二日酔いで頭痛いときにおすすめの鎮痛薬は?ロキソニン、イブ、バファリンなど比較するよ!

二日酔いでどうしても頭が痛い時、頼りたくなるのが鎮痛薬
ですが、鎮痛薬にも色々と種類があるため、なにを飲んだらいいかわからないですよね。

そこで、ロキソニン、イブ、バファリンなど有名な鎮痛剤の作用と一緒に二日酔いの頭痛には効果があるのかそもそも飲んでもいいのかなど、気になる情報をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

二日酔いで頭が痛くなる原因とは?

二日酔いで頭が痛くなるのは、分解しきれなかったアセトアルデヒドやアルコールに含まれるアデノシンによる血管拡張や、脱水症状による頭痛が原因です。

そのため、アセトアルデヒドやアデノシンを早めに代謝できるようにすること、脱水症状による頭痛の場合は水分だけでなく電解質の補給を忘れずに行うことが大切です。

 そもそも二日酔いでなぜ頭がいたくなるのかについて詳しい内容はこちらから

二日酔いの頭痛はなぜ起こる?原因や解消法、次の日に残さない予防法について詳しく説明するよ!
お酒を飲んだ翌日に起こるつらい頭痛。 二日酔いの頭痛はガンガンするし、辛いですよね。私も二日酔いになると必ず頭痛がつきまと...

二日酔いで頭痛いときにおすすめの鎮痛薬は?

先に結論をいうと、ほとんどの鎮痛薬は二日酔いによる頭痛に効果はあります。
ただし、鎮痛薬にもお酒との相互作用がよくないものも存在します。
そのため、二日酔い対策として薬を服用する際はその旨を薬剤師や登録販売者に伝え、適切な薬を選んでもらうことをおすすめします。

イブやバファリン、ロキソニンなど、ドラックストアでも手に入る鎮痛薬の中で、二日酔いの頭痛に対しての効果や副作用について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

EVEは二日酔いの頭痛に効果があるの?


【第(2)類医薬品】エスエス製薬 イブA錠

エスエス製薬から発売されているEVEシリーズ
鎮痛作用と抗炎症作用が強いのが特徴のイププロフェンを主成分として構成されています。

そのため、EVEは二日酔いの頭痛にも効果があります

ですが、イブプロフェンには胃を荒らす性質があります。

二日酔いの時は特に、すでに胃腸が弱っていることがあるので、イブ等の痛み止めを使う時はなるべく食後に服用してお腹を守るようにして飲むのがおすすめです。

イブA錠ではなく、イブクイックデラックスは胃腸を保護する成分も含まれているので少し値段は高くなりますが、もともと胃が弱かったり、たくさん飲んだ次の日の弱った胃腸にはおすすめです。


【第2類医薬品】【エスエス製薬】【EVE】イブクイック頭痛薬DX

イブプロフェンで構成されている鎮痛剤に、リングルアイビーがあります。
液体カプセルのため即効性があるのが特徴です。

もちろん、リングルアイビーにも同様の効果があります。

バファリンは二日酔いの頭痛に効果があるの?


【第(2)類医薬品】 バファリンA 80錠(送料無料)

鎮痛薬といえば、バファリンを思い浮かべる人も多いですよね。
バファリンAは、アスピリン(アセチルサリチル酸)と胃の粘膜を保護するダイバッファーHTで構成されています。

とはいえ、アスピリンは鎮痛薬のなかでもかなり胃粘膜を荒らす成分のため、二日酔いで弱った胃にはおすすめできません。

アメリカ・フィラデルフィアにあるトーマス・ジェファソン大学の、Michael Oshinsky博士によると、アスピリンは二日酔いによる頭痛に1番効果があるそうです。

ただし、アスピリンは喘息持ちの方が飲むと発作を起こす可能性があるので注意が必要です。

バファリンはシリーズによって使われている成分が異なります。

バファリン最高処方のバファリンプレミアムや女性向けに発売されているバファリンルナイブプロフェンアセトアミノフェンのダブル処方で作られています。

頭痛の元となっている末梢神経にイブプロフェンが作用し、痛みを伝達する役割を担う中枢神経にはアセトアミノフェンが作用してそれぞれの鎮痛効果を発揮するという痛みを抑えるメカニズムです。

解熱鎮痛薬のアセトアミノフェンは、お酒(アルコール)と一緒に飲むと、肝臓に負担がかかる恐れがあります。

特に、アセトアミノフェンを多め(1日に1,500mg以上)に使っていたり、日常的に大量のお酒(1日に日本酒2合以上)を飲んでいる人は、定期的に肝機能を検査するなど、注意しておく必要があります。


【第2類医薬品】薬)武田薬品/タイレノールA 20錠

アセトアミノフェンで作られているタイレノールラックル溶解錠カロナールも同様に、お酒との相性はあまりよくないので注意が必要です。

ロキソニンは二日酔いの頭痛に効果があるの?


【第1類医薬品】ロキソニンS 12錠

ロキソニンは市販の頭痛薬としてよく使用されています。
薬剤師がいればドラックストアでも販売できるようになったため、手に取りやすくなりましたよね。

ですが、ロキソニンは第1類医薬品
効果は強いということは、副作用も大きいのが特徴です。

薬というのは、肝臓で代謝されるのですが、すでにアルコールの分解でフル活動している肝臓にロキソニンも加わることで、肝臓の疲労はMAXになります。

また、肝臓は、アルコールの代謝とロキソニンの代謝ではアルコールの代謝を優先させるため、ロキソニンの作用が大きく出すぎてしまうことも。

もともと偏頭痛もちのかたがアルコールで刺激されて偏頭痛を引き起こした場合など、確かに即効性も高く効果もありますが、ただでさえ荒れている胃粘膜への影響や、アルコールとの相性を考えると、そんなにおすすめはできません。

二日酔いで頭痛いときにおすすめの鎮痛薬まとめ

私自身偏頭痛持ちなので、二日酔いになると必ずと言っていいほど頭痛が伴います。

今回いろいろな論文や医療サイト、販売元へと問い合わせてみましたが、基本的にアルコールが体内で残っている状態での鎮痛剤で大手をふっておすすめできるものはない、というのが結論でした。

確かに、頭痛薬は一時的な痛みを抑えてくれますが、原因の治療をしてくれるわけではありません。
また、多くの頭痛薬は、胃粘膜を荒らす性質があるので、二日酔いでただでさえ荒れている胃に優しくはありません。

但し書きを見てみると、「服用前後は、飲酒しないでください」とほとんどの痛み止に書かれてあります。つまり、薬とお酒の飲み合わせが良くないものなのです。

できれば、アルコールを体内から完全に抜いてから、頭痛薬は飲みましょう。

そして、1番は飲みすぎないこと、二日酔いにならないように適切な量で楽しむことが大切です。
お酒は楽しく飲んでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする