妊娠、産後のリフレッシュに。オススメしたい漫画紹介しちゃいます!

漫画大好き!活字大好きな私。

お腹が張ったり疲れたりしやすい妊娠中って地味〜な時間がありませんか?
妊娠してからというもの、妊娠関係の漫画を読んだりコラムを読んだりしている毎日です。

たくさん読んだ漫画のなかから、オススメの妊娠・育児漫画を紹介します!
妊娠中や産後の息抜きになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

妊娠中に読んでもらいたいオススメ漫画は?

妊娠中に読みたいオススメ漫画をあらすじと、独自目線で紹介します。

コウノドリ

created by Rinker
¥12,747 (2018/10/17 15:53:12時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。

毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせ。
その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産

年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。

おすすめポイント

綾野剛さん演じるサクラ、星野源さん演じる四ノ宮先生でドラマ化もされているので知っている方も多く、王道漫画の1冊。

妊娠する前から原作のファンでドラマも見ているのですが、妊娠してから読むと本当に考えさせられる漫画となりました。

「妊娠は病気じゃない」

確かにそうだし、忘れてしまいがちだけれど、妊娠って本当に大変で、奇跡で、当たり前のことなんかじゃない。
いまある命がかけがえのないものなんだな、と改めて感じさせてくれる漫画です。

ただ、産科医療現場のお話でもあるので、妊婦には怖いと思うお話もたくさんあります。

知っていたほうがいいと個人的には思うけど、リアルな話が苦手なら産後に読んだ方がいいかも?

子宮の中の人たち

created by Rinker
¥1,080 (2018/10/17 15:53:12時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

面白いのに泣けてくる。
命の誕生って神秘的!
子宮の中ではこんなことが起こっていたーー!?

月間1000万PV!妊娠中の体の中の様子をブログに描いてネット上で話題を読んでいる漫画「子宮の中の人たち」が待望の書籍化。

おすすめポイント

なかなかない、子宮をはじめとする妊娠中に起こる体内臓器が主人公の漫画。
コミカルで読みやすいのに、わかりやすいのが特徴です。

1ヶ月ごとの変化がわかりやすく書いてあるので、「なるほど〜」と思ってしまうことがたくさん。

個人的には、体の中の人と作者EMIさんの行動のリンクが面白く、わかるわかる!と頷いてしまったり、参考になったりと勉強にもなりました。

妊娠すると体の中はどう変化するんだろう?と疑問があったり、体調の変化をわかりやすく知りたい人に特にもおすすめです。

男性でも妊娠中の体のなかで起きている変化がわかる上、抵抗なく読める内容になっているので、パパに読ませるのもおすすめですよ。

透明なゆりかご

created by Rinker
¥2,778 (2018/10/17 15:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

看護学科の高校3年生の×華(ばっか)は母親のすすめで産婦人科医院の見習い看護師として働くことになる。

中絶の現場やその後処置を体験して一時は辞めそうになるが、出産の現場に立ち会い、生まれる命の力強さに感動し、仕事を続けていく決意をする。

看護師見習いの作者の実体験を、作者の考えと共に漫画化。
なかなか知れない産婦人科の裏側や出産を取り巻く環境、問題について知れる作品。

おすすめポイント

ADHLやアスペルガー作家として有名な沖田×華さんの高校生時代の体験を描いた作品。
もともと作者の沖田×華さんが好きで大体の作品を読んでいるのですが、この人の作品には嘘がないのと、綺麗事がないところが好きなんです。

どうしても「綺麗」になりがちな妊娠・出産だけれど、それに取り巻く環境や妊婦さんの心情、産婦人科で働く先生、看護婦さんの日常が等身大で描かれています。

コウノドリとはまた違った、リアルな現場の声を知れます。
母と子の、妊娠や出産に関する不思議な絆について考えさせられる作品です。

おひとりさま出産

created by Rinker
¥3,350 (2018/10/17 15:53:13時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

金はないけど、子が欲しい!
そんなアラフォー作者のおひとり様出産エッセイ。

自分も子どもも幸せになる、という覚悟を持って臨みます!

おすすめポイント

漫画家を目指しつつ、日々アルバイトで生計を立ててるアラフォー作者の七尾さん。

いや、本当すごいんですよ!
妊娠時の貯金は10万切ってて、子の父親のミウラさんは借金300万。とてもじゃないけど、子供作ってる場合じゃないでしょ?!と最初から突っ込みどころ満載です。

でも、「子供を産みたい、育てたい」と決めてから、目標貯金額を決めて週6で仕事をこなしつつ、しかもその時は妊娠6ヶ月…
なんともパワフルな女性です。

切迫流産で自宅安静時に知り、読んだ漫画なのですが、「大丈夫、七尾さんはこんなに働いても無事産んだ!私も大丈夫!」と、自宅安静で不安ななか、元気づけられた作品でした。

いまは育児編なのですが、やっぱり子供を保育園に預けながらお母さんしています。
出産・育児に不安がある人は特に元気づけられる漫画です。

スポンサーリンク

産後におすすめの作品は?

産後に読みたいオススメ漫画をあらすじと、独自目線で紹介します。
もちろん妊娠中でも育児について知れたり、自信に繋がるよ!

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK

あらすじ

赤ちゃんが生まれると、

「育児ってこんななの? 思っていたのと全然違う! 」
「もしかして、うちの子だけ? 私だけ?」

そんな悩みや葛藤、ときにはいきどおりや悲しみにかられているママたちも少なくありません。

「生まれる前に教えておいてほしかったのに……」

そんなママたちの声を聞き、生まれる前に知っておきたいこと、生まれてからでも絶対に役立つことをぎゅっと詰め込んだマンガが誕生しました。

自らも育児で悩んだイラストレーターのフクチマミさんが、ベビモママたちの体験を聞き、いろいろな角度から育児の悩みを解決していきます。
具体的な乗り切りテクニックと同時に、考え方を変えるだけでラクになることもアドバイス。

おすすめポイント

レビューの異常な高さにびっくりして思わず購入したこのマンガ。
14人のリアルママたちの声を元に、出産してからのさまざまな産後〜育児体験をコミカルに描いています。

他の育児書にはなかなか載ってないリアルな情報満載です。
確かに赤ちゃん目線の育児書はたくさんあるけれど、お母さんによりそったの育児書ってあんまりないんですよね。

それこそ、コノビーとか赤すぐnetみたいな体験記くらい…?

リアルな声満載で、その上でどうしてそうなっているか、またどうしたらいいかが可愛いイラストでわかりやすく書かれています。
出産をゴールとするのではなくスタートとして描かれている育児漫画です。

ママはテンパリスト

あらすじ

『東京タラレバ娘』、『海月姫』など漫画連載を多数かかえる作者、東村アキコさんの育児エッセイ。

初育児に毎日テンパりまくり(=あわてて動揺する)の毎日!!
息子ごっちゃんの、予想を裏切る驚愕リアクションの数々。

おすすめポイント

「すみません、育児なめてました」
そんなサブタイトルがついてるこの作品。

自分が育ててもらっていた頃の母もこうだったんだよな、と思いながら読みました。

なるほどーとか、わかるわかるとか、とても共感が得られるけど、かなり笑えるので育児中の気分転換とかにもおすすめです。
子供がいなくても、コメディコミックとしてぜんぜん楽しめます。

あとは、肩の力が抜ける漫画
私もそうだけど、プレママさんで「ああしたい、こうしなきゃ!」と思っていることが多い人は読んだほうがいいと思う。

自分の思い通りになんていかないのが育児だけど、でも、すごい楽しんだろうなと、不安な育児が楽しみになりますよ。

インド夫婦茶碗

あらすじ

インド人・サッシーと結婚した漫画家・流水りんこさん。

結婚を機に異国の地日本で生活をはじめたサッシーとの夫婦生活は、戸惑いと爆笑の連続!
出産&育児に国境の壁はあるのか!?

アットホームで笑える国際結婚異色ルポ。

おすすめポイント

インドで育った夫サッシーと日本で育った流水さんのやりとりが国際色豊かではあるけど、夫婦感の違いというか、育った家の違いでのやりとりが、わかるわかる!と共感しちゃいます。

長男アシタくん、長女アルナちゃんの出産から育児にはじまり、どんどん2人が成長していくなかで流水家に訪れる様々な問題を乗り越えていく姿がほのぼのとしていて好きな作品です。

寝つきが悪くて困っていたのですが、なぜかこのインド夫婦茶碗を読むと寝られるという、私の寝つきのための本(面白くないとかじゃないんですよ?)
多分、安心するんだろうな〜

根詰め過ぎないのもポイントかも

おすすめ作品を6つ、紹介させてもらいましたがなにか読みたいものはありましたか?
片付けるのも面倒だし、子供が生まれてからは物が増えたりするのも嫌なので、漫画は基本的に電子書籍で読んでいます。

キンドルやline漫画アプリなど試してみましたがBook Liveが蔵書もたくさんあり割引率やクーポンを毎日もらえるなど特典が多くて一番良かったです。

育児書とか妊婦用の雑誌など色々と勉強になる本や雑誌もあるけれど、いつもそれだと疲れちゃいますよね。
とはいえ、気になる妊娠中のことや育児について勉強したくなっちゃうのもわかります。

そんなときに、今回紹介した漫画が役に立てば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする