晦日と大晦日の違いってなに?本来の意味や、正しい過ごし方があるって本当??

12月31日のことを大晦日というのはみなさんご存知だと思いますが、30日のことを晦日(みそか)というってご存知ですか?

実は、30日の晦日(みそか)があるから12月31日を大晦日と呼ぶんですよ^^

今回は、晦日と大晦日の違いや、本来の意味、そして、歴史的にみた正しい大晦日の過ごし方について紹介しますー!

スポンサーリンク

晦日と大晦日の違いってなに?

晦日は和名で「つごもり」と読み、月が隠れるという意味の「月隠り(つきごもり)」が転じた読みかたです。

という字は、月の満ち欠けが変化する様子を表わす言葉の1つで、月が隠れることを意味しています。
晦日は旧暦の月の動きと大きく関係しています。

昔、日本は月の満ち欠けで暦をみる太陰暦を使っていたため、新月を1日とし、月が隠れる「晦」の頃がおおよそ30日であったことから、30日を晦日と呼ぶようになりました。

今でも30歳を「みそじ」というように、「みそ」がもともと30の読みであることをみるとわかりやすいですよね。

明治時代から、暦が太陽暦へと変わったため、ひと月が30日(または29日)で終わらず、31日まである月も出てきました。

こうして晦日は、月の最終日となることが多かった「30日」という意味から、「月の最終日」という意味に変化したそうです。

つまり、実際の日付が30日でなくとも毎月の末日を「晦日」と呼び、晦日の中でも1年を締めくくる12月には大をつけて「大晦日」と呼ぶようになったという訳です。

大晦日の正しい過ごし方

12月もクリスマスが過ぎる頃になると学校は冬休みへと突入し、仕事も仕事納めへとなる人が多いですが、大掃除や新年の準備となにかと忙しいですよね。

ですが、実は大晦日には歴史的に正しい過ごし方があるってご存知ですか??

大晦日はなにもしちゃいけないって本当?

大晦日の歴史は実はとても古く、平安時代まで遡ります。

大晦日とは本来、正月に迎え入れる歳神様(としがみさま)をまつるための準備の日でした。

ちなみに、歳神様とは、稲の豊作をもたらすとされている神様のことで、農作物が豊かに実り、食べるものに不自由することなく暮らせるようにと、昔から大切に扱われてきた神様のこと。

また、歳神様は各家庭にやってくることから、家を守ってくれる祖先の霊とも考えられていたようです。

昔は1日が夜から始まって朝に続くとされていたので、大晦日の日暮れからすでに新年の始まりと考えられていました。

大晦日の夜、神社では境内で大祓えを行って罪やケガレを清め、寺院では除夜の鐘を鳴らします。

歳神様は初日の出とともにやってくるという説もあるため、大晦日の夜に寝ないで歳神様を待つことを年籠りといいます。

いまでも元旦に初日の出をみる人も多いですが、大晦日の夜は歳神様を待ち、一晩中寝ずに起きておくという習わしがあったためと言われています。

もしうっかり早く寝てしまうと、白髪になる、シワが寄るなどという女性にとっては恐ろしい言い伝えも。歳神様の来訪を、特に女性は待たないとですね!

どうしても眠くなったら「寝る」ではなく「稲積む(いねつむ)」というと、魔力から逃れられるんですって。

スポンサーリンク

大晦日の行事のあれこれ

年の湯

大晦日の夜にお風呂に入ることを年の湯と言い、ここでしっかりと一年の垢を落とし、気持ち良く新年を迎えるためのにお風呂に入ること。
今と違い、毎日入浴することが当たり前でなかった時代は、大晦日の入浴が特別なものだったんでしょうね。

年越しの祓

神社では、6月末日と12月末日に大祓の行事が行われます。
6月の大祓を夏越しの祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越しの祓といいます。

それぞれ、半年分のケガレを落とす行事で、白紙で作った人形(ひとがた)で身体の穢れを祓い、川や海へ流したり、かがり火を焚いたりして、健康と厄除けを祈願します。

除夜の鐘

お寺では、大晦日の夜、108回鐘をつきます。
怒りや嫉妬など人間にある108の煩悩を鐘の音で絶つためといわれています。

実は、中国で宋の時代から始まったもので、暦に関する数字を足し合わせた数が百八になるためという説もあるんだとか。

一般的には、107回は旧年の内につき、残りの1回は新年につきます。

年越しそば

1年の締めくくりに、そばのように細く長く長寿であるように願って年越しそばを食べます。

年越しそばを食べるのは、月末にそばを食べる「みそかそば(晦日蕎麦/三十日蕎麦)」という風習が大晦日だけ   に残ったもので、江戸時代の町人の間で始まったといわれています。

そばに付き物のねぎは「ねぐ」といって「祈る」「労う」という意味もあるので、ぜひ入れてくださいね。

また、年越しそばにはさまざまな呼び名と言い伝えがあります。

  • 寿命そば:そばのように長くのびる(長生きできる)
  • 運気そば:鎌倉時代、博多の承天寺が町人にそばを振舞ったところ、翌年からみんなの運気が上がった。
  • 福そば:金銀細工師が散らかった金粉を集めるのにそば粉を練った団子を使うので、そばは金を集める縁起物。
  • 縁切りそば:そばがよく切れるように、1年の労苦を忘れられる。

現在では、一部地域で年越し蕎麦の代わりにうどんが食べられることも多いため、蕎麦、うどんともに、一年のうち12月31日に最も多く購入されているそうです。

大晦日は次の年を気持ち良く迎えるために神様の来訪を待つ日だった

大晦日って、1年の締めくくりだし、逆にあれもこれもと出来なかったことが目について、ワタワタしてしまう日でした。

ですが、こうやって歴史を調べてみると、実は翌年のために身を清め、歳神様を迎える準備をして過ごすための日だったんですね。

今年の大晦日は、しっかり準備して歳神様を気持ち良く迎えられるようにしたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする