子供でもできるコップで簡単な鼻うがいのやり方。痛くないコツや花粉症や蓄膿症、鼻炎への効果や注意するポイントについて

風邪や花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)におすすめされる鼻うがい。

痛そう、難しそうとなんとなくハードルが高そうに見えますが、コツさえつかめば実はとっても簡単です。

初心者や子供でもできるコップで行う痛くない鼻うがいのやり方のコツや鼻うがいをする上での注意点、花粉症、副鼻腔炎、蓄膿症への効果についてまとめました。

スポンサーリンク

コップで行う痛くない鼻うがいのやりかた

鼻うがい・鼻洗浄の手順を詳しく紹介します。

はじめのうちは上手くできないかもしれませんが、慣れれば簡単です。
コツとともにご紹介します。

【 準備 】鼻が痛くならない食塩水や専用の洗浄液を用意

お風呂やプールで水が鼻に入れると、鼻の奥や耳の奥にツーンとした痛みを感じます。
実はこれ、水と体液の浸透圧の差によるものなんです。

体液に近い0.9%の塩分を含んだ食塩水(生理食塩水)を使うだけで痛みなく行うことができますよ。

鼻うがい用の洗浄液の作り方

自分で生理食塩水を作る場合、まずコップ一杯分の生理食塩水を作ります。
だいたい200㏄のぬるま湯に食塩1.8g(小さじ2分の1弱)を入れてよくかき混ぜます。

水道水を使用する場合には、必ず一度沸騰させて冷ましたものを使用してください。
また、作った生理食塩水はその都度使い切るのがおすすめです。

0.9%食塩水を作る上での食塩量の目安
  • コップ1杯(200ml):1.8g(小さじ2分の1弱)
  • 1リットル:9g(大さじ2分の1)

食塩水を作るのが面倒な場合、鼻うがい・鼻洗浄専用の洗浄液もあります。
コップではなく、片手で持てるスポイトタイプなど専用の容器つきのものがほとんどです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小林製薬 ハナノア(300mL)【ハナノア】
価格:862円(税込、送料別) (2018/3/17時点)

【 実践編 】鼻うがい、鼻洗浄の方法

作った食塩水が一肌くらいまで冷めたらさっそく鼻うがいを行います。

はじめはお風呂に入りながら行うのがおすすめです。
こぼしてしまっても大丈夫だし、体も温まっている分鼻水も出やすくなっています。

コップで行う場合、洗浄液を入れようと顔を上にしてコップから流し込むようにする人がいますが、それは間違ったやり方です。

正しい鼻うがいのやりかた
  1. 顔を下に向け、コップを傾ける。
  2. 片方の鼻を押さえ反対側の鼻からむせないように「エー」と声を出しながら、ゆっくり洗浄液を吸い込む。
  3. 鼻の奥まで洗浄液が届いたことが感じられたところで、コップを離す。
  4. 同じ鼻から、洗浄液をゆっくり出す。
  5. これを左右交互に3~5回行う。
  6. しばらく下を向いて鼻から洗浄液が出てきたら静かに鼻をかむ。

奥までしっかり入れて口から出す方法もありますが、はじめはなかなか難しいので鼻から吸って鼻から出す方法でまずは鼻うがいに慣れましょう。

花粉や風邪のウイルスは鼻の入り口に多くついているという研究結果があるため、入り口部分が洗えるだけでも風邪予防や花粉症対策には効果的です。

洗浄時のポイント

洗浄液を吸い込んだ際、「エー」などと声を出しながら行うと耳への圧力が軽減され液の誤飲も防げます。

鼻うがいを初めて行う場合や小さい子供に鼻うがいをさせるときには、無理にコップから流し込むのではなくコップにストローをさして行うと簡単です。

コップのときと同じように片方の鼻の穴を指で押さえながら、もう片方の鼻の穴からストローで食塩水を吸い込みます。

鼻の奥に洗浄液が入った感覚があったら吸うのを止め、あとの手順は同じです。

通常のストローより、タピオカドリンクやスムージーに使われるような太めのストローを使うと鼻の奥に突き刺さって鼻腔内を傷つける心配もないのでおすすめです。

また、ストローであれば毎回新しいものを使用できるため、清潔に鼻洗浄をすることができます。

ストローでも難しい場合は、100均で売っているような鼻の穴に差しこめるサイズの容器ノズルのついたプラスチックボトル(ドレッシングボトル)を用意すると便利です。

洗浄後のポイント

洗浄後しばらく下を向いて鼻から洗浄液が垂れてくるのを待ち、静かに鼻をかみます。

すぐに鼻をかんだり、勢いよく鼻をかむと、鼻腔内の洗浄液が耳管に入ってしまうことがあります。

これは中耳炎の原因を招いてしまうので、ゆっくりと片鼻ずつ鼻をかむようにしましょう。

スポンサーリンク

鼻うがいをするなら守るべき5つのポイント

意外と簡単な鼻うがいですが、注意するべき5つのポイントがあります。

その1:水道水をそのまま使わない

鼻の粘膜は非常にデリケートです。
水道水をそのまま鼻うがいに使ってしまうと、どのような微生物が付着するかわかりません。

日本の上下水道は衛生管理のしっかりしでいるのでそれほど心配する必要はありませんが、海外では水道水で鼻うがいをして微生物が鼻から脳内に入り込んで脳炎を起こした事例がいくつか報告されています。

また、水道水に含まれる塩素が鼻うがいするときに鼻が痛くなる原因になっています。

鼻うがい用の洗浄液を自分で作る場合、水道水はしっかり煮沸消毒すると同時に、塩素も飛ばしてしまいましょう。

その2:生理食塩水は作り置きしない

ま煮沸消毒した水道水は、塩素が抜けてしまっているので保存することはできません。
衛生的に行うためにも、その都度使い切るようにしましょう。

その3:鼻洗浄をしているときはつばを飲み込まない

つばを飲み込んだり、鼻から回った食塩水を飲み込むことで耳に洗浄液が入る恐れがあります。
耳に水分が入ると中耳炎の原因になります。

飲み込まないためにも、鼻うがいをするときには軽く「エー」と声を出しながら鼻うがいするやり方が推奨されています。

慣れないうちは奥まで無理に入れようとせず鼻の入り口だけ洗うようにしましょう。

その4:冷たい水を使わない

いくら冷ました後とはいえ、冷たすぎる食塩水を使うと鼻が痛くなります。
寒い日に外に出ると鼻が痛くなるとの同じ原理です。

おすすめは人肌(30〜35度)ですが、最低でも25度以上のものを使うと鼻が痛みにくくなります。

塩分濃度についても同じです。

のどが痛いときにはやらない

鼻に炎症があって鼻づまりがひどいときや、のどに炎症があるときは鼻うがいは行わないようにしましょう。
また鼻水がのどに流れる後鼻漏のときも、食塩水が残りやすくなるため行わないようにしてください。

鼻うがいをすることで得られる風邪予防や花粉症、蓄膿症(副鼻腔炎)への効果

鼻うがいをすると、なかなかでない鼻水をすっきり洗い流すことができるため、鼻づまりなどにも効果的です。

また、風邪のウイルスや花粉、ホコリは鼻の奥の上咽頭といわれる部分に付着するので、しっかりと上咽頭を洗い流すことができる鼻うがいは、喉のうがいよりも効果的な風邪予防や花粉症対策になると言われています。

また、蓄膿症(副鼻腔炎)の場合、鼻うがいでは副鼻腔を直接洗い流すことはできません。
ですが、鼻の中の粘り気のある鼻水を洗い流すことができるため、蓄膿症の予防や症状の緩和に役立つと考えられています。

1日1回鼻うがいですっきり鼻づまりを解消しよう

花粉症のため鼻づまりがひどく、なかなか寝付けない時期も鼻うがいをすると本当にすっきりします。
ただ、すっきりするからといって、1日に何度もやると鼻の粘膜から出る粘液も鼻うがいと同時に流してしまい、かえって粘膜の繊毛運動を妨げてしまうことになります。

通常の鼻うがいは、1日の終わりに行うのがおすすめです。
寝る前の歯磨きや、外から帰ってきて入るお風呂場で行うと1日の汚れを取ることができます。

また、寝る前に鼻うがいをすることで、睡眠中の鼻づまりを抑えることができるため安眠につながります。

花粉がピークのときや、風邪で鼻の奥が辛いときでも1日3回を上限にしてください。いずれにしてもやり過ぎには注意が必要です。

鼻づまりは頭もボーっとするししんどいですよね。
鼻うがいで洗い流して、すっきり過ごしてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする