つわりを乗り越えるためのお助けグッズ。買って良かったおすすめ紹介するよ

赤ちゃんが出来て幸せいっぱいとはいえ、本当にしんどいつわり。

こんなはずじゃなかった!!と思う方もいるんじゃないでしょうか。
(私は思いました。笑)

そんなツライ時期のつわりを乗り越えるために、私が役に立ったお助けアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

食べづわり対策におすすめグッズ

私の場合、吐きづわりではなく食べづわりでした。
少しでもお腹が空くとオエッと気持ち悪くなるだけでなく、胃痛のような腹痛も。

仕事が接客業のうえ立ち仕事だったため、裏に回ったときにコソッと食べれるオヤツが手放せませんでした。

 おすすめおやつについてはこちらから

お腹がすくと気持ち悪くなる食べつわり対策私が食べてるおすすめのおやつ紹介します!
お腹が空くとオエッと気持ち悪くなる食べつわり。 私の場合、胃が痛くなり吐き気がして仕事どころではなくなるので、仕事中でもひょいと食...

ただ、おやつを食べる余裕があればいいのですが、忙しいとそんな時間もありません。

そんなときは、炭酸飲料を飲むのがおすすめです。
吐きづわりのかたも、サイダーなら飲めるって人も多いようですね。

ちなみに、妊娠初期であれば1日サイダー500ml飲めれば栄養的にも問題ないんだとか。
あまり無理して食べようとせず、口にできるもので栄養をとるのがおすすめですよ!

ちなみに私がよく飲んでいたのは、レモンだけの炭酸水か、キレートレモン。

酸っぱいんですけど、そのぶん口が誤魔化されて私にはぴったりでした。
気に入ってからは箱買いしてキープしてました。笑

最近コンビニでもよく見かけるので、試してみてくださいね(*´ω`*)

スポンサーリンク

とにかく眠くてダルい眠りづわり

食べつわりだけでなく、眠りつわりもありました。
びっくりするぐらい眠くてダルくて、夜9時には布団の中なんてこともよくありました。

眠いだけじゃなくて、ひたすらだるくて動けない時もあったので、そんなときにあって良かったのがニトリの抱き枕です。

その名も、人をダメにする抱き枕

誕生日プレゼントということで彼が買ってくれたのですが、これ、本当にオススメです!

出っ張りの部分に頭を乗せて横向きで使えるのですが、抱き枕がちょうどよく頭を支えてくれて腕の間に収まるのでスマホなどいじいじしながら横になるには本当にぴったしなんです!

これからお腹が大きくなるにつれてクッションにもなるので、買っておいて損はないですよ。

ニトリだけでなく、ニッセンの抱き枕は産後丸めて授乳クッションとして使えると評判もたかいので、そちらも要チェックです^^


薬も飲めないツライ頭痛つわりには?

ホルモンバランスが崩れるため、頭痛を訴える妊婦さんも多いんだとか。

もともと偏頭痛持ちでしょっちゅう痛み止めを飲んでいた私にとって、ただひたすら耐えないといけない頭痛が本当に辛かったです。

妊娠中でも飲める痛み止めもありますが、出来れば飲みたくない・・・

そんなときに役立つのが冷えピタでした。

基本的に肩こりや腰痛からくる緊張感頭痛は温めた方が良くなりますが、ホルモンバランスの崩れによる偏頭痛は冷やした方が痛みは和らぎます。

体温が高くなりやすく、ほてりを感じる方にもおすすめです。

冷えピタは本当にいまでもストックしてあるくらい重宝しています。

Saborino 朝用マスク

ソニプラやロフト、たま〜にドラックストアでも売っているSaborinoの朝用マスク。
1枚で洗顔〜化粧下地まで完成しちゃう優れもの。

マタニティブルーになった時や切迫流産になったとき、ただでさえ動きたくなかったので大活躍してくれました。

妊娠中は肌も過敏になりやすいので肌の手入れはしたくても、調子が悪かったりでなかなか動きたくないのが本音だったのですが、1枚で洗顔から化粧下地まで終わるので朝、時間がないときや調子が悪い時、外に一切でないときはこれで済ませていました。

ちょっと保湿力は足らないので、乳液やクリームは使った方がいいかとは思うけど、便利ですよ。

さっぱりした匂いが好きだったので、私はすっきりタイプを使っていましたが、通常タイプ、保湿タイプと3種類あるので、自分の好きな匂いを見つけて使ってみてくださいね!

馬油 ソンバーユ

人間の体脂と成分が近いため、浸透力が強く保湿効果に優れている馬油。
美容家のIKKOさんもオススメしているので、すでに使っているかたも多いかもしれません。

実は、私は妊娠を機に香水やボディクリームの匂いが全部受け付けなくなってしまいました。
もともと乾燥肌なので冬場は特に保湿クリームが欠かせないし、妊娠線予防にも塗っておきたいのに、買った妊娠予防クリームはクリームは匂いで全滅…。

そこで使っていたのが、このソンバーユです。
妊娠線予防だけでなく、産後のおっぱいケアにも使えるんだとか。

産んでからもきっとお世話になるんだと思います。笑

妊娠中やつわりがしんどいときは無理せず、自分が楽になる方法を考えるのが1番だと思う

妊娠中やつわりでしんどくても、日常生活は続きます。

仕事をしているのであれば、なおさらしんどくてもつわりでキツくても頑張らないといけないこともあると思います。

だからこそ、家では十分に自分を甘やかしてもいいと思うんです。

掃除をしなくても死にやしないし、少しの間お惣菜でも問題ないです。切迫流産など差し迫った問題なければ赤ちゃんは育つし、大人はそれこそほって置いても生きていけます。

私の場合、でき婚だったため、つわり中に遠方のご両親へ挨拶や結婚や引っ越しの準備をしなければならず、また仕事も繁忙期に突入前なのに人手不足でむちゃくちゃなシフト(1日10時間超えがあたりまえ)をこなしていたら、出血してしまい切迫流産で自宅安静となりました。

ここで無茶したところでしっぺ返しを食らうのは自分だし、今も後々もしんどいのも自分です。

妊娠中やつわりでしんどいときは特に無理をせず、旦那さんや周りに頼ったり、お金で解決できることはお金で解決してもいいんじゃないかな〜と思います。

つわりの辛さは十人十色だし、妊娠も千差万別です。

自分がどうしたら1番楽なのかを考えて、こんなときくらい自己中になってもいいんじゃないでしょうか。

なにか参考になったら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする