妊娠中に38度を超える高熱。赤ちゃんへの影響や何科にいけばいい?病院へ連絡する目安は?

抵抗力が弱まるため、実は風邪を引きやすい妊娠中。
また、悪化しやすいので38度を超える高熱が出ることも。

高熱の風邪を引くと身体もしんどいですが、何より気になるのは赤ちゃんへの影響ですよね。

妊娠中に38度を超えるような高熱が出てしまった場合、赤ちゃんへの影響や何科を受診すればいいのか、また風邪を引いたときに病院へ行くべき目安についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に38度を超える高熱。赤ちゃんへの影響は?

実は風邪を引きやすい妊娠中。
普段より抵抗力が落ちるため、風邪が流行る時期は特に注意が必要です。

38度以上の高熱を出してしまうようなひどい風邪になることもありますが、基本的に赤ちゃんになにか問題がすぐ起こるということはありません。

もちろん、お母さんが高熱を出している場合、赤ちゃんの体温も上がるため、良い状態とはいえません。特に38度を超える高熱が1、2日なら問題ありませんが長引いている場合、赤ちゃんに影響が出ます。

ただ、風邪をひいて高熱が出たからすぐになにか問題が起こる可能性はとても低いので、まずはしっかり病院へ受診して風邪を治すようにすることが大切です。

妊娠中に風邪を引いたら何科を受診すべき??

普通風邪を引いたら内科を受診する方がほとんどですが、妊娠中は必ず産婦人科に連絡をして相談をしましょう。

普段検診に行っている産婦人科が休診日の場合でも、電話をすれば大丈夫ですよ。

また、妊娠している「かもしれない」など、まだ妊娠がわかっておらず、かかりつけの産婦人科がない場合でも、産婦人科や婦人科がある総合病院へ行くなど、お産の専門医がいるところに行くのが基本です。

高熱が出る場合はインフルエンザなど感染力が強い病気の可能性もあるので、他の妊婦さんへの配慮が必要な場合があります。

また、ただでさえ体がしんどい妊娠中。

一本連絡をしておけば、病院が横になれるベットや個室を用意しておいてくれることもあるので、病院側にも自分にもメリットが大きいため、必ずかかりつけの産婦人科へ連絡をして指示を仰ぎましょう。

スポンサーリンク

こんなときは病院へ!産婦人科医に教わった相談すべき目安は?

個人的にはなにか困ったことや気になることがあるなら病院へ行かなくとも、かかりつけの産婦人科へ電話で相談したほうがいいと私は思います。

ですが、正直なにが安全で、なにが注意すべきなのかわからないのが妊娠中ですよね。

そこで、「こういうときは必ず連絡してね!」と産婦人科医に言われた目安をご紹介します。

熱が出ている場合

38度を超える高熱が3日以上続くときは注意が必要です。
高熱が出た場合は、すぐかかりつけのお医者さんに連絡をしてください。

実は、おなかの中の赤ちゃんはお母さんの体温を直に感じています。

お母さんの体温は羊水に伝わって、そのまま赤ちゃんへと伝わっているのですが、特に羊水が40度近くなると赤ちゃんにとっては熱すぎる環境となり、赤ちゃんの心拍数が上がります。

心拍数が上がることで、おなかの中の赤ちゃんの体力も一気に消耗することにもなり、特に妊娠初期だと赤ちゃんにとって危険な症状になる可能性があります。

早めに病院へ受診し解熱剤の処方をしてもらうなど、指示を仰ぐのがベストです。

強い咳が続いている場合

咳をすると誰でもおなかに力が入ります。
妊娠中は赤ちゃんがおなかにいるため、なるべく力を入れるのは避けたいですが、生理現象なのでどうにもなりません。

1日数回ゴホンゴホン程度であれば特に問題はありませんが、1日中咳が続いてしまうと当然おなかが張ってしまいます。
場合によっては張りが強くなりすぎて切迫早産を起こす可能性もあるんだとか。

また、妊娠中は喘息になりやすいそうです。
小さい頃に喘息持ちで大人になったいまはなんともない場合でも、妊娠中に喘息の発作が出ることもあるんだとか。

妊娠中に処方可能な咳止めは少ないのが現状ですが、咳が気になるときはガマンして放置しないで、治療法の指導を受けてくださいね。

お腹を壊している場合

ホルモンバランスが崩れて便秘だけでなくお腹がゆるくなったり壊す人もいます。
ですが、実はホルモンバランスの崩れではなく胃腸風邪でお腹を下している可能性も。

脱水症状を起こしやすいので注意が必要なだけでなく、妊娠中期~後期にかけての下痢や腹痛は子宮口が開きやすくなっている可能性が高く、早産につながる場合があるので早めに病院受診をするのがオススメです。

妊娠中は風邪を引いても自己判断はしないこと

ただでさえ、抵抗力がおち体調を崩しやすい妊娠中。

妊娠中に飲める薬ももちろんありますが、素人判断で適当に薬を買って飲んでしまうことで赤ちゃんに悪影響を与える成分や早産や流産につながる成分もたくさんあります。

ちょっとでもおかしいな、と思ったら必ずかかりつけのお医者さんに相談をしてくださいね。

「風邪だから…」と言って甘く見ずに、「長引くな、おかしいな」と思ったら産婦人科に頼りましょう。

妊娠中の風邪はおなかの赤ちゃんの風邪でもあります。ママがしっかり治して元気な赤ちゃんを生むためにもしっかり治すことが大切ですよ。

無理をしないでゆっくり休んでしっかり治してくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする