アロマディフューザーのピンク汚れやぬめりの落とし方を原因・予防法と一緒に写真付きで詳しく説明します♪

乾燥する季節や花粉症の時期に大活躍の加湿器。
アロマを入れられるタイプも人気ですよね。

我が家ではニトリで購入したアロマディフューザーを使っています。

水入れをしていると気になるのピンクの汚れや機械につくぬめり

加湿器を使って入れば1度は悩んだことがあるピンクの汚れやぬめりの落とし方を原因と予防策と一緒写真付きで詳しく紹介します♪

スポンサーリンク

アロマディフューザーの掃除の仕方を詳しく説明するよ!

アロマディフューザーの掃除をする場合、あまり強い洗剤使えません。
また、落としたい汚れにはクエン酸がおすすめです。

人体に無害なだけでなく、ドラックストアや100均で手に入ります。
ちなみに私はセリアで購入しました♪

なぜ加湿器の掃除はクエン酸を使うの?
アロマディフューザーに付着するぬめぬめする水垢やピンク汚れの原因となるカビはアルカリ性の汚れです。
そのため、酸性の洗剤を使わないと見た目は落ちているように見えてもしっかり洗浄されていません。

掃除によく使われるセスキソーダや重曹はアルカリ性洗剤のため、今回はお休みです。

それでは早速、掃除の仕方を説明していきます。

その1:アロマディフューザーを分解してクエン酸をかける

お風呂場や流しなど、濡れても構わないところでアロマディフューザーを分解し、購入しておいたクエン酸を全体的に満遍なくスプレーして放置

粉末タイプのクエン酸を購入した場合は、しっかりと水に溶かして使用してくださいね!
100均で売っているようなスプレーボトルに入れて使うと使いやすいですよ。

10〜30分程度放置しておくだけで、クエン酸の洗浄効果である程度は汚れが落とせます。

その2:落ちていないところを優しく磨く

しっかりスプレーして時間を置いたとしても、こびりついている汚れはなかなか落ちません。
その場合はしっかり磨いて落としましょう。

古くなった歯ブラシ綿棒などで優しくこすると、あっという間に綺麗になります。

強くこすりすぎて傷がつくとその隙間に汚れが溜まり、カビの繁殖原因になるので優しくこするのがポイントです。

細かいところは綿棒がやりやすいですよ。
耳かき用綿棒でやると色が黒いため、取れているかわかりにくいけれど凸凹がフィットするのでおすすめです。

タンクの中もしっかりスプレーを塗布し、できれば1時間程度放置してください。

汚れがひどくなかなか落ちない場合、歯ブラシや綿棒が届かない場所なら1晩クエン酸液に漬け込むと綺麗になりますよ。

その3:クエン酸をしっかりすすぎ、乾燥させる

ピンク汚れが落ちたのを確認したら、クエン酸をしっかりとすすぎ落とします。
きちんと落とさないと、クエン酸の成分が凝固して白く固まってしまったり故障の原因となるので、必ずしっかりとすすいでください。

そのあとはすぐに設置せず、しっかり乾燥させます。

下にマイクロファイバーの布を引いておけば、びちゃびちゃにならないのでおすすめです。
これは3coinsで4枚1セットで購入したもの。

しっかり乾燥したら、お掃除は完了です♪

スポンサーリンク

アロマディフューザーをカビから防ぐ簡単な方法は?

  • 使わないときは水を捨て、乾燥させる

ついつい付けっ放しにしがちなアロマディフューザーですが、使わない時間帯や夜に水を捨てて乾燥させるとそれだけでピンク汚れ防止になります。

  • 水道水を使う

また、ミネラルウォーターや浄水器の水を使うのではなく水道水を使うと、微量に含まれるカルキが殺菌効果となり、カビの繁殖を防ぐ効果も。

  • 殺菌効果のあるアロマを使う

アロマオイルにも殺菌効果の高いものがあるので、そのアロマを選ぶのも効果的です。

殺菌効果の高いアロマには、ジュニパーベリー、ユーカリ、ペパーミント、ラベンダー、レモン、レモングラス、ローズウッドなどがあります。

私のおすすめは、ペパーミント

鼻づまりや鼻かぜなどの呼吸器のトラブルを和らげる効能があるので花粉症の時期にもぴったりだし、殺菌効果だけでなく消臭効果も強いアロマなんですよ。

ネズミやゴキブリのような害虫・害獣が嫌う香りのため、台所周りなどハウスキーピングに利用すると害虫避けの効能も期待できます。

アロマディフューザーのピンク汚れ。一体原因は?

いつの間にかいたるところに付着しているピンク汚れ。
お風呂場などにも発生するコイツの正体はセラチア菌ロドトルラ

なんだかドラクエにでも出てきそうな名前ですが、どちらも湿度が高い場所でよく発生する菌や酵母の一種です。

セラチア菌とは、水回りにはどこにでも存在している常在菌の一種。

湿度さえあればすぐに増殖していくのが特徴で、一般家庭でも風呂場や洗面台などの水周りでごく普通に存在している菌といわれています。

弱毒性であり、免疫力のある健康な人であれば、吸い込んだり皮膚についたとしても健康に被害を及ぼす可能性は低いのですが、小さな子供や高齢者、疲れや風邪で免疫力が落ちている場合やアレルギー疾患がある場合、重篤な感染症を引き起こす恐れがあります。

ロドトルラとは、赤色酵母とも呼ばれる酵母菌の一種。

風呂場の床や排水溝周りなどのピンク汚れの正体はだいたいこいつであり、垢や皮脂などの汚れを栄養源として成長します。

鮮やかなピンク色や赤色に見えるのは、このロドトルラが発生させる分泌物なんですよ。

どちらも重大な害を及ぼす心配があるような怖いものではありませんが、そのままにしておくといずれは人体に有害な黒カビをはじめとする真菌類が増殖してしまう可能性があります。

セラチア菌やロドトルラはカビに比べて増殖スピードが早いため、カビよりも先に出てくるいわゆる前兆のような存在と言われています。

こまめな掃除がアロマディフューザーを清潔に保つコツ

ピンク色の汚れが目についたら必ず掃除をするようにしてくださいね!
早めに掃除をすることでカビを予防する対策となりますよ。

だいたい1週間に1度はクエン酸を吹きかけ掃除をしてあげることで、綺麗なままアロマディフューザーを使うことができます。

ピンク汚れが出る前であれば吹きかけて放置するだけなので簡単ですよね。

いちいち掃除するのが面倒な人にはこんな商品がおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

除菌タイム 加湿器用 液体タイプ 500ml
価格:906円(税込、送料別) (2018/2/25時点)

加水部分に入れるだけで雑菌の繁殖を防ぐほか、ぬめりなども予防してくれます。
漂白剤のような鼻につく匂いもないし、毎回加水時に入れればいいだけなので楽ちんです。

だいたい3Lのタイプたと1本で1年分くらいもちますよ。

 加湿器の掃除にハイターって使える?

加湿器付空気清浄機の臭いが取れない!掃除にハイターやミルトンは使える?
花粉症やPM2.5の対策として空気清浄機を使われているかたって多いですよね。 そんな空気清浄機ですが、加湿器が付属しているタイプも...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする