乾燥によるかゆみはなぜ起こる?原因と対策について

乾燥していると肌がかゆい…
乾燥肌の人は1度は経験したことがある悩みではないでしょうか。

私自身、乾燥肌で特に冬になるとケアを少しでも怠ると足など白い粉がふいてしまいます。
入浴後に痒くなってしまったり、夜中肌がかゆくて無意識にかきむしって肌を傷つけてしまうなんてことも。

私と同じようにこれらに心当たりがある方は、かゆみの原因の一つである乾燥を一緒にケアしませんか?

今回は乾燥によっておこるかゆみの原因と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

乾燥によるかゆみはなぜ起こる?その原因とは

肌には外部から自身を守るバリア機能が備わっています。
通常、皮膚では皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、セラミドなどからなる角質細胞間脂質がバリアの役目をすることで、肌の水分の蒸発を防いでいます。
とくにセラミドなどの細胞間脂質は肌の保湿要素のの80パーセントを担っているんですよ。

肌にはこのようにもともと保湿力があるのですが、紫外線やアレルゲン、間違ったスキンケア、生活習慣の乱れなど外部刺激によっても乾燥を引き起こしてしまうことがあります。

また、このバリア機能の重要な役割を果たしている1つに皮脂膜があります。皮脂膜は汗と皮脂でできた天然の乳液のようなもので、肌の表面を覆うことでバリア機能が働き、肌の内側の水分が逃げないように閉じ込めてくれると共に、外部のさまざまな刺激から肌を守っています。

乾燥肌とは、肌の表面を覆う皮脂や、セラミドをはじめとする角質細胞間脂質などが外部刺激や空気の乾燥などなんらかの理由で減ってしまったことにより、肌内部の水分含有量が低下した状態のお肌のこと。

また、肌のバリア機能が衰えている無防備な肌は、髪の毛や衣服が触れる程度の軽い接触、使い慣れた化粧品などでも大きな刺激になってしまうことも。
それだけでなく、乾燥により、通常は弱酸性に保たれている皮膚のpHがアルカリ性に傾き、細菌が増殖しやすくなることも、かゆみが生じる原因の一つと言われています。

特に秋冬は気温が下がり、皮脂や汗の分泌が減ってしまうので、皮脂膜が十分に作れなくなってしまいまう季節です。
皮脂膜が壊れると水分が逃げ、肌の乾燥が進み、刺激が中まで入り込んできやすくなり、かゆみなども生じます。さらに秋冬は空気も乾燥するため、乾燥肌や敏感肌になってしまいがちです。

肌が乾燥する
⇒ バリア機能が低下して軽い刺激が大きな刺激となり、かゆみとなる
⇒ かゆいと掻いてしまう
⇒ もっとバリア機能が崩れる
⇒ さらに乾燥する

なんて悪循環に陥ってしまうことも。

この負のスパイラルをどこかで断ち切る必要があるため、かきむしってしまう前にかゆみを止めること、保湿をすることが乾燥肌のかゆみを抑えるうえでのポイントです。

スポンサーリンク

かきむしる前にかゆみを止める対策方法とは

乾燥肌によるかゆみを改善するためのポイントは①乾燥しないようにすること、②刺激をすくなくすること、③保湿することの3つです。

それではそれぞれ詳しく説明していきます。

乾燥肌のNG習慣!これ以上乾燥しないようにするために日常生活で気をつけることとは

熱いお風呂に長時間入らない

寒いと特に熱いお湯にゆっくり浸かり、体の芯から温まりたいですよね。
ですが、乾燥肌には熱いお湯はNG!

熱すぎるお湯は肌の保湿成分が流れ出しやすくなるため、長時間浸かるのは避けた方が良いでしょう。
ゆっくり温まりたいときは、40℃以下のぬるめのお湯に20分以内というのが目安です。

身体を洗う際も、ナイロンのタオルなどでゴシゴシこするのではなく、肌に優しい材質のタオルを選び、肌が荒れている時は手洗いでも十分です。入浴後は、化粧水やボディクリームなどでしっかり保湿することも忘れずに。

お部屋は適切な湿度を保つ

空気が乾燥していると、それだけでどんどんお肌の水分も奪い取られます。
特に乾燥する冬場に暖房だけだと余計乾燥が進んでしまいます。

加湿器などを上手につかい、お部屋の湿度を適切に保つようにしてくださいね。

無防備な肌には刺激は少なくする

爪は短く切る

かゆみがあると無意識や寝ている間に肌をかいてしまう場合があります。
乾燥肌の人は爪を伸ばさず短く切り、不用意に肌を傷つけることを防ぎましょう。

また、乾燥が進むと爪も薄くなり割れやすくなりますよね。
もし職場がOKなのであれば乾燥の季節だけでもジェルネイルをするのもおすすめですよ。

寝具や衣類は低刺激のものを選ぶ

人によっては、セーターや毛織物などの毛がですら肌を刺激してしまい、かゆみを引き起こしてしまうことがあります。
とはいえ、寒くなってくるとモコモコと暖かいセーターは手放せませんよね。

そんなときは直接素肌に身につけるのではなく、コットンのカットソーや着心地のいい肌着を1枚下に着てください。

新しい衣類は一度洗濯をしてから着たり、洗濯の際は柔軟剤や漂白剤の使用を避けることでも過剰な刺激を抑えることができます。実は柔軟剤などで肌触りはよくなっても薬品を使うことにより肌には逆効果になってしまう可能性があるんですよ。

寝具も同じです。
肌に直接触れるものは、コットンやシルクなど肌触りがいいものを選びましょう。

乾燥して敏感になってしまった肌には衣類・寝具をこだわって選ぶだけで、だいぶかゆみが変わりますよ。

乾燥肌には保湿!保湿!保湿!!

どんなにこれ以上乾燥しないように注意をしたり、刺激を少なくするよう心がけでも、結局のところ乾燥肌が改善されないといつまでたってもよくなりません。

乾燥肌を改善するには1に保湿、2に保湿。3、4がなくても5に保湿です。

どんな成分を選び、どんな成分を避けたらいいのかご紹介します。

乾燥肌に効果のある成分とは

  • ヘパリン類似物質

保湿剤としておすすめなのがヘパリン類似物質が入っているクリームや化粧水です。
ヘパリン類似物質は保湿力が高い成分で、角層の構造(ラメラ構造)を整える事で肌本来のバリア機能を回復させる効果があります。さらに抗炎症効果や、かき跡を修復する作用ももつ優れた成分なんですよ。

  • セラミド配合化粧水

セラミドとは角質層の水分保持機能の鍵を担っている成分です。
セラミド配合の化粧水や美容液など様々な種類が発売されています。

セラミドの種類の中でも「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」は、他の「擬似セラミド」や「植物性セラミド」などが配合された化粧水と比べて、保湿力が高いため、乾燥肌さんにはおすすめです。

少し割高なのがいたいところですが、それだけの効果はありますよ。
特別なときのスペシャルケア用や乾燥がひどいときだけでも使ってみてくださいね。

  • ビタミンE

ビタミンEは特に保湿効果と抗酸化作用に優れているビタミンです。
肌から直接吸収することで、皮膚の血行促進や皮膚温を上昇させる効果も。

乾燥肌や紫外線が気になる敏感肌の方にも特にオススメできるビタミンです。

  • 尿素

カサカサ乾燥している部位角質で硬くなった部位には尿素が配合されたクリームを選びましょう。
尿素は天然保湿成分の一つで角質層の中に元々含まれている成分のため、本来の潤いを取り戻すために効果的な成分です。

また尿素にはタンパク質を分解する作用があるため、固くなった角質を柔らかくする効果も期待できます。

ただし、尿素は刺激が強いので痛みを感じることがあります。また、尿素はタンパク質を分解する作用があるため使い続けると必要な角質も分解してしまい肌のバリア機能を低下させてしまうことも。
乾燥していないときはもちろん、敏感肌のかたにはオススメできない成分です。

乾燥肌なら避けるべき成分とは

乾燥が気になる…
そんなときは、アルコール(エタノール)、香料、着色料の入っていないものを選びましょう。
ついついいい匂いがするボディクリームや化粧品を選びがちですが、香料は肌を乾燥させたり、刺激物になってしまうことがあります。

乾燥が気になるときは「無添加」「敏感肌用」という表示のものを選びましょう。

防腐剤や界面活性剤など、表示が義務付けられた成分(表示指定成分:103種類あります)の入っていないものが「無添加」「敏感肌用」として売られています。もちろん、表示指定成分以外の成分で人によってはかゆみなど刺激を感じることはあるので、表示のみに頼らず、刺激を感じたら使用をやめましょう。

クリームなどを使用するのは、水分が蒸発しやすいお風呂上り直後のタイミングが効果的です。
かゆみを抑えて夜ぐっすりと眠れるよう、毎日の習慣にしてみてくださいね。

乾燥肌は刺激を抑え、保湿すること

乾燥肌だと冬場は本当に辛いですよね。
私も乾燥が進みすぎてお風呂のお湯ですら浸みたことがあります。

ですが、肌は本当に正直です。
面倒でもきちんとケアすることで、しっかり対策することができますよ。

エステシャンの友人に聞いたのですが、乾燥肌のかたはキメが細かく、本来は美しい肌をしているかたが多いんだとか。

乾燥に負けずしっかりケアをして、冬も美肌で乗り越える手助けになったら嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました(*˘︶˘*).。.:*♡

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする