お花以外で選ぶ母の日のプレゼント喜ばれるための3つのポイントやアイディアまとめ


「母の日はカーネーション」とイメージがありますが、毎年カーネーションだとありきたりですよね。

そもそもお花の世話をするのが好きなかたならいいですが、私の母は「花=枯らすもの」だったので、毎年母の日は頭を悩ませていました。

そこで、お花以外のプレゼントを選ぶコツやアイディアをご紹介します。

スポンサーリンク

母の日にお花以外のプレゼントの選びかた

母の日のプレゼントはカーネーションって、実は世界中での決まりなんですよ。

そのため、ネットショップやデパートでも母の日の贈り物のためにカーネーションが飾られています。

では、お花以外を選ぶ場合はどうやって選べばいいのでしょうか。

① プレゼントを贈る相手を考えて見る

プレゼントを贈る相手はまぎれもなく、アナタのお母さんです。

お母さんの好きな物はなんですか?趣味は?リラックス方法やマイブームは??

「母の日」と言えど、喜んでもらうのが1番!

普段のお母さんに行動パターンを想像してみてください。

② 母の日は感謝を伝える日

「お母さんの欲しいもの」を想像したからといって、ただのプレゼントをあげるのはなんだか違うな、と思っちゃいます。

なんと言っても母の日のプレゼントなので、普段の気持ちを添えられると素敵です。

100均でも母の日用のメッセージカードが売られています。

「いつもありがとう」とメッセージを添えるだけでも、喜ばれますよ♪

③ 母親目線の気持ちをリサーチ

ギフトコンシェルジュによる、母の日のプレゼントで嬉しかったランキングをみると、お母さんの年代によって順位にばらつきはあれど、「花」「洋服」「旅行」「服飾雑貨」は必ず入っているようです。

お花はのぞくとしても、「洋服」「旅行」「服飾雑貨」に関連するものだと、間違いないですよね。

お花も例えばカーネーションのポプリや、花茶など、ちょっと目先を変えてプレゼントすると、喜ばれました^^

 カーネーションなのに花束じゃない?!ちょっと変わった母の日ギフト

母の日ギフトにカーネーションなのに花束以外の変わったプレゼントのすすめ
母の日はゴールデンウィークが終わってすぐ。 第2日曜日は母の日です。 母の日のプレゼントといえばカーネーションですが、毎年花束やカーネーションの鉢というものありきたり。 そこで、今回はちょっと変わったカーネーションを、日頃の感謝を込めて送りませんか?? 実際に母の日のプレゼントとして送ってみて、喜んでもらえたプレゼントをご紹介します。

たまにはゆっくり休んで!1日休暇をプレゼント

母の日にもらって嬉しかったプレゼントでランキング上位に入っているのが、旅行です。

ちょっと奮発して、一緒に温泉など旅行にいくのもいいですよね。
関東圏にお住まいなら、箱根だとロマンスカーですぐに行けます。

予算的に旅行はちょっと…というかたは、お母さんの代わりに1日家事代行をするのはいかがですか?

当たり前のように過ごしているお家ですが、それは毎日お母さんが洗濯や炊事、掃除をやってくれているから快適に過ごせています。
私自身、実際に家を出て1人暮らしをするようになってから親のありがたさに気づきました。

主婦業にお休みはありません。

母の日くらい自分だけの時間を過ごさせてあげるのも素敵なプレゼントですよ。

スポンサーリンク

お母さんにいつもの感謝の気持ちを込めて料理をプレゼント

ちょっと奮発して、豪華なレストランを予約するのもいいですよね。
好きな料理ジャンルでお店を選んで、外で食べるのだから、お酒も一緒にのんでみたり。

お家で食べるいつものご飯とちょっと違う雰囲気で、色々なことが話せるかもしれません。
母の日プランを出しているお店もいまは多数あります。

デザートプレートにメッセージを書いてくれたり、カーネーションを使ったお料理(!)まで。
一生の思い出に残りそうです。

もし料理をするのが得意なのであれば、お母さんのためだけに、お料理を作るのもいいですよ。

 母の日の手作りご飯。簡単なのに華やかなレシピまとめ

母の日の手作りご飯。ママが喜ぶ子供でも簡単に作れるレシピまとめ
「お母さんいつもありがとう」 言葉にすると照れ臭いけれど、日頃の感謝をお母さんに伝えませんか? お料理が苦手でも大丈夫! 一生懸命作ればきっと喜んでくれますよ^^ 今回は、そんな母の日におすすめな料理レシピをまとめました。

普段はなかなか家族全員集まらないけれど、この日はワイワイ食べる!なんてのもいいですね。

照れずにありがとうを伝えよう

面と向かって「いつもありがとう」と伝えるのって、なんだか恥ずかしいですよね。

でも、その、「ありがとう」一言で普段の家事も頑張れちゃうのがお母さんです。

1年に1度くらい、日頃の感謝を伝えてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする