七草粥の具材は?炊飯器を使った簡単な作り方やクックパットおすすめレシピ

お正月の疲れた胃にも優しいお粥。
特に1月7日の「人日(じんじつ)の節句」に食べられる七草粥が有名です。

七草粥というのだから7つの野菜が入ったお粥というイメージが強いと思いますが、実際はどんなお野菜を使うのでしょうか?

七草粥に使われる具材と一緒に、炊飯器を使った簡単なレシピやクックパットでも人気のレシピを紹介します。

スポンサーリンク

七草粥の具材は?

七草粥には、春の七草といわれる「せり、なずな、おぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」を入れるのが一般的です。

実は、それぞれの食材にはこんな効果があるんですよ^^

●芹(せり)
……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。

●薺(なずな)
……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。

●御形(おぎょう)
……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。

●繁縷(はこべら)
……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。

●仏の座(ほとけのざ)
……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。

●菘(すずな)
……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。

●蘿蔔(すずしろ)
……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

ちなみにこの7種類は、南北朝時代から室町時代前期にかけての歌人 四辻 善成(よつつじ よしなり)が読んだころから定番となり、七草粥自体は江戸時代に人日の節句が五節句の1つに定められたことから定着した、と言われています。

スポンサーリンク

七草粥の簡単なレシピは?

いまでは7日に近づくとスーパーなどで七草粥セットが売っていることもありますが、七草はいつ、どうやって入れればいいか、また、味付けは?と気になることってありますよね。

炊飯器で簡単に作る方法や、クックパットでも人気のレシピをレビューと一緒に紹介します。

炊飯器で簡単に七草粥を作る方法とは?

基本的には七草を細かく刻み、通常のお粥モードで炊くだけで簡単にできます。
七草の下ゆでも特にいりません。(下ゆでをした方がアクが抜けるため上品に仕上がります。)

野菜だけでは物足りない人は鶏肉を入れたこんな中華風の七草粥も美味しいですよ。

七草を入れただけのお粥は、本当に優しい味になっています。
そのため男性や子供には物足りないかもしれません。
私の場合、お肉をいれたり、昆布出汁を入れて味をつけると好評でした♪

残ったお粥は炊飯器に保温したままにすると痛みやすく、また糊状になって味が落ちるため、食べきれなかった分はタッパーなどにいれて冷蔵庫で保管し早めにお召しあがりください。

七草粥の簡単な作り方は?

七草粥の作り方は、通常のお粥に七草を入れる以外、特別なコツはいりません。
七草を細かく刻んでいれたら、普段お粥を炊くときと同じように作ります。

基本のおかゆ。を応用して七草粥に。野菜を別茹でします!若菜の香りや彩りのよさを存分に楽しんで。余りご飯なら15分で簡単に

もちろん、お粥ではなく余った冷やご飯をつかった七草雑炊風にしても美味しいですよ。

つくれぽ16人ありがとう七草粥が苦手な方におすすめ♪塩→鶏がらスープの素に変えるだけで食べやすくなる!子供も大好き

お正月に残ったお餅を入れると腹持ちもよくなるのでおすすめです。

つくれぽ140人達成大感謝です♡ 食べ切れないお餅を七草粥に入れてみました。 トロミアップで腹持ちもGood!

いろいろとアレンジも楽しめる七草粥で胃を落ち着かせて元気に仕事はじめへ

味がしないからお粥は苦手という人も多くいますが、鳥肉を一緒にいれて参鶏湯風にしたり、昆布出汁をいれたり、たまごをいれたりすると味がはっきりするほか、いろいろなアレンジも楽しめます。

お節やご馳走続きで案外気づかないうちに胃は疲れていたりします。
お粥など消化のいいものを食べて胃を休めるのも大切ですよ。

ちなみに七草粥のルーツは7種類の若菜を入れた七種菜羹(ななしゅさいかん)という汁物だそうです。

この風習が唐から日本へ伝わり若菜摘みという行事と混ざり今の形となったと言われています。

春の七草にこだわるのも素敵ですが、手に入らなかった場合はこだわらず7種の野菜で作ってみても美味しい七草粥となりますよ。

いろいろ試してみてくださいね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする