頭痛や喉の痛みや下痢など夏風邪と熱中症の違いや特徴、治し方、やってはいけないこととは

毎日暑い日が続いていますが、元気にお過ごしですか?

夏バテで食欲がなかったり、なんとなく怠かったり…
それだけでなく、頭痛や喉の痛み、お腹の調子まで悪い…

それ、夏バテではなく、夏風邪かもしれませんよ。

今回は、夏風邪と夏バテとの違いや夏風邪の特徴、そして治し方のポイントについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

夏風邪の主な症状とは?

夏風邪の原因となるウイルスは、冬に多いタイプとはまったく異なり、症状にも大きな違いがあります。
「夏風邪=夏にひく風邪」と安易に考え、冬の風邪と同じ対処をしていると、こじらせて悪化したり、別の病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。

夏風邪の症状は、主に胃腸にきたり、喉や鼻水として表れ、高熱を出すこと。

実は、夏風邪を引き起こす原因の90%はウイルスによるもの。
冬の風邪を引き起こすウイルスとの大きな違いは、じめじめして湿った、高温多湿の環境が大好きというところです。

乾燥を好む冬のウイルスとは、真逆の性質を保つため、間違った治療法をしてしまうのも、夏風邪が長引く原因の1つです。

夏がぜを引き起こすウイルスはエンテロウイルスやアデノウイルスとよばれています。

エンテロ ⇨ 腸
アデノ ⇨ ノド

という意味で、その名の通り、発熱に加えて腹痛や下痢、ノドの痛みなどが特徴です。

お腹にくる夏風邪はエンテロウイルスに感染したケースです。実は、エンテロウイルスはのどだけでなく、腸でも繁殖するため、発熱やのどの痛みに加え、下痢や腹痛など腸の症状を訴えるのが特徴です。

アデノウイルスも、呼吸器と腸で繁殖しますが、発熱とノドの痛み、激しい咳が出るのが特徴です。 咽頭結膜炎や咽頭炎を起こすケースもあります。乳幼児の場合、百日咳と間違えるほど、ひどい咳が出るケースも多くあります。ノドの痛みで、食べ物や飲み物がノドを通らなくなることもあります。ただでさえ暑くて食欲がなくなりがちなのに、さらに体力が低下して夏バテの原因にもなりかねません。

夏風邪は症状が長引きやすいので、油断できません。
対処法や予防法をしっかり知っておき、こじらせないようにしましょう。

夏風邪と夏バテの違いって??

風邪はよく言われるのが喉や鼻の粘膜に炎症がある場合、そして、ウイルス感染による症状がある場合のこと。
対して、夏バテは夏の暑さで脱水状態がうっすら続いたり、内臓が疲れて体のだるさに出たりすることです。

夏バテは涼しい場所でしっかり栄養補給や水分補給をすれば数時間〜1日で治ることが多く、重症化しても2〜3日で治ることが多いのですが、夏風邪の場合、数日〜1週間程度と治るのに時間がかかるのも、違いの1つ。

夏風邪と夏バテとの大きな違いはウイルスに感染しているかどうかですが、そんなの普通はわかりませんよね。
両者とも症状が似ているので、ノドの痛みやだるさを夏バテと勘違いして見過ごしてしまう人もいます。

かぜは健康な人でもかかりますが、とくに体の免疫力が低下しているときほど感染します。
暑さやクーラーのかけ過ぎによって疲労や食欲不振、寝不足の状態になると免疫力も低下し、通常より夏かぜにかかりやすくなるので、夏バテしないように免疫力を高めておくのが夏風邪を引かないポイントです。

スポンサーリンク

夏風邪を治す上でのポイントとは??

夏かぜをひいたときは家でゆっくり休養して免疫力を高め、ウイルスに打ち勝つ体力をつけることが第一です。

下痢や腹痛などの胃腸障害を伴うことが多いため食欲も落ちやすいのが夏風邪の特徴です。下痢を起こすと脱水症状にもなりやすいので、1時間に1回程度を目安に定期的な水分補給を忘れずにしてくださいね。

食事は揚げ物や炒め物はひかえ、おかゆや野菜スープなど胃腸にやさしく、ノドの通りの良いものを摂るのがおすすめです。炭水化物や良質のタンパク質を中心に、消化のよい食事を少量ずつでも摂るようにしてください。

風邪を悪化させないコンビニで買えるオススメご飯や飲み物とは
なんだかだるいな… もしかして風邪ひいた?! そんなときにささっと買い物ができるコンビニで風邪を撃退できる食事が用意...

ノドの痛みがひどいときは、濡れマスクもおすすめです。ノドは乾燥すると免疫力が低下し、ウイルスが繁殖しやすくなるからです。
ただし、夏風邪のウイルスは多湿で不潔な環境を好むので、マスクはこまめに交換し、常に清潔なものをつけるようにしてください。ノドがかなり腫れて、飲み物などが通りにくいときは、熱中症や脱水症状を引き起こしやすいので早めに受診し、悪化させないことが大切です。

かぜのひき始めで症状が軽く、熱がないときは入浴もいいでしょう。
新陳代謝が高まり、気分もリフレッシュすることで回復を早める効果があります。

早く治したいならやめて!間違った夏風邪の治し方

汗をたくさんかく

冬と同じように厚い布団にくるまって、無理にたくさん汗を出そうとする人もいますが、体力を消耗するだけなのでおすすめできません。
適温に設定するなどクーラーを上手に利用して、心地よい環境を保ってください。

下痢止めを飲む

夏風邪のウィルスによって下痢などの症状が出ている場合、下痢止めはやめましょう。
腸内のウィルスを便と一緒に体の外へ排泄しようとする防衛反応を邪魔して、回復が遅れてしまうことがあります。

風邪薬のなかには胃腸障害や便秘を引き起こすものがあります。
適当に飲むのではなく、きちんと薬剤師や登録販売士に相談してくださいね。

抗生物質を飲む

実は抗生物質は細菌に効果があるお薬です。ウイルスには効きません。
夏風邪の原因は、ウィルス感染によるものです。したがって夏風邪に抗生物質は効果がありません。

熱などで身体が辛い場合は、解熱剤などが処方されるようですが、やはり安静・休養で治すのが一番です。

お風呂に入らない

熱が微熱、または無い場合、夏風邪は、入浴した方が回復が早くなります。

夏風邪ウイルスは皮膚に付着しやすく、湿度や不衛生な環境が大好きなため、汗ばんだ皮膚は大繁殖する格好の餌食になります。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかることで、新陳代謝を高め、免疫力を高める効果もあるので、体力が落ちやすい夏風邪にはぴったり。

ただし、高熱がある場合、無理して入浴するのは控えてくださいね。
タオルで体をふくなど、清潔に保つようにしてください。

しっかり体を休めて夏風邪退治!予防ポイントまとめ

夏風邪は、日常生活のなかのちょっとした注意で予防することができます。

夏風邪の場合は経口感染が多く、特に家族に患者がいる場合は、家庭内での手洗いやうがいを心がけ、トイレや洗面所のタオルの使いまわしはしないようにしてください。湿って汚れたタオルは、夏風邪のウイルスが繁殖しやすいため移りやすくなってしまいます。

免疫力の低下も、夏風邪の原因の1つです。
炎天下での運動や外出、寝苦しいための睡眠不足や不規則な食事が続いたとき、免疫力が急速に低下することがあります。

とりわけ睡眠不足の影響は大きいので、「よく眠れていない」と感じたときは、お昼寝がおすすめです。仕事のある方でも、食後に休憩室などで少し15分程度昼寝をするだけで、リフレッシュできますよ。

また、エアコンを長時間使用も、冷えすぎによるストレスから免疫力が低下します。
自宅ではエアコンではなく扇風機にする、会社や映画館などでは体温調節できる羽織るものを持って行き体の冷えを防ぐことも、夏風邪の予防につながります。

食事面では、発汗をうながし、免疫力を高めるショウガやニンニクを使った料理が、夏の体力維持にはピッタリ。
食欲がなく、肉類などが重く感じられるときには、チーズやヨーグルトで動物性たんぱく質を補うようにしましょう。乳製品のたんぱく質には、免疫を活性化する成分が多く含まれています。

夏バテ対策に効果のある食べ物や薬膳レシピ
暑さで食欲がなくなりがちの夏。 そんなときはあっさり手軽に作れる美味しいご飯で夏を元気に過ごしませんか? 薬膳の観点から...

ただでさえ、暑くて体力消耗しがちな夏は、いかに免疫力を落とさないようにするかがポイントです。
しっかり体力をつけて、夏風邪を引いたときも重症化する前にしっかり治してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする