会社に妊娠を報告するときはどうやって言うのがベスト?上司や同僚への順番や言い方のススメ

働いている場合、妊娠がわかったら会社へ報告する必要があります。

ですが、私の場合初めての妊娠ということもあり、どうやって言えばいいのか、また何て言えばいいのか、結構頭を悩ませました。

そこで、先輩ママたちへ相談したり、色々と調べてみた上で報告した結果、どうやって言えばいいのか、また何て言えばいいのかまとめてみました。

妊娠中で会社への報告がまだのかたは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

会社に妊娠を報告するときはどうやって言うのがベスト?

会社で上司や同僚への妊娠報告ですが、基本的には時間を作っていただいて直接いうのがベストです。
仲のいい同僚へはラインなどでも構わないかもしれませんが、直属の上司や目上の方へは特に直接報告しましょう。

また、育休や産休の都合から総務課など多部署へ報告が必要な場合もありますが、まずは直属の上司へ1番先に報告すること。

妊娠はおめでたいことですが、つわりや体調不良などでどうしても直属の上司のかたへ1番迷惑がかかります。

仕事を続けたい場合は特にですが、それだけではなく、これからの妊娠中の不都合を助けてもらうためにも、まずは直属の上司へ直接報告するのがおすすめです。

妊娠報告だけでなく、忘れずに伝えないといけないことって?

「妊娠を報告すること」に気をとられがちですが、妊娠を報告する上で一緒に報告するほうがいいことが5つあります。

それは、

  1. 妊娠している自分の体調
  2. 何週目で、出産予定はいつなのか
  3. いつまで働く意思があるのか
  4. 出産後は復帰するのか退職希望なのか
  5. かかりつけの産婦人科の検診日(曜日)
です。

つわりがひどく、通勤もキツイ状況であれば、時短勤務や勤務時間を変更してもらう必要がありますし、会社も自分が抜ける分の人員を確保する必要があります。

復帰するかしないかで、確保する人員も変わりますよね。

また、かかりつけの産婦人科の検診日を伝えておくのも忘れずに。

結構多くの産科が平日しか検診をやっていないことが多く、シフト制でない場合、有給など休みを申請する必要があります。

妊娠初期~23週までは1ヶ月に1回の検診も、24~35週の場合は2週間に1回に変わります。

なかなか有給が取りにくい時期や職場もあると思うので、事前に相談しておくと後々楽ですよ。

スポンサーリンク

上司への妊娠報告はなんて言う?

なんとなく、「妊娠しました」と報告するのって照れ臭いですよね。

病気ではないし、おめでたいことではありますが、なんて言えばいいか困ってしまいがち。

私の場合、ラインで「ちょっとご相談したいことがあるのですが、明日お時間作っていただくことって出来ますか?」と一言前日に連絡をしておいてから、翌日時間を作ってもらい、直接「妊娠したので、今後のことについて相談したいのですが…」と切り出しました。

前日の連絡は仕事の流れを掴んでおきたかったのと、妊娠はおめでたいことですが、プライベートなことなので仕事中にいう話ではないため、別に時間を作ってもらう必要があったからです。

また、10分程度で終わる話というわけでもなく、今後いつまで働くか、また会社によっては産休、育休だけではなく出産祝い金など色々な制度があるので、報告や相談するのに時間がかかります。

実際、今後いつまで働くか、また体の調子や病院の検査日のことなど、こまごました報告や打ち合わせを合わせたら30〜1時間程度時間がかかりました。

友達の先輩ママに相談したときも、だいたいみな、同じように「妊娠したため、今後の仕事の仕方について相談」というスタンスでの報告がおすすめと言われました。

確かに、仕事内容によっても変わりますが、立ち仕事や重たい荷物を持つ仕事、外回りが多いなど重労働の場合、つわりや体の変化によっていままで通りに働けなくなることや、万が一、出血などトラブルがあったときに突然休むことになるなど、妊娠していると職場には迷惑がかかります。

おめでたいことですし、会社が産前産後の休暇を与えるのは国で決められた義務ですが、産休や育休で休職すると職場の人数が不足する時期が発生します。

そのうえ体調不良で満足に働けない時期があることも十分にありえるため、くれぐれも「当然のことだ」という態度で伝えないことが大切です。

 言い方だけでなく、どのタイミングで職場に妊娠報告するのかも悩みどころ。そんなお悩み解決記事はこちらから

職場や上司に妊娠の報告のタイミングは?パートやバイトの場合などなんて言う??
パートナーや両親に妊娠を報告するよりも、緊張するかもしれない職場や上司への報告。 実際私もお店の責任者としての立場や昇進の声が...

多部署への上司や同僚へはどうやって言うのがベスト?

直属の上司の場合は、打ち合わせないといけないことが結構あることや、1番迷惑をかけるため1番に直接言うのが礼儀です。

ですが、多部署などちょっと立場が遠い上司のかたや同僚へはどうやって言うのか、そもそも報告したほうがいいの?と悩むかたもいらっしゃいます。

個人的な意見としては、多部署への上司や同僚にも直接言えるのであれば、言ったほうがいいと思います。

というより、言わなかったことでデメリットが起こる可能性はあっても言ったからなにか問題が起こることのほうが少ないからです。

体調不良や急な出血などで休みを取る場合や、思ったように体が動かせない時期など、どうしても周りに迷惑がかかります。
その場合、「妊娠をしていることを報告しているかどうか」そして「これから迷惑をかけることに対して相談しているかどうか」で印象が随分違います。

わざわざ「時間を作ってください!」とお願いをしてまで言う必要はないかと思いますが、例えば上司へ相談してひとこと打ち明けるタイミングを作ってもらったり、周りへ報告してもらうのもいいかと思います。

私の場合は、多部署への上司や同僚へ言うタイミングについても、事前に上司へ相談しておいたので、いうタイミングや言い方について相談に載ってくれたりと、色々とスムーズにいきましたよ^^

妊娠の報告は、「今後の相談」スタンスで!

妊娠を報告するのは、直接、そして今後の仕事との付き合い方との相談というスタンスだとうまくいく人が多いようです。

つわりが比較的軽い私でも、体調が悪くてなかなか思ったように仕事ができず、早退など上司に迷惑をかけることがあったので、直属の上司や同僚は味方につけておくのが1番いいと思います。

まずは自分の体調とあかちゃんのことを第一に、うまく職場でも仕事を続けられたらいいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする