風邪を悪化させないコンビニで買えるオススメご飯や飲み物とは

なんだかだるいな…
もしかして風邪ひいた?!

そんなときにささっと買い物ができるコンビニで風邪を撃退できる食事が用意できたら便利だと思いませんか?
第一、体調が悪いときにしっかりご飯を作る余裕なんてないし、そんな時間があればさっさとお布団に潜って寝てしまいたいですよね。

そんなアナタに、コンビニで買うことができる風邪撃退ご飯をご紹介します。一人暮らしのかたなど、お家に常備させておくと、いざというとき役にたちますよ^^

スポンサーリンク

風邪の引き始めとった方がいい食事とは?

風邪は、東洋医学では風邪(ふうじゃ)という邪気が体の表面に入ったことで起こると言われています。
風邪(ふうじゃ)を退治するには、汗をかき、しっかりと体力をつけることが大切です。

まずは、オススメの食材をご紹介します。

ショウガ

辛温性の食材です。
ほかの生薬と一緒に使用して発汗を高めたり、お腹を温める作用があるため、寒さによる胃の痛みにもおすすめです。
嘔吐止めとしてもよく用いられ、魚の毒を取ったり、利尿作用もあります。

ネギ

生薬名では「葱白」(そうはく)といいます。
カラダに溜まった悪い気を発散させ、発熱や悪寒の補助にも使用できます。
カラダを温めて痛みを止める作用もあります。

梅干しに含まれているクエン酸やビタミンCの効果により、血液の流れが良くなり、抵抗力や免疫力がアップして風邪に対する強い身体を作ることができます。
体の中に溜まった老廃物を外に出し、血流をよくする効果があるので、風邪を引いて体がダルいときや熱っぽいときにもオススメの食材です。

風邪を引いたかな?と思ったらまずは体をあたため免疫力を高めること、食べれるようなら無理しない程度にお腹に入れてしっかり休養をとりましょう。

大事なのは、ただ薬を飲むことではなく、自分の体の免疫力や抵抗力を高めることです。
その方が、長引くことなく治すことができますよ。

免疫力を高めてくれる食材についてはこちらから

風邪予防にも効果的な免疫力を高める食材とは
季節の変わり目は気温の寒暖差が大きいため、ちょっとした油断や生活習慣で免疫力が低下し、風邪をひいて体調を崩す人が多くいます。 ...
スポンサーリンク

コンビニで買える風邪のときに食べたいオススメの食事とは

それではさっそく、コンビニで買えるご飯で風邪撃退食を作りたいと思います。

そのまま食べてももちろんいいですが、一手間加えるだけでもっと食べやすく、そして効果も高くなりますよ。

ねぎのお味噌汁

お湯を注ぐだけでできるカップのお味噌汁は、食事を作りたくないときでも簡単に発酵食品が取れる優れもの。
ネギは前章でもお伝えした通り、発汗作用に優れている食材です。

お味噌は言わずもがな素晴らしい発酵食品。
特に生味噌は良質な酵素を含み、腸内環境を整え、冷え対策にも効果的です。

実は、体温が1度上げるとエネルギー代謝が10%以上、上がると言われています。

体温が1度上がるだけで免疫細胞である白血球の働きは30%以上、免疫細胞の6~7割が集まっている腸の働きも上昇します。

 ちょい足しレシピ

ネギのお味噌汁に、生姜ひとかけ(チューブでOK♪)と鰹節を入れましょう。

ネギに生姜を足すことで、より発汗作用を強めるほか、風邪でむくみやすい体を整えてくれます。

また、鰹節の旨み成分であるイノシン酸には細胞を活性化し、新陳代謝が促進する効果があるので、風邪の回復にも効果があるんですよ。

梅干しおにぎり

おにぎりの定番といえば、梅干し!

梅は食欲がないときや、熱で口が不味いときもさっぱりさせてくれるので、風邪を引いたときは強い味方ですよね。

梅干しの香料成分ベンズアルデビドには、痛みを和らげる働きがあるので頭痛がするときにもいいですよ。

 ちょい足しレシピ

梅干しおにぎりを大きめのお茶碗におき、ノリを外して熱い番茶を注ぎます。

外したノリは食べやすい大きさにちぎって、上にのせると美味しいですよ。

お茶漬けにすることで、サラサラと食べやすくなるほか、番茶はビタミンCを豊富に含みます。
また、茶の渋み成分であるカテキンには殺菌・抗ウィルス作用があるので、ノドが痛いときにもオススメです。

ネギのみじん切りと擦りおろしニンニクを一緒に入れると、体も温まりますよ。

風邪を引いたとき、まず大事なのは水分補給をすることです。

特に喉が痛いときなど、飲み込むのが辛くてあまり水分を取らないかたもいますが、逆に口が乾燥して辛くなりますよ。

ガブガブ飲むのではなく、口を潤すように一口ずつゆっくり水分を摂るようにしてくださいね。

風邪薬で風邪は治らない?いったいどういうこと??

風邪を引いたらまずは風邪薬を飲んで風邪を治そうと思いますよね。
でも、風邪薬に風邪を退治する力はないって子存知ですか?

風邪の原因のほとんどはウイルスです。

しかし、現在風邪を引き起こすウイルスに効果がある薬は現代医学にはありません。
風邪を治すのに効かないだけでなく、むしろ治るのが遅くなる場合も。

風邪を治すために飲んだのに、それではあべこべですよね。

なぜ風邪薬はあるのかというと、それは症状を和らげるためにあるのです。
辛い咳や鼻水、熱を和らげることでゆっくりと安静にできるようにするために薬は使います。

風邪を治すのは自分自身の免疫力や体力によるものです。

もちろん、ただの風邪ではない場合もあるので、ひどい時(38℃以上の高熱など)や子供が風邪の時には、自分で判断せずに医師の診断を受けて、処方された薬をきちんと服用してくださいね。

風邪に効果のある食事をとって、悪化させる前に治しましょう

風邪は引き始めが肝心です。

「風邪…かな?」と感じたら、ぜひご紹介したご飯を作ってみてくださいね。

寒暖の差が激しく、また、仕事も忙しくて疲れがたまっていると、知らないうちに体の抵抗力が弱まって風邪を引きやすくなってしまいます。
調子が悪いときは特に、ゆっくり休むことも大切です。

早く良くなるといいですね。
お大事に(*˘︶˘*).。.:*♡

風邪を悪化させないコツについてはこちらから

風邪を早く治す悪化させない6つの方法 オススメ食材や飲み物について 
まさか風邪ひいた?! 仕事や家庭があると、風邪を引いたからといっても寝込んでなんていられませんよね。 風邪は引き始め...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする