つらい便秘に効果のあった対策方法。妊婦でも飲める薬と一緒に教えます♪

妊娠中困ったことアンケートでは、1、2を争うのが便秘

もともとしつこい便秘で、下剤を飲まないと出ないのがデフォルトの私は、使っていた便秘薬は妊娠中は服用禁止だったため、本当に困っていました。

しかも、ホルモンの影響やお腹の赤ちゃんが腸を圧迫する関係で、妊娠中の便秘はひどくなるんだとか。

そこで、色々試した結果効果のあった便秘対策を、妊娠中でも飲める便秘薬と一緒にご紹介します。

スポンサーリンク

つらい便秘に効果のあった対策方法は?

実はお母さんが便秘だと、赤ちゃんも便秘になることがあります。

体内では無菌で守られていた赤ちゃんは産道を通るときに、お母さんの産道にいる細菌を口にします。
お母さんの産道の環境は腸内環境と似ているので、腸内にいる細菌が産道にも棲息しています。

自然分娩の場合、産道でお母さんから腸内細菌を受け取ることで、アレルギーや免疫に備えています。

お母さんの腸内環境や体内バランスが悪いと、生まれてからの赤ちゃんの健康にも影響してきます。妊娠中の便秘対策はただ自分が楽になるだけでなく、赤ちゃんのためにも必要なことなんですよ。

自分の便秘対策のためにも、そして将来の赤ちゃんの健康のためにも、腸内環境を整えながらできる便秘対策についてご紹介します。

乳酸菌をしっかりとる

まずは王道の乳酸菌
妊娠がわかったときに、まず風邪を引かないように、と購入していたのですが、これが結構効果ありました!

正直、すぐに効果はでません。
私の場合、もともと頑固な便秘だったこともあり、効果を実感できたのは3ヶ月後からでした。

腸内環境をしっかり整えるためにも、2〜3ヶ月は続けて飲む必要があると最初から考えて飲むといいかもしれないです。

ちなみに私は、CMでもお馴染みのビオフェルミンを飲んでいました。

created by Rinker
ビオフェルミン
¥2,270 (2018/10/20 07:37:56時点 Amazon調べ-詳細)

玉ねぎヨーグルト

テレビでやっていた玉ねぎヨーグルト
ダイエットにもいいと、妊娠中期から体重管理も含めて食べ始めました。

作り方はとっても簡単です。

玉ねぎヨーグルトの作り方
<材料>
*ヨーグルト:200g
*玉ねぎ:中くらい1/2
*塩:小さじ1/2

  1. 玉ねぎは薄くスライスして、辛味を飛ばすために30分〜1時間ねかせる
  2. ヨーグルトにスライスした玉ねぎ、塩を混ぜてよく混ぜる
  3. 冷蔵庫で1晩ねかせて完成!

出来たヨーグルトは2〜3日を目処で食べきること

この玉ねぎヨーグルトを1日50g、毎日食べるのが、玉ねぎヨーグルトダイエットです。

私の場合、3日目から効果が出始めて、1週間で実感しました♪
ただ、どうしても味が口に合わなかったため、最初は苦労しました…orz

そのまま食べるよりは、はちみつをいれたり、マヨネーズを小さじ1くらい混ぜたり、ゆで玉子と混ぜてサンドイッチにしたりすると美味しいですよ。

基本は生で食べたほうが効果がでます。
きのこやワカメなど、水溶性食物繊維を一緒に摂ると効果がupします^^

スポンサーリンク

我慢し過ぎないで薬に頼るのも大事

妊娠中は薬にも制限が出るとはいえ、妊娠中でも飲める便秘薬はあります。
我慢して、便秘のために痔になったり、気持ち悪くなってしまったりするよりは、薬に頼ってでも出した方がスッキリしますよ。

我慢し過ぎないで、検診のときなどに相談してみてくださいね!

妊娠中でも飲める便秘薬って?

お医者さんに処方してもう便秘薬の場合、マグミット錠ラキソベロンが有名です。
私は、酸化マグネシウムを主成分とするマグラックス錠(ヨシダ)を処方されました。

  • マグミット錠

酸化マグネシウムを主成分とする薬。
昔から産婦人科で処方されており、安全性が高いものです。
便の水分量を増やして腸の蠕動運動を起こりやすくするため、自然排便に近い形になり、妊娠中でも安心して使用できます。
胃粘膜の保護作用もあるので、便秘とともに胃の調子がよくない人によく処方されます。

マグラックス錠(ヨシダ)も同様です。

  • ラキソベロン

ピコスルファートナトリウムを主成分とする便秘薬。
胃や小腸では吸収されず、大腸だけで作用するうえ、ほとんどが便として排出されるため、胎児への影響はほぼないと考えられています。
服用後7~12時間で便意を感じ、作用が穏やかなため妊娠中でも使うことができます。

液体タイプもあって自分で飲む量を調節できます。
飲み過ぎると下痢になってしまうことがあるので、用法・用量はしっかりと守ってください。

妊婦でも飲める市販薬は?

基本的に妊娠中はなにがあるかわからないので、かかりつけの先生に相談するのが1番です。
ですが、仕事をしていてなかなか時間が取れなかったりと、相談するのも難しいときがあります。

そんなときに妊婦でも飲める市販の便秘薬があるといいですよね。

妊娠中でも飲める市販薬は、正直選択肢がそんなにありません。

そこで妊娠中でも飲める市販の便秘薬についてご紹介します。

新ウィズワン

created by Rinker
ゼリア新薬
¥1,870 (2018/10/20 07:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

新ウィズワンは、食物繊維(プランタゴ・オバタ種皮)と生薬(センノシド、カスカラサグラダ)を配合した、自然に近いお通じを促す便秘薬です。

プランタゴ・オバタ種皮が便を柔らかくすることで、排便しやすくしてくれます。

ただ、効き目は緩やかですがセンノシドを含むため、流産・早産の危険性も無きにしもあらず。
電話でもいいので、まずはかかりつけ医に相談してから購入するようにしてください。

小建中湯

created by Rinker
ツムラ漢方
¥1,569 (2018/10/20 07:37:57時点 Amazon調べ-詳細)


2歳児から使える漢方薬の小建中湯は、気と血を補うことで気虚証の便秘に効果のあるお薬です。
妊娠中は赤ちゃんに血が送られるため、血虚や気虚になりやすくあります。

そのため、小建中湯でも便秘の改善がみられます。
ただ、もともと便秘がちだった人には効果がちょっと薄いかもしれません。

どの薬も一時的に便秘は改善されても腸内環境までは改善されないため、飲まないと出ない状況は続きます。
腸内環境を整えながら、どうしても苦しいときに薬に頼るようにするのがオススメです。

つらい便秘は我慢しない。出すためにどうするかが大事

もともと便秘なのに妊娠を機に薬が飲めなくなってしまい、かかりつけ医に相談したら「便秘はこれからひどくなるよ〜」の一言。
いまでもツラくて、便秘で気持ち悪くなっているのにもっとだと?!とびっくりしてしまいました。

色々と調べたところ、お母さんの腸内環境が悪いと赤ちゃんの腸内環境も悪くなりがちのため、便秘のママは便秘のベビーになりがちなんだとか。

それは嫌だなと思い、まずは腸内環境を整えるべく、乳酸菌やオリゴ糖などさまざま試してきました。
効果がないわけではないのだろうけど、なかなか効果が感じられなかったり、味や値段で続けるのが難しかったりと色々挫折してきました…orz

そんななかでよかったのが、乳酸菌たまねぎヨーグルトでした。
便秘で悩んでるのであれば、ぜひ試してみてくださいね!



たまひよでも紹介された、するっとカフェ。
ノンカフェイン、下剤成分ゼロ!なのに超スッキリ♡なんだとか。

妊娠中は控えないといけないコーヒーで、便秘の改善ができたら素敵ですよね^^

私も今飲んでいるノンカフェインのコーヒーがなくなったら試してみようと思っています♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする