医薬部外品ってなに医薬品や化粧品・食品との違いとは

「医薬部外品だから安心だね!」とCMなどで耳にしたことはありませんか?

字面をみるとどうも医薬品ではないらしい…ということはわかるけれど、医薬部外品って一体どういうものを指すのでしょうか。

知っているようで意外と知られていない医薬部外品について、また薬用や医薬品、そして化粧品・食品との違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違いとは?

スキンケア用品、オーラル用品、ヘアケア用品などを購入する際、医薬品医薬部外品薬用など、表示を目にしませんか?

実は薬機法という法律で、一般的なケア用品や薬はその有効成分や配合により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

医薬品とは?

医薬品とは、病気や症状の「治療」を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものを指します。

医薬品は、病院などで処方されたり、薬局などで購入でき、服用することで症状を「治療」することができると認められています。

医薬部外品とは?

医薬部外品にも、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。

ですが、医薬品のように治療というよりは「予防・衛生」を目的に作られています。
医薬品に比べて効果は穏やかなので、販売域も幅広く、制限がありません。

「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、効果のある有効成分が配合されているので、効果をパッケージなどに表示することができます。

化粧品や食品との大きな違いはこれかもしれません。

また「薬用」と書かれている場合もありますが、これは医薬部外品として認められている表示なので「薬用=医薬部外品」と思っていただければ大丈夫です。

化粧品・食品とは?

化粧品・食品とは、医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、「清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つ」などの目的で使用される製品です。

医薬部外品では大丈夫だった「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないので、パッケージなどで表現すると薬機法違反になります。

「医薬品」「医薬部外品」はこれらの表示が必ずあります。購入の際、表示を参考に目的にあったものを選んでください。

スポンサーリンク

医薬品、医薬部外品、化粧品・食品を比べて見たときの効果効能の違いは?

医薬品や医薬部外品、化粧品・食品の違いは、含まれている有効成分の濃度や厚生労働省で認められているかですが、具体的に効果効能の強さについては下記のようになります。

化粧品・食品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品

医薬品や医薬部外品、化粧品の違いとは?

よく耳にする医薬部外品について、いかがでしたでしょうか。

医薬品と化粧品の間に位置し、予防や衛生的に保つのに効果がある商品が多く、化粧品では物足りないときやちょっとしたトラブルに使いたいときにとても便利ですよ。

効果や効能を理解して、上手にお使いくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする