空腹時の胃痛に効く市販薬。原因と気になる症状について


「胃痛に効く市販薬」って、実はたくさんあります。

ですが、実は薬の種類によって期待できる効果が異なるため、自分の胃痛タイプによって適切な薬を選ぶことが大切です。

今回は、空腹時に起こる胃痛の症状や原因について詳しく解説します。

また、胃薬に頼らずきちんと医師の診察を受けたほうがよいケースについてもあわせてお伝えします。

スポンサーリンク

胃薬にはどんな種類があるの?

胃痛の原因は大きく分けて

  • 胃酸過多による胃痛
  • 消化不良による胃痛

の2つに分けられます。

胃薬にも、胃痛の原因となる胃酸の分泌を調整するものや、食べたものを運ぶための、ぜん動運動を調節するもの、ほかにも胃の粘膜を保護するものなど、さまざまなタイプがありるので、胃痛の原因や症状に適した薬を選ぶことが大切なんですよ。

空腹時の胃痛の気になる症状とは?

空腹時に胃がキリキリ痛むかたは、ストレスによる胃痛かもしれません。

ストレスたまると、自律神経が乱れ消化管を刺激してしまい、胃や腸の運動が活発になることで胃酸が過剰に分泌され胃粘膜を荒らしているのかもしれません。

ストレスによる胃痛の特徴は?
  • ご飯を食べるなど胃の中にモノが入ると治まる
  • ムカムカと胸やけを起こしやすい
  • 吐き気下痢を伴ってしまうことも
  • 胸やけや胃痛、食欲不振など胃全体の不調が起こる

スポンサーリンク

空腹時の胃痛に効果のある市販薬とは?

空腹時の胃痛は胃酸の分泌を抑えてくれる制酸薬過剰な胃酸で荒れた胃粘膜を修復してくれる修復薬が配合されている胃薬を選ぶのがおすすめです。
それでは具体的にご紹介します。

【第1類医薬品】ガスター10


★【第1類医薬品】ガスター10 S錠 12錠
※薬剤師からのメールにご返信頂いた後の発送になります

ガスター10は、胃酸の出過ぎをコントロールして、胃痛や胸やけ、もたれ、むかつきなどに効果がある胃腸薬です。
胃に直接アプローチするファモチジンという成分が配合されているので、比較的即効性が期待できる薬です。

ガスター10の場合は症状が出た時、または出そうな時に使う「頓服薬」で、どのタイミングで飲んでも問題なく効果が発揮されるため、すぐに痛みを緩和させたいという人にとっては、嬉しいポイントですよね。

症状のある時に1回1錠、1日2回まで、8時間以上空けて服用します。

ただし、3日間服用しても症状が改善しない場合は、服用を止めて医師又は薬剤師に相談してください。

スクラート 胃腸薬S


【第2類医薬品】スクラート胃腸薬S 散剤 34包

粘膜保護修復作用のあるスクラルファートという成分を配合。

速効性があるだけでなく、6時間以上効果が持続するため、胃痛が長引くタイプのかたにもおすすめです。
修復後はほとんど体内に吸収されず、体外へ排出されます。

15才以上の方が使用でき、1日3回、食間、就寝前に服用します。
胃痛には、空腹時の食間(食後2~3時間)と就寝前の服用が効果的です。

顆粒と錠剤が発売されていますが、錠剤は消化不良などの時に、食後にも服用できます。

ブスコパンA錠


【第2類医薬品】エスエス製薬 ブスコパンA錠 20錠

ブチルスコポラミン臭化物の働きにより、胃の痙攣や緊張を緩和させ、痛みを軽減させる効果があります。
また、過剰な胃酸分泌を抑えることもできるため、ストレスによる胃痙攣や胃酸過多にぴったり。

急な胃痛に襲われたとしても、すぐに服用することである程度痛みを抑えることができるのも嬉しいですね。

糖衣錠なのでするっと飲みやすく、間隔を4時間以上空ければ1日3回までの服用が可能です。

なお、ストレスによる胃痛だけでなく、食後の腹痛に対しても効果があります。

ファイトップOZneo


【第2類医薬品】ファイトップOZneo 20錠

ファイトップOZneoは、鎮痛効果のあるオキセサゼインが成分とする胃薬です。
胃の中で早く溶け、胃粘膜に対して直接的に作用するため、はきけや胃の痛みなどの症状を速やかに改善してくれます。

「はきけ」、「胃の痛み」を、早く和らげたいときにおすすめです。

半夏瀉心湯


【第2類医薬品】ツムラ漢方 半夏瀉心湯(1014) 24包

​半夏瀉心湯は、胃腸炎や神経性胃炎、胸焼けなどに効果があるとされる漢方薬です。
特に効果的とされているのが、ストレスによって現れる症状です。

カンゾウ・オウゴン・ハンゲ・ニンジンなどを含む7種の生薬が配合されています。
みぞおちあたりに何かがつかえるような不快感がある時には、半夏瀉心湯の服用を検討してみてくださいね。

胃の不調にはもちろん、下痢や軟便、胃腸の不調が原因の口内炎に悩む人にもおすすめです。

ストレスが原因の胃痛を改善するには

まずは、ストレスを解消することが一番です。ストレスを引き起こす原因となるものを少しでも取り除けるよう、自分なりの解消方法を見つけてください。

ぜん動運動や胃酸の分泌を促進する副交感神経と、逆にそれらを抑制する働きのある交感神経は、ストレスを強く感じると乱れてしまいます。心身を十分に休めるためにも、規則正しい生活リズムや良質な睡眠をとるようにしてください。

 早朝や空腹時に起こる胃痛は、十二指腸潰瘍の疑いが考えられます。
一時的なものではなく、胃痛が長引く場合は専門の医療機関で早めに受診してくださいね。

食べ過ぎ・飲み過ぎに効果のある市販薬についてはこちらから

食べ過ぎ飲み過ぎに効果のある市販薬やムコスタは?胃もたれや胸焼け、吐き気がする場合やNGな胃薬とは
忘年会や付き合いが増える時期は、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃のもたれや胸焼けで胃薬を買うことがありますよね。 様々な種類がある胃...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする