葛根湯の効果・効能を引き出す飲み方や気になる副作用、妊娠中の服用は大丈夫?


「風邪のひき始めには葛根湯」

こんなキャッチフレーズ、1度は耳にしたことがあるかと思います。

1番有名といっても過言じゃない漢方薬ですが、実は風邪薬以外にも効果や効能があるってご存知ですか?

風邪のひき始めはもちろん、ほかにも効果がある葛根湯の詳しい効果や効能、そして最も効果のある飲むタイミングや気になる副作用についてご紹介します。

スポンサーリンク

葛根湯の効果・効能とは?


【第2類医薬品】 ツムラ 葛根湯エキス顆粒 A 64包

葛根湯の効果をみると実は風邪のひき始めだけでなく、肩こりや頭痛、蕁麻疹などにも効果があるお薬です。

  • 悪寒、発熱、頭痛などかぜの引き始め
  • 冷えからくる肩こり
  • 頭痛
  • 頭、首、肩、胸部などの痛み・炎症
  • 蕁麻疹など、かゆみ、はれ、赤み

「葛根湯が頭痛や肩こりにも・・・?」と風邪薬のイメージが強いため不思議に思われる方もいるかもしれませんが、もともと葛根湯は血行を良くしてカラダを温める処方で、体内の水分の代謝や免疫力などを整えてくれる効果が期待できる漢方薬です。そのため、冷えからくる肩こりや頭痛なども改善しやすくなるというわけです。

また、葛根湯を構成する7種の生薬の「甘草」が炎症を抑制する作用があるので、授乳期のお母さんにも血行を良くして乳腺の詰まりをなくすということから助産院などでも服用をすすめるところもあるようです。

葛根湯を構成する生薬とは?

葛根湯は下の7種の生薬で構成されています。

  • 葛根(カッコン)

葛(くず)の根っこのこと。
日本でも「葛もち」などのお菓子などの原料として使われています。

葛には副交感神経(自律神経の一種)に働きかけて人体のメンテナンスをする作用だけでなく、免疫力を上げる作用、消炎鎮痛作用などの効果も確認されています。

そのため、風邪のひき始めの諸症状に効果があるとされているのです。

  • 麻黄(マオウ)

麻の一種で主に中国が原産です。
鎮痛作用の強いアロカロイドのほか、気管支拡張成分であるエフェドリンを含みます。

汗をかきやすくする効果があるため、風邪のひき始めに効果のある漢方薬には大体構成されています。

  • 桂皮(ケイヒ)

「シナモン」のことです。

独特の芳香が食欲増進健胃作用に優れ、病気初期の食欲不振からくる倦怠感を癒します。
またシナモンには鎮静作用があり、解熱目的の際にも用いられます。

また、体を温める効果がある生薬です。

  • 芍薬(シャクヤク)

美しい花を咲かせる芍薬は、薬効も高く漢方ではおなじみの生薬です。
消炎鎮痛、排膿、皮膚疾患、風邪薬などに広く用いられています。

婦人科の妙薬ともいわれ、生理痛や更年期障害に効果のある漢方薬によく使われています。

  • 甘草(カンゾウ)

ハーブでは「ステビア」の名を持ちます。
根の部分には「ショ糖の150倍」とも言われる糖分を蓄えているので、苦くて飲みづらい薬だけでなく、ハーブティの中にもよく入れられているんですよ。東西を問わず昔から薬草として用いられてきました。
最も古い生薬の一つで、数多くの漢方薬に使用されています。

効果は血流改善、解熱鎮痛、喀痰鎮去、整腸作用、健胃作用、疲労回復などになります。
ただし、過剰摂取すると「偽アルドステロン症」を発症する可能性があるので、高血圧症や甲状腺の病気がある人は服用前に医師に相談する様にしてください。

  • 大棗(タイソウ)

日本でも古くから生薬として用いられている棗のこと。
胃腸の調子を整える生薬のため、むくみの改善や、整腸作用、造血作用などがあります。

  • 生姜(ショウキョウ)

食用としてもおなじみの生姜ですね。
血流増進、冷えの解消、デトックス作用、消炎鎮痛作用などに優れています。

スポンサーリンク

飲むタイミングが命の葛根湯。いつ飲めばいいの?

「風邪気味のときに飲んだけど効かなかったんだよね」

葛根湯はメジャーな分、「効いた!」と言う声と同じくらい「効果がなかった!」という声も聞きます。

実は葛根湯は適応症が広く、副作用も少ない漢方薬のため、とりあえず出しておこうと使われてきた漢方薬でもあります。
適応症が広いぶん、葛根湯をきちんと使いこなせるようになったら名医だと言われていたくらいなんだとか。

そんなタイミングが命の葛根湯を飲むベストタイミングは、

 風邪のひき始めの症状
 悪寒、頭痛、微熱はあるが、汗はかいていない
 首のうしろと肩がすごく凝っている、関節痛が少しある
 体力はわりとあるほう

こんな症状のときに葛根湯は飲んでください。

特に、ゾクゾクとするような悪寒があり、風邪のひき始めのような症状で汗はかいていないというのがポイントです。

葛根湯は解表薬と言われていて、汗をかくことで風邪を外へ出すお薬です。

効果がなかった人は飲むタイミングが遅かったか、ゾクゾクする風寒タイプの風邪ではなく、熱っぽい風熱タイプの風邪だった人がほとんど。

漢方薬はその時の症状に合わせて飲まないと効果がありません。

もし上記のタイミングであれば、葛根湯を試してみてくださいね^^

気になる葛根湯の副作用とは?妊娠中は飲んでもいいの?

葛根湯の副作用には、胃の不快感、食欲不振、吐き気、動悸、息切れ、不眠、多汗、いらいらする、発疹、発赤、かゆみ、尿が出にくくなるなどがあります。

構成される生薬にアレルギーをお持ちなら飲むのは避けてくださいね。

また、重篤な副作用に、偽アルドステロン症(血圧の上昇、体重増加、むくみ、脱力感など)、肝機能障害などが報告されています。合成薬ほど強くはないのですが、これらの副作用が出たら使用を中止して、薬剤師か医療機関に相談するようにしてください。

妊娠中でも飲めるのが葛根湯ですが、特に注意が必要なのは、バセドウ病や橋本病など甲状腺機能障害を患っている場合です。

甲状腺機能障害の場合は?チラージンとの飲み合わせについて

葛根湯の注意項目に、甲状腺機能亢進症の人は慎重に用いるようにと書かれています。

実は、葛根湯に含まれる麻黄の中に含まれるエフェドリンが問題です。

エフェドリンには交感神経を活発にする効果があるため、甲状腺ホルモンの交感神経興奮作用を増強する可能性があると言われています。

甲状腺機能亢進症であるバセドウ病の方はもちろんですが、甲状腺機能低下症の橋本病の場合に処方されるチラージンの作用を強めるおそれが有るため、甲状腺機能障害を持つかたは麻黄を含む漢方薬を併用するときには、動悸や血圧上昇などに注意してください。

数値が安定していれば大丈夫とも言われていますが、医師の指示のもとで服用したほうが良いと思います。

葛根湯は風邪のひき始め、悪寒があって、汗をかく前に飲むこと


【第2類医薬品】ツムラ漢方内服液葛根湯 30mL×3

風邪のひき始めによく使われる葛根湯は、

・風邪のひき始め
・悪寒があって、汗をかくまえ

に飲むと効果がある漢方薬です。

また、体を温める効果から、冷えからくる頭痛や肩こり、腰痛にも効果があります。

粉末、錠剤、液体と3種類発売されていますが、液体タイプが1番効果は強くなります。
粉末の場合は15歳未満のお子さんでも飲めるのが嬉しいポイントですね。

錠剤も発売されていますが、形状が粉や液体に比べ大きいため効果に時間がかかるほか、もともと胃に優しくない葛根湯なので胃が弱いかたにはおすすめ出来ません。

どうしても味や匂いが苦手な場合で葛根湯が飲みたい場合でないのであれば使わなくてもいいんじゃないかな〜?と私は思います。

寒くなるにつれて、ゾクゾクする風寒タイプの風邪が流行ります。
風邪かも?と感じたら葛根湯、試してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする