オーガニックコットンと無添加コットンの違い。アトピーや赤ちゃんの肌に優しいのはどっち?

肌に少しでも刺激がない生地で探すと、ガーゼやコットン素材のものが多くなります。
ですが、コットンの表示には「無添加」「オーガニック」と2種類。

この違いって知っていますか??

アトピーや敏感肌、赤ちゃんグッツなどでよく見かける無添加コットンとオーガニックコットンの違いや肌に優しくおすすめのものについてご紹介します。

スポンサーリンク

オーガニックコットンと無添加コットンの違いって?

オーガニックと無添加と、なんとなく肌に良さそうなイメージがありますよね。

この2種類の大きな違いとしては綿花の生産段階での農薬使用の有無製品の製造段階での化学薬品の使用の有無です。

どの段階で農薬や化学物質を使っていないかで判断基準が分かれて表示されています。

それぞれ、メリットどデメリットに分けて詳しくご説明します。

オーガニックコットンのメリットとデメリットとは?

オーガニックコットンとは、3年間農薬を使用していない土地で農薬を使用せずに栽培された綿のことを言います。

オーガニックコットンは、糸・生地にした製造過程でも化学薬品を使用せずに作られたコットンのことが多いのですが、まれにオーガニック製品でも製法で化学処理をしてあるものも。

多くの農薬や落葉剤など使用されていない分天然の油分を保ち、繊維の状態が正常なため洗濯しても繊維に弾力性があり、肌触りがやさしいと言われています。

  • メリット

農薬を使用しないため農場付近の環境が良くなる。

また、オーガニックコットン協会のマークがついていれば、そこが認定している薬品以外は使用されていないほか発展途上国で過酷な労働を強要されていた綿農家への支援になる。

  • デメリット

・農薬を使用しないので土地面積当たりの生産量が減少しているため、価格が高い。
・製造過程でも漂白など化学薬品を使用しないため生成りがメインデザインも素朴なものが多い。
・油分が残っているため、はじめは吸水性が悪いことも。
・100%オーガニック素材なのかは不明。(基準がないため、たとえ20%配合されただけでもオーガニックと呼べる

無添加コットンのメリットとデメリットとは?

無添加コットンとは、糸や布、製品の製造段階で必要以上の化学薬品を使用していない綿製品のこと。
製造時の農薬の有無は関係なく、製造段階のみの判断になります。

しかし、「無添加」との表示に現在法律的な規定はありません。
製品に「〇〇無添加」と表示されていていも、その添加物以外の添加物が使用されている場合があります。

なにが使われていて、なにが使われていないのかしっかり確認する必要があります。

  • メリット

・多くの無添加コットンは柔軟剤や蛍光剤を使っていないため、肌に優しい。
・化学物質アレルギーでも、安心して使用できるものが多い。

  • デメリット

・化学薬品(染料・柔軟剤・漂白剤等)を必要以上使用していないので色は生成り素朴なものが多い。
・多くの無添加コットンは少し固め。( 肌さわりに関しては物理的に処理されていて柔らかい場合もあり。)

スポンサーリンク

オーガニックと無添加、アトピーや赤ちゃんへはどっちがおすすめ?

林先生の初耳学でも取り上げられていましたが、実はオーガニックコットンと通常のコットンの大きな違いは素材である綿花の栽培労働環境と言われています。

オーガニック協会で認定されているコットンの場合限定ですが、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従い3年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で農薬・肥料の基準を守ることが約束されています。

また、綿花の多くは発展途上国で栽培されていて、過酷な労働環境から社会的規範を守って作られているため、地球環境に優しいというメリットが1番に挙げられます。

また、オーガニックという言葉が一人歩きしているため、100%オーガニックでないものや生地へと製造過程では化学薬品が使われているような粗悪なものも多く出回っています。

オーガニックを選ぶときは、オーガニック協会認定のものか(または100%オーガニックかどうか)、製造過程でも化学薬品は使われていないか、この2点を確認してから選ぶことが大切です。

それに比べ、無添加コットンと表示があるものは、製造過程で必要以上の化学薬品を使っていないものになります。
その分、どうしても風合いが硬いものが多いですが、何度か水通しをすれば柔らかくなります。

ただ、もちろん洗濯をするときに蛍光剤や柔軟剤を入れて洗えばまったく意味がありません。
化学物質アレルギーの方が使っているようなエコ洗剤や蛍光剤、柔軟剤無使用の洗剤を選んで洗濯する必要があります。

これらのことを踏まえて考えると、無添加コットンがおすすめです。

オーガニック協会に認定されていて、製造過程でも化学薬品が使われていないのであれば問題ないですが、製造過程で柔軟剤など使われていたら何の意味もないと思いませんか?

また、確かに環境がよくなったり、社会貢献になるのは魅力的ですが、これからかかる教育費などを考えると少しでも安く済ませたい!!と私は思ってしまいます…(>_<)

また、アトピーでひどい化学物質アレルギーを持っている場合、無添加コットンであればある程度安心して使えます。

気になる残留農薬も製造過程で消えてしまうくらいのため、そんなに気にしなくていいという研究結果が出ています。

私の場合、旦那と妹がアトピーですが、オーガニック・無添加うんぬんよりも肌触りが硬いほうが肌に刺激が強くて痒くなるといいます。

オーガニックの場合、製品によっては油分が多くなかなか柔らかくならないため、大変というデメリットも。

また、2人とも化学物質アレルギーってほどでもないので、無添加でなくとも1度水通ししてしまえばあまり影響はないようです。

オーガニックコットンと無添加コットンの違いまとめ

オーガニックコットンとは、

  • 3年間農薬を使用していない土地で農薬を使用せずに栽培された綿花で作られたコットン
  • 化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、
    労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造されている
  • 社会貢献に繋がる

無添加コットンとは、

  • 製造過程に漂白剤や蛍光剤、柔軟剤が使われていないコットン
  • 化学薬品が使われていないため、化学物質アレルギーの人も安心して使える
  • 色はオフホワイト(きなり)がメイン。素朴な雰囲気

オーガニックコットンと無添加コットンの違いとは、薬品が使われていないのが栽培時が糸や布などへの製造時かの違いが大きな違いです。

違いを知っておくことで、環境への貢献や少しでもいいものを使いたい、または子供に使わせたい場合などオーガニック協会認定の無添加コットンを使うなど様々な選択肢で選ぶことができます。

アトピーや肌が弱い赤ちゃんが使うコットンの場合、オーガニックか無添加かの違いで選ぶのも大切ですが、それよりも肌触りの方が大事だという意見を持っているひとが多かったです。

どうしても天然の油脂分を含むため比較的硬めが多いオーガニックや無添加コットンですが、その場合は何度か水通しをすることで柔らかい仕上がりにすることが出来ます。

色々調べてみた結果、「オーガニック」や「無添加」という言葉だけが独り歩きしていて、私を含めた多くの人がきちんとした意味や根拠を元に商品を選んでないな、と改めて実感しました。

私はいま妊娠中ですが、私も旦那も肌が弱い家系なので、きちんとした素材のものを用意してあげられたらなと思っています。



オーガニック協会認定のオーガニックコットンを使用し、生地から縫製まで日本でひとつひとつ丁寧に作っているOrganically。

ベビーをはじめ、アレルギーや皮膚の弱い方にも安心して使えると出産祝いなどにも人気です。

代官山のショップにも行ったことがありますが、優しい雰囲気の店内と柔らかな手触りの素材がおおく、子供のおくるみを買ってきました。

出産祝いや生まれてくる子供のグッツなど、迷っているかたにおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする