花粉症それともただの風邪なのか見分けかたとおすすめの薬について

いまや国民病とも言われる花粉症。
辛そうに鼻をかんだり、マスクをする人も増えてきました。

この時期にくしゃみや鼻水がでたり、目が痒くなったりすると、「もしや花粉症?!」とドキドキしませんか?
かくいう私がそうでした。

そこで、今回は、花粉症と風邪の違いについて、お話します。

スポンサーリンク

花粉症?それともただの風邪?

花粉症といえば、むずむずする鼻にとまらない鼻水。また、目がかゆくなるといった症状が特徴的です。ヒノキ花粉は喉の炎症を起こすこともあるので、咳が出たり、喉がイガイガするかたもいます。

では、この時期の風邪はというと、東洋医学において「春」は風邪(ふうじゃ)に犯されやすく、その症状も、発熱、咽の痛み、咳、頭痛、目のかゆみ、鼻水、皮膚のかゆみなど、体の表面に出るものが多いのが特徴です。

よく、鼻水が透明だったら花粉症、黄色だったら風邪と言われますが、透明な鼻水は体が寒に犯されたときに出る鼻水なので、いまのこの時期の風邪による鼻水も透明なことが多いのです。

熱が出たら花粉症ではなく風邪とも言われますが、長引く花粉症の症状に体力が削がれ、微熱を出すかたもいます。

実は、アレルギー検査をしないと確実に花粉症なのか風邪なのかわかりません。

だからといって、辛い症状はそのままにしておきたくないし、改善できるなら早く改善けれど、「花粉症」と確証がない場合、どっちの薬を選択すればいいかわかりませんよね。

そんなときにおすすめの薬があります。


スポンサーリンク

花粉症か風邪か、どっちだかわからない!
そんなときおすすめのお薬は?

東洋医学には異病同治(いびょうどうち)という考えがあります。

異病同治(いびょうどうち)とは、読んでその時の通り、異なる病気だけれども同じように治す方法です。

花粉症と風邪は、違う病気です。

花粉によっておこるアレルギー症状が花粉症、細菌やウイルスによっておこるのが風邪です。

ですが、水のような鼻水、つらい鼻づまり、イガイガする喉など、実は症状は一緒ですよね。

もちろん、きちんと症状がわかっているのであれば症状に合わせた治療をおすすめしますが、もし、病院に行く時間もなく、当座をしのぎたいのであれば、異病同治(いびょうどうち)の観点からおすすめできる漢方薬があります。

それが、小青竜湯です。

created by Rinker
ツムラ漢方
¥2,000 (2018/10/18 18:06:28時点 Amazon調べ-詳細)

小青竜湯とは

発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散させます。また、水分バランスを調整する働きもあります。
西洋医学的には、気管支拡張作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などが認められています。

<構成生薬>
麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、半夏(ハンゲ)、五味子(ゴミシ)、細辛(サイシン)、乾姜(カンキョウ)、甘草(カンゾウ)
ツムラ 小青竜湯

眠くならない花粉症薬として、人気があった漢方薬なので、名前は知っているかたも多いかもしれません。

薬の働きを調べる試験を実施したところ、小青竜湯では動物実験などで抗アレルギー作用や抗炎症作用が確認されています。

また、小青竜湯の作用機序としては、ヒスタミンやサイトカインなど炎症を誘発させる物質の産生・遊離を抑制することがあるという研究結果も発表されています。

風邪か花粉症か迷ったら…

年度が変わることで、なにかと忙しいこの季節。
うかうかと寝込んでもいられませんよね。

病院に行く時間はないけれど、でもこのつらい鼻水と鼻づまりは止めたい!!
そんなときは小青竜湯おすすめですよ。

ただし、飲んでも効き目が感じられない、症状よくならないなど本当に辛い症状が続くようであれば、なんとか時間を作ってでも病院を受診されてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする