけないのが副作用の強さです。

眠気だけでなく、口の渇きを強く感じる人が多い印象です。

本当に花粉症が辛いときや外に出ないときに、寝る前に飲むのがおすすめです。

成分 セチリジン塩酸塩
用法 1日1回1錠
用量 15歳以上

スポンサーリンク

花粉症に効果のある薬ってどんな薬?

花粉症はアレルギー症状です。

花粉症用の内服薬には、大きく分けて抗アレルギー成分のものと抗ヒスタミン成分のものがあります。

抗アレルギー成分は症状の発生を抑えるために使うのが効果的で、症状がまだ軽いうちから服用しておくのが最適です。

一方で抗ヒスタミン成分を含んだ薬は、すでに症状が強く表れている時に効果的と言われています。ただし、前立腺障害や緑内障の方は服用できないので、十分注意してください。

抗ヒスタミン剤は発売された年代などから第1世代第2世代に分けられてます。

第1世代抗ヒスタミン剤は抗アレルギー成分の他にもさまざまな成分が組み合わされており即効性に優れている反面、副作用の眠気が併発しやすい特徴があります。

第2世代抗ヒスタミン剤には、抗アレルギー性非鎮静性に分けられます。

抗アレルギー性に属する薬は、第二世代の中でも薬効が高い薬です。
ヒスタミンの働きを止めるだけでなく、ヒスタミンなどのケミカルメディエーターが免疫細胞から放出されるのを防ぐ効果も持っていますので、花粉症の予防効果も期待できます。

一方、非鎮静性は、第一世代の副作用を改善したものです。
他の薬と比べて「眠くなりにくい」のが特徴です。

抗ヒスタミン剤の副作用って?

花粉症の薬である抗ヒスタミン剤の副作用は、実は眠気だけではありません。

口の渇き、頭痛、眠気、めまいなど、さまざまな症状が副作用として報告されています。
私が花粉症の薬を飲んだときは、口の渇きだけでなく味覚が鈍くなりました。

副作用の出方には個人差があるため、どの薬が副作用がでにくいと一概にはいえません。
日常生活に師匠を及ぼすような副作用と考えられる症状が出た場合は、すみやかに医師や薬剤師に相談してください。

花粉症は自分にあった薬を使うと楽になるよ

我が家は旦那や母だけでなく、兄弟もみな花粉症です。

ですが、面白いことにどの薬が1番効果があるかは人によって違います。
花粉症の症状の重さだけでなく、体質の違いや生活環境の違いが影響しているようです。

花粉症は確かに辛いですが、自分にあった薬が見つかるだけでもだいぶ楽になりますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする