7の倍数で女性は体が変わるってどういうこと?

アンチエイジングとは、年齢に逆らうと書きます。

いつから始めるのが正解、また、いつまでにはじめないとダメ!というのはありません。

唯一正解があるとしたらそれはあなたがアンチエイジングという単語が気になり始めた時なんじゃないでしょうか。

巷にはエイジングケアのための商品は山のようにあふれていますが、そもそもいま、自分の体がどのように変化しているのかって、考えたことありますか?

今回は、東洋医学的観点における、年齢の重ねかたについて、お話していきます。

スポンサーリンク

女性は7の倍数に注意!東洋医学が言う女性の体の曲がり角とは?

このCMをみたことありませんか?

東洋医学では、女性は7の倍数で、男性は8の倍数で、体に変化が起きると言われています。

どうして7の倍数なのか、そして、どのように変化があるのか、詳しく説明していきます。

7の倍数で起こる体の変化について

7の倍数が提唱されている根拠は実はよくわかっていません。

ですが、1番関係しているが女性ホルモンです。

年齢別に詳しくみていくと、わかりやすいですよ。

もちろん、ぴったし7の倍数!と考えるのでなく、

0〜7、8〜14、15〜21、…と期間で捉えるとイメージしやすいと思います。

7歳:永久歯が生えそろう

いまだと大体、小学校入学前後の年齢ですね。

この頃になると、乳歯が永久歯と生え変わりがはじまり、早い子だと永久歯が生えそろっています。

14歳:初潮を迎える

小学生高学年〜中学生の頃ですね。

女性ホルモンの分泌が一気に増え始め、女性らしい体つきになっていきます。

しかし、まだホルモンバランスが不安定なため生理不順になりやすかったり、反抗期を迎える時期です。

21歳:女性の体が完成する

この時点で成長ホルモンの分泌量は一気に減少し、緩やかに老化が始まっていきます。

そして初潮が来た頃には不安定だった女性ホルモンの分泌量が安定するようになり、

女性としてより一層美しくなっていく期間のはじまりです。

28歳:女性の体が最も充実する

女性ホルモンの分泌量はピーク!

人生の中で一番美しいと言える年齢です。

また、体も成熟し妊娠・出産に適した年齢でもあります。

35歳:容姿が衰え始める

35歳というと、育児真っ最中だったり、キャリアを積むために踏ん張るお年頃。

きっと、人生において1番忙しく、そして、充実した時期かもしれません。

ですが、ふと鏡で自分を見てみると、顔にシワが目立つようになったり、脱け毛や婦人科系のトラブルが起きやすくなるのもこの頃。

女性ホルモンは、35歳を境に減少が始まる傾向があります。

さらに、肌のうるおいを保つヒアルロン酸などの生成量も大きく減少し始めるので、肌の乾燥も目立つようになります。

42歳:顔がやつれ、白髪が目立ち始める

シワ・シミが増えるたり、心身ともに不調が増えるころです。

育児もひと段落して、復職しはじめたりと、いまの女性って本当にアグレッシブです。

ですが、女性ホルモンの分泌量はかなり減少し、徐々に閉経へと近づいていきます。

ホルモンバランスの乱れから血行不良や冷え性を起こりやすくなるのも特徴です。

49歳:閉経。子供を授かるのが難しくなる

早い人だと孫がいる、なんて人も出てくるのがこの頃。

閉経前後に起こる更年期障害によって、心身ともに様々な不調が起こるかたも多くいます。

また、老化による体力の低下もあり、ゆったりと過ごせるように工夫が必要です。

スポンサーリンク

腎気(じんき)から見た体の年齢変化

この7年周期ってどこからきたの?というと、『黄帝内経(こうていだいけい)』という書物です。

『黄帝内経(こうていだいけい)』とは、東洋医学の教科書ともいえる文献で、伝説上の帝王である黄帝(こうてい)が問い、医学の師である岐伯(きはく)がそれに答える形式で、東洋医学の思想や養生(=生活)の仕方が説かれています。

この書物のなかに、腎気(じんき)から見た体の年齢変化として、女性は7歳から49歳までを7年周期で、男性は8歳から64歳までを8年周期で表したライフサイクルが記されています。

腎気とは、東洋医学において成長、発育、生殖にかかわるエネルギーのことで、エイジングケアに大きく関わってくる臓腑です。

時間の流れとホルモンと上手く付き合うのが鍵

年齢ごとのホルモンバランスによって起こる変化を見ると、「7の倍数に注意」という教えに納得できます。

2000年以上まえの文献なのに、いまでも通用する教えや考えばかりで毎回驚かれます。

誰も好き好んで年をとるわけではないですが、今のご自分の年齢がどの位置にあるのか知ることによって、どんな対策を取るべきなのか具体的に考えられますよね。

時間には逆らえなければ、体の変化にも逆らえません。

より良い年を重ねられるよう、自分の体をうまくコントロールするためにも、7の倍数、意識してみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする