妊婦の空腹対策にもおすすめお腹が空いて眠れない夜に安心食材やレシピまとめ

お腹が空いて空いて仕方ない!

ダイエット中や妊娠中など体重管理をしていると、特に夜中にお腹が空いて眠れないなんてこともありますよね。

そんなときでもパパッと作れて低カロリーなのに腹持ち良く、しかも栄養価も高い♡妊娠中やダイエット中に嬉しい食材やレシピを紹介します。

スポンサーリンク

とにかくお腹がすく妊娠中。どうやって食べたらいい??

つわりが落ち着いてくると、びっくりするぐらい食欲が起きる人もいます。
私がそのタイプでした。

検診のたび体重制限ギリギリラインをクリアしていました。

妊娠中期の終わり頃から後期に入ってくると、お腹も大きくなるため胃が圧迫されるため量が食べられず、お腹が減っているのに食べられない…なんて日も。

そんなときは、1日3食ではなく5食にわけるなどちょこちょこ食べるのがおすすめです。

分割食にすることで、一気に血糖値が上がるのを防ぐことができるので妊娠糖尿病の予防にも繋がります。

また、妊娠中だとしても、基本的なカロリー管理や栄養管理は変わりません。

  1. 良質なタンパク質をしっかりとり、炭水化物を控えめにする。
  2. しっかりお野菜をとり、ビタミン・ミネラル不足にならないようにする。
  3. 偏った食事をしない

この3つが大事になってきます。

それでは、お腹が空いて眠れないときでもおすすめの食材やレシピを紹介します。

お腹が空いて眠れないときでも食べられるおすすめの夜食10選

低脂肪高タンパク質、お財布にも優しいサラダチキン

コンビニで大人気のサラダチキン。
低脂肪高タンパク質のため、ダイエット中だけでなく妊娠中も強い味方。

サラダチキンと同じような鶏ハムも、実は簡単に作れますよ。
鶏胸肉が安い時に購入して作って冷凍保存しておくと、ちょっとした時に便利です。

☆祝1000☆ほんのりピンク色。そのままでもサラダに入れても、サンドイッチにしてもうまいよ。

タンパク質豊富なお豆腐

ダイエットといえば豆腐!というイメージすらあるお豆腐。

意外と脂質もカロリーも高いでため、一丁まるまる食べるのではなく半分くらいを目安にするといいですよ。

レンジでチンして薬味をつけて食べたり、湯豆腐などにすれば水分が多く、また温かい状態で食べられると満腹感を得られやすいだけでなく、胃への負担も少なくなります。

豆腐茶漬けなどにすると、「炭水化物が食べたい!」というときの代用品としても使えます。

素麺

実はビタミンやミネラルが豊富に含まれている素麺。

素麺自体カロリーが低いものではないですが、身体の代謝機能を高める効果が期待できます。

素麺のまま食べるよりも煮麺にして食べたほうが腹持ちもよく、体も温まり夜食にもおすすめです。

夜中に茹でるのが面倒!と思うなら、喜養麺がおすすめ!
漫画で見つけてお取り寄せしたのですが、あごだしが効いたじんわりした味わいが深夜に沁みいります。

ノンフライでフリーズドライにされた麺は、インスタントなのに1食72グラムあたり262キロカロリーと低カロリー。

無添加なため、離乳食期の赤ちゃんから食べられるくらい素材にこだわって作られています。

満腹感が得やすい春雨スープ

満腹感を得やすい春雨はダイエットのおともとして常連組。

低カロリーな上に、麺類の代用品としてもよく使われており、スープの種類も豊富なので飽きにくいのが嬉しいですよね。

こちらも温かく、水分が多いので胃に優しいお夜食です。
ちょっと小腹が空いたときに食べられるのも嬉しいんですよね。


冷え知らずさんの生姜シリーズは生姜だけでなく身体にも嬉しい和漢食材を使っています。
中に含まれるなつめや龍眼などは妊娠中に積極的にとりたい漢方の1つです。

水分と具で満腹感!味噌汁

created by Rinker
アマノフーズ
¥918 (2018/9/25 23:19:29時点 Amazon調べ-詳細)
味噌汁の具材も、わかめ、きのこ、豆腐などの低カロリーのものを選ぶと1食30キロカロリー程度に抑えられます。

温かく、水分がたっぷりなので満腹感を得られるだけでなく、発酵食品である味噌は便秘に悩む妊婦さんにもおすすめです。

入っている野菜などによって栄養のバランスを自分で考えて選べるので大変便利です。

体調がいい時に味噌玉を作って冷凍しておけば日持ちもするため、作り置きおかずとしても活躍してくれます。

安眠効果や便秘解消も期待できるバナナ

たっぷりの栄養が含まれるバナナは、セロトニンやアルギニン、マグネシウムなど疲労回復効果の高い栄養素が詰まっている上、安眠効果もあるので寝る前に食べる夜食としては大変オススメです。

また、マグネシウムは妊娠中の便秘にも効果的!
カリウムも豊富に含まれているためむくみがちな妊娠中は積極的に食べたい果物です。

ただ、バナナは1本で100kcalもあるので、食べ過ぎは禁物。
できるだけ1本に抑えるようにしましょう。たくさん噛むことで満腹中枢を刺激することも大事です。

カロリーが低いだけでなく、お肌にも嬉しいトマト

夜トマトダイエットというダイエット方法があるくらい、ダイエットの味方のトマト。
ビタミンが豊富なだけでなく、リコピンもたくさん含まれているトマトは、風邪予防に美肌効果、アンチエイジングと女性の強い味方です。

体を冷やすお野菜のため、出来るだけ常温か火を通して食べるのがおすすめです。
春雨スープに入れても美味しいですよ^ ^

黄色トマトが私のお気に入り。
赤いプチトマトより酸味が少ないため、果物のように食べられます。

洗って保存容器に入れておけば食べたいときにいつでもつまめますよ^^

スポンサーリンク

妊娠中はどうしてこんなにお腹がすくの?

妊娠中はホルモンバランスの変化で空腹になりやすい時期があります。
これはお腹の中の赤ちゃんが大きく成長することで母体に栄養が行き届かなくなっているため。

母体のエネルギーが不足することで血糖値が下がるため、摂食中枢が刺激されることで空腹感を感じやすくなり食欲が高まるのです。
特に妊娠中はこの血糖値が高くなったり低くなったりと繰り返すために空腹を感じやすいと言われています。

妊娠中期に入る頃にはつわりが落ち着くのもあり、食欲が湧いてくる時期。

よく「妊娠中は2人分を食べなさい」と言われる理由には赤ちゃんの栄養分もしっかり摂らなければならないという意味。

決して2人分のカロリーをとるのではなく、あくまで赤ちゃんの栄養分を摂るという意味です。

妊娠中のカロリー目安
  • 妊娠初期 +50Kcal
  • 妊娠中期 +250Kcal
  • 妊娠後期 +500Kcal

妊娠中の異常な食欲の原因は?

空腹が強くなる原因には

  • 胎児の成長のための栄養が足りていない
  • 足りない栄養素がある
  • 血糖値の上げ過ぎ
  • 白ご飯をしっかりと食べていない
  • パン食が多い

こういったことが原因としてあります。

以上の5つが原因があると空腹を感じやすくなります。

特に夜中にお腹が減らないようにするためにも、夕食はあくまでバランスの摂れた食事をすることが大切です。

妊娠中は特にローカロリーを意識しつつ栄養はしっかりとるのが大切

妊娠中に限らずですが、女性の場合ダイエットをすると1番に食事を減らす傾向があるため、一時的に栄養が足りない状況に陥りやすく、そのせいもあって低体重児出産になったり、子供が生活習慣病にかかりやすくなるなど、色々な問題が出ています。

必ず、ローカロリーは意識しても栄養はしっかりあるものを取るように心がけてくださいね!

最後までお読みくださりありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする