めまい、胃痛、吐き気がするので胃潰瘍かと思って病院で診てもらった結果

1ヶ月ほど前から朝起きてからの胃痛や空腹時の胃痛がひどく、2〜3日前から貧血のようなめまいや吐き気もするので、ネットで色々と調べて見たところ、十二指腸潰瘍や胃潰瘍の症状にぴったり・・・

流石にこれはマズイなと思い、病院に行って来ました。

スポンサーリンク

めまい、胃痛、吐き気など私のいまの症状

  • 1ヶ月程まえ、朝起きてから空腹時の胃痛が1週間ほど続いて治った
  • 3日前から1ヶ月前と同じように空腹時の胃痛にプラスして、貧血のようなめまい、食後に吐き気がある
  • 最近仕事は忙しく、疲れは溜まっている
  • ストレスは多いかも
  • 疲れから補中益気湯を2週間前から飲みはじめた

ざっとまとめると症状や私の現状はこんな感じ。

空腹時の胃痛は十二指腸潰瘍や胃潰瘍に多い症状の1つです。
また、最近職場の人間関係のトラブルや棚替えに締め日が重なったためびっくりするほど忙しく、めまいや吐き気は疲れによる自律神経失調症かな?とも思えます。

ちなみに、もともと胃は弱く、ストレスが胃にくるタイプなのですが、あまりにも長引くため、こりゃあかんと病院に来て見ました。

伺った病院はこちら

新宿区 若松河田駅から徒歩3分にある「えとう内科クリニック」では一般内科、漢方内科、消化器科の診療を行っております。静脈麻酔を使った苦痛の少ない胃カメラ検診や鼻から行う経鼻内視鏡(胃カメラ)を実施。即日健診、翌日結果手渡し健診、高血圧、糖尿病、日帰り人間ドックの他、高脂血症の生活習慣病治療にも力を入れております。

新宿からも近い若松河田駅から徒歩3分。
内科、消化器科の他に漢方内科もやられていて、院長先生の評判がいいえとう内科クリニックさん。

妹が生理不順や肩コリで漢方内科に通っていて、診察も丁寧でいいよと聞いて行って来ました。

実際に診断されたときの雰囲気

診察室に入るとなんだか若い女性がパソコンの前に座ってました。
(誰だこの人…)と思いながらも事前に書いた問診票をもとに色々と質問されました。

自己紹介もないまま問診が終わり、お腹をみるので横になるように言われ「先生がこれからきますから」と言われ始めて看護師さんと気づきました。

なるほど。口コミで「看護師さんの態度は最悪」と書かれちゃうのはこれか、と。
血圧を測ったり問診票を作成したりしていたので、それなりに院内で地位のある正看護師のかたなのでしょうが、淡々とした雰囲気や威圧的な雰囲気が苦手な人は初対面はびっくりするかもしれません。

横になってすこしたつと、院長先生が診察室へ。

喉の様子やリンパの様子を診ていただいたあと、脈診や触診へと移ります。
漢方内科もやられているので脈も診るのでしょうが、なかなかそういう病院はないので新鮮でした。

お腹の触診のあと、診断結果を告げられます。

スポンサーリンク

診断結果

めまい、胃痛、吐き気の原因は、胃酸過多による胃炎、腸炎、そして逆流性食道炎とのことでした。
また、体が疲れているのでゆっくり2〜3日休むようにとのこと。

どうしても休みが取れないなら後からでも診断書だすからね、とにっこり言われました。
これだけストレス社会だと、休みを取るために診断書書いてもらう人も多いんでしょうね。

1週間薬を飲んでみて、治らなければ胃カメラ検査ですね〜と言われ、1週間後の予約をして終了でした。

女性の場合のめまい、胃痛、吐き気ですが…

女性の場合、めまい、胃痛、吐き気は妊娠の初期症状としても当てはまります。
もし、生理が遅れていたり、自覚症状や心当たりがあるかたは、妊娠の可能性も考える必要があります。

いきなり産婦人科で検査する必要はないかと思いますが、妊娠検査薬などドラックストアやネットでも手にはいるので心当たりがある場合は調べてみてください。

ちなみに、私の胃痛は妊娠が原因でした。

胃痛や吐き気、貧血のようなめまいがするので胃潰瘍かと思ったら妊娠してました。
1ヶ月程前から、空腹時の胃痛や吐き気、貧血のようなめまいが続き、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になってしまったのではないかとビクビクしながら病...

実際にかかった費用や時間は?

診察していただいてかかった費用は、1110円でした。
初診でこの値段は良心的です。

平日の午前中にもかかわらず、診察室は結構混んでいたので受付から診察まで1時間半ほどかかりました。
忙しい人は予約をしたほうが確実だと思います。電話での予約のみ受け付けされているそうですよ、

ちなみに院長先生は、予約以外だと月・火・木の午前中・金は診断されているそうです。
優しそうなおじいちゃん先生でした。

処方されたお薬の種類と効果は?

今回処方されたお薬は、スクラルファート内容液とファモチジンの2種類。

めまいの薬は妊娠中は飲めないので、可能性があるなら出せいないそうです。

胃の粘膜を保護するスクラルファートは食前に3回、胃酸の分泌を抑えるファモチジンは朝晩食後に2回服用するよう指示されました。

これで1週間様子をみてみようと思います。

辛い胃痛や吐き気は続くようなら早めに病院へ

1ヶ月前にも1週間胃痛が続いたのですが仕事の忙しさにかまけて薬で放置していました。
ですが、2〜3日前からまた症状が出始め、今度は吐き気やめまいもあるので病院へ行ったのがことの次第です。

「そんなに重い病気があるとは思えないんだけど…」と先生はおっしゃられていたのですが、やっぱり安心料のためにも症状が長引いたり頻繁に起こる場合は病院での受診をおすすめします。

ちなみに知らなかったのですが、お薬手帳を持っていると処方箋の負担が3、40円安くなるのだとか。
お薬手帳には毎回処方された薬のシールを貼るため、既往歴や薬の重複を阻止することができます。

いまはアプリもあるので毎回お薬手帳を持っていくのが面倒な人は、アプリでの持ち運びもおすすめですよ。
(アプリは対応していない薬局もあるので、かかりつけの薬局があるかたは聞いてみてくださいね。)

__
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする