妊娠中や希望中インフルエンザの予防接種いつから受けて大丈夫?気になる赤ちゃんへの影響は?

なにかと抵抗力が落ちる妊娠中。
インフルエンザのニュースが世間を賑わすたび、妊娠中や希望中だといつも以上に気になりますよね。

ですが、妊娠中や妊娠希望中の場合は特に、自分のことより考えてしまうのがやっぱりお腹の赤ちゃんのこと。

妊娠中や妊娠希望中でもインフルエンザの予防接種は受けたほうがいいのか、受けられる時期や気になる副作用についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中や希望中インフルエンザの予防接種は受けて大丈夫?

インフルエンザワクチンは不活性ワクチンのため、妊娠中に受けてもなにも問題ありません。
むしろ、受けたほうがいいと先生にも言われました。

ただし、インフルエンザワクチンには水銀が使われているものもあるので、必ず産科の先生に確認してから予防接種してください。(もちろん害はありませんが、妊婦は優先して予防接種を受けられるため、病院によっては水銀未使用のものを勧められることがあります。)

もし妊娠中にインフルエンザにかかってしまった場合どうなるのかや、いつから打てるのか、そして気になる赤ちゃんへのインフルエンザワクチンの副作用について詳しくご紹介します。

インフルエンザワクチンは不活性ワクチン

インフルエンザのワクチンにはインフルエンザウイルスを死滅させた不活性ワクチンを使用しています。

不活性ワクチンとは、ウイルスの毒性を死滅させて、予防に必要な成分だけを利用して作られているため、インフルエンザワクチンを受けたからといってインフルエンザに発症することはありません。

また、もちろんインフルエンザのウイルスが胎盤を通って赤ちゃんへ広がるということもありません。

予防接種後すぐに妊娠がわかったとしても、アレルギーや基礎疾患が無い場合、お腹の赤ちゃんにワクチンが悪影響を及ぼす可能性は限りなく低いと考えて大丈夫です。

母体に抗体ができるだけで特に、妊娠後期に受けた場合赤ちゃんにも抗体ができるので、インフルエンザウイルスから赤ちゃんを守ることもできるようになります。

妊娠中にインフルエンザにかかると重篤化するって本当?

厚生労働省によると、海外の事例になりますが、妊娠されている方が新型インフルエンザにり患した場合、重症化するリスクが高いという報告があります。

実は妊娠中は免疫力は落ちるため、どうしても風邪をひきやすくなります。そのため、妊娠中にインフルエンザにかかると、肺炎などを合併しやすく、重症化しやすいと言われています。

スポンサーリンク

妊娠中の場合、いつからインフルエンザワクチンは打てるの?

実は、日本で使用されるインフルエンザワクチンは、生ワクチンではないので重篤な副作用は起こらないと厚生労働省でも発表されています。そのため、一般的に妊娠中のすべての時期において安全であるとされています。

また、妊娠初期に従来のインフルエンザワクチンを接種しても奇形のリスクがないという研究結果も出ています。

ですが、ネットで調べてみると「12週以降じゃないとできない」、「18週以降」などたくさんの情報を目にしませんか?

実はどの時期に受けるのが正しいというものはありません。

先生に聞いてみたところ、この時期の差は、かかりつけの医師の考え方の違いによるものだそうです。

厚生労働省の資料を見てみても、妊娠初期にインフルエンザワクチンの接種を受けたことにより流産や先天異常の発生リスクが高くなったという報告は現在のところないとのことでした。

ただし、予防接種を受ける妊婦さんが卵アレルギーなどのアレルギーや基礎疾患を持っている場合は特に予防接種における有益性と危険性を、ご自身の基礎疾患や出産予定日等を踏まえて主治医と相談した上で、接種の適否とその時期を決定するようにしてくださいとの注意があります。

インフルエンザの予防接種に注意が必要な基礎疾患とは
慢性呼吸器疾患、慢性心疾患(高血圧を除く)、慢性腎疾患、慢性肝疾患(慢性肝炎を除く)、神経疾患・神経筋疾患、血液疾患(鉄欠乏性貧血と、免疫抑制療法を受けていない特発性血小板減少性紫斑病・溶血性貧血を除く)、糖尿病、悪性腫瘍(ガン)、関節リウマチ・膠原病、内分泌疾患(肥満含む)、消化器疾患、HIV

妊娠中や妊娠希望ならインフルエンザワクチンは打っておいたほうがおすすめ

妊娠中って、本当に些細なことでも気になるし、いままでだったら「大丈夫」と安易に考えていたこと全てが気になりますよね。

また、ネット社会になって、調べればすぐに欲しい情報は手にはいるものの、情報がありすぎて逆にどれが正しいのかもわからないし、私も色々調べてみても「え…?」と頭を抱えるような情報を載せているサイトも存在します。

インフルエンザの予防接種についてですが、妊娠中や希望中なら受けておいて損はないと思います。実際、ワクチンが足りない状況だとしても妊娠中だと優先的に受けることが可能な自治体もあります。

妊娠中にインフルエンザに万が一かかってしまったとしても、タミフルやリエンザなど抗インフルエンザ薬を使うことはできますが、やっぱりかからないに越したことはないし、インフルエンザワクチンを接種しておけば症状も軽くて済みます。

インフルエンザワクチンは予防接種を受けてから2〜4週間で効果を発揮するため、インフルエンザが流行り始める1ヶ月前に接種しておくのがおすすめです。

インフルエンザなんてかかったこともなく予防接種を受けたこともない私も妊娠中なので、かかりつけの産科医に相談して今年は受けることにしました。

お互い元気に楽しくマタニティライフを楽しみたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

インフルエンザの予防接種は効かないって本当?ワクチンの効果やなぜ接種をしてもインフルになるの?
毎年冬になると猛威を振るっているインフルエンザ。 10月から本格的に予防接種が始まります。 ですが、「インフルエンザの予防接種を...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする