夏風邪に効く市販薬 高熱や咳など症状や長引いてる時の治し方とは

一度ひくとなかなか治りにくいといわれる夏風邪。
子供や老人、そして夏バテなどで抵抗力がなくなっているときほどかかりやすく、食事も困難になるほどののどの痛みや下痢などの症状がおこるため、放っておくと思わぬトラブルにつながる可能性も。

困った夏風邪に効果のある市販薬を高熱や咳など症状別でご紹介します。

スポンサーリンク

夏風邪ってそもそもどんな症状?

夏風邪の主な症状には、腹痛や下痢、頭痛などがあります。
一度かかると長引きやすく、治りにくいのが特徴です。
なぜなら、夏風邪は冬の風邪とは異なり、80~90%がウイルス性の感染症だからです。

夏風邪を引き起こすウイルスは、高温で湿度の高い環境を好むエンテロウイルスアデノウイルスの2つ。

どちらもお腹の中で増殖し、体外に排出されるまで時間がかかる上に、ウイルスに効く特効薬はないので、自分の免疫力で治すしかありません。

市販薬も病院で処方されたお薬だとしても、治療に対症療法をとるしかないため、長引きやすくなるのです。

夏は暑さや湿度から食欲が低下し体力や免疫力が落ちやすい季節。
体の抵抗力が弱まるとウイルスに感染しやすくなるので、少しずつ免疫力をつけて自然治癒を待ちましょう。

 夏風邪について詳しい内容についてはこちらから

頭痛や喉の痛みや下痢など夏風邪と熱中症の違いや特徴、治し方、やってはいけないこととは
毎日暑い日が続いていますが、元気にお過ごしですか? 夏バテで食欲がなかったり、なんとなく怠かったり… それだけでなく、頭痛や...
スポンサーリンク

夏風邪に効く市販薬とは?

夏風邪の原因となるウイルスには、アデノウイルスとエンテロウイルスがいます。

アデノ(ノド)、エンテロ(腸)という名の通り、咳や喉の痛みを伴う場合や下痢や腹痛など胃腸にくる場合が多く、高熱を伴うことが多いのが特徴です。

それでは症状別におすすめの市販薬をご紹介します。

長引く咳に効果のある市販薬とは

咳は体力を使うほか、息苦しく睡眠不足になりがちです。
長引く咳を止めたいのであれば、咳中枢に働きかけるリン酸コデインジヒドロコデインが入っている薬は咳止め効果が高くおすすめです。
ただし、どちらも効果が高いぶん、眠気や便秘、麻薬性など副作用も高くなるので注意が必要です。

 咳止め効果の高い市販薬についてはこちらから

ドラックストアで買える咳を止める薬の選び方と気になる副作用について
熱はないのに咳だけが長引いていて辛い… 咳って意外と体力を消耗するくせに、仕事を休んで病院にいくほどでもないので案外ほったらかしにしが...

西洋薬と異なり、咳の原因からアプローチをするのが漢方薬の特徴です。
咳止め効果の高い漢方薬もたくさんあるんですよ。

 咳止め効果の高い漢方薬についてはこちらから

止まらない咳に効果のある漢方薬。効果や特徴、気になる副作用は?
空気が乾燥していると、咳や喉の痛みを訴える人が多くいます。 実は咳止めや喉の痛みを抑える市販薬の多くは眠くなったり、中毒性があ...

喉が痛くて何も飲み込めない!喉の腫れに効果のある市販薬とは

夏風邪はウイルスが原因のため、体がウイルスに抵抗しようと発熱することが多くあります。
高熱として表れるだけでなく、喉の腫れや節々の痛みとして熱を持つことも。

夏場は暑さや湿気でバテやすく、ただでさえ食欲が落ちやすいのに、喉が痛くてなにも食べられないとなると、どんどん抵抗力が落ちてしまいます。

そんな激しい喉の痛みを抑えてたいのであれば、消炎効果や解熱鎮痛効果のある薬を選びましょう。

消炎効果の高い成分としては、咽頭炎・扁桃炎にも使われるトラネキサム酸がおすすめです。
美白や肝斑の治療にも使われているので耳にしたことがある人も多いかもしれませんね。

 喉の痛みに効果のある市販薬についてはこちらから

喉の痛みに効果のある市販薬や副作用について
空気が乾燥していたりすると、喉を痛める人が増えてきます。 のど飴や喉スプレーなどいろいろありますが、どうしても喉の痛みがあるときに...

バファリンに含まれるアスピリンやイブに含まれているイブプロフェンなどの鎮痛剤は解熱効果もあるため、喉の痛みが強い場合、一時しのぎとして飲むのもいいですよ。
ただし、発熱はウイルスを退治するために体が戦っている証拠です。

38度以上の高熱が続く場合など、どうしても体がしんどい場合は飲んで対処するのもいいですが、あまり飲みすぎるとかえって夏風邪は長引くので注意が必要です。

下痢や腹痛などに効果のある市販薬とは

夏風邪は胃腸風邪とも言われるくらい、下痢や腹痛を訴える人が多くいます。
なのですが、下痢や腹痛の薬を選ぶのが1番難しいかもしれません。

ウイルス性の下痢は、免疫がウイルスに勝って胃腸の粘膜が修復されないと治りません。

下痢を止めようと安易に薬を飲むのも、注意が必要です。
下痢の症状は、腸内に潜んでいるウイルスを便と一緒に体外に排泄するために起きている体の防御反応です。

腸管運動抑制成分(ロートエキスなど)が含まれた下痢止めを飲んでしまうと、ウイルスを腸に留めてしまい、排出を遅らせることで回復まで時間がかかってしまいます。

もちろん、体力を奪うようなひどい下痢の場合は例外で、下痢止めを服用した方がいい場合もあるため、あまりにもひどいときは早めに病院へ受信し、判断を仰ぎましょう。

夏風邪が原因の下痢には藿香正気散(かっこうしょうきさん)がおすすめです。

冬風邪には葛根湯、夏風邪には藿香正気散といわれるくらい有名なお薬です。
どんな季節であっても胃腸型感冒にすぐれた効果を発揮します。

吐き下しをするような胃腸型感冒に効果のある漢方薬で、食欲増進作用など胃腸にはとても優れた効果を発揮します。

クーラー病による頭痛にも効果があり、体に溜まった水分を乾燥させてくれる効果が高いのが特徴です。

ただし、効き目が良いからと言って、だらだらといつまでも連用していると、潤いの必要な粘膜まで乾燥させすぎる場合があるので、連用するのではなく、症状が治まったら使うのをやめましょう。

夏風邪はウイルスを倒すために免疫力を上げることが大事!

細菌性の風邪は抗生物質を飲めば、細菌を殺すことができます。
ですが、抗ウイルス薬はまだ存在していないため、ウイルスが原因となる夏風邪は体の免疫力をつけてしっかり治すことが大切になってきます。

高熱や咳、下痢など症状は辛いですが、変に薬を飲むことで逆に夏風邪が長引く原因になることもあるので注意が必要です。

夏風邪を長引かせないためにも、はやめに対処してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする